F1用語を解説!「ステイアウト」は作戦のうち?詳細を解説

   
 

「ステイアウト」という用語はF1モーターレースにおいてよく使われます。「ステイアウト」はピットインせずにコースを走行し続けます。F1モーターレースにおける作戦としても行われることがあります。「ステイアウト」が作戦として成功すれば、好成績につながりますが、失敗するケースもあるでしょう。

本記事では、「ステイアウト」の用語の意味や「ステイアウト」が実施される状況などについて詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

ステイアウトとは?

ステイアウトの「ステイ」はとどまる、「アウト」は外側という意味があり、文字通りであれば、「ステイアウト」は外側にとどまるという意味になります。

F1モータースポーツにおいて「ステイアウト」という用語を使用する場合、「ピットイン」しないということを意味します。

つまり、コース上で走行を続けます。

タイミング次第では「ステイアウト」の選択をするケースあり

「ステイアウト」という用語はF1モーターレースにおいて使用されますが、タイヤ交換はそれぞれのタイミングで行います。

作戦として、他のチームとのピットインのタイミングをずらすという意味で。「ステイアウト」が実施されるケースがあります。

また、タイヤ交換のタイミングは各チームでかぶることもあり、一気にピットインを避ける意味もあるでしょう。

 「ステイアウト」はレース結果に左右する可能性あり

 「ステイアウト」を行うというのは、F1モーターレースにおける作戦の1つです。場合によっては、レース結果に左右するケースもあるでしょう。

また、マシン同士の接触などがあり、やむを得ず 「ステイアウト」を行う選択を取らざるを得ないケースもあります。

「ステイアウト」がうまくいけば、一気に順位を上げることができますが、最悪の場合、 「ステイアウト」を長引かせると、アンダーカットされるなどのリスクも発生するのです。

 「ステイアウト」を行った場合にもタイヤ交換は必要

F1モーターレースにおいては、予期せぬアクシデントが発生することがあります。その場合、ドライバーが一斉にピットインするケースが発生するでしょう。

そのような状況においても、あえてピットインしない「ステイアウト組」が出てくることがあります。

レース中一度もピットインしない「ノンストップ戦略」を取るチームもまれにありますが、通常は、タイヤ交換は必要と考えるのが良いでしょう。

CarZootブルーライトカット配合ガラス被膜スマホ専用ディスプレイコーティング


F1モータースポーツにおいて「ステイアウト」という用語を使用する場合、「ピットイン」しないということであり、作戦としても実施されます。

詳細を把握しておくと、興味深いでしょう。

ところで、スマートフォンの画面は保護できていますでしょうか。

スマートフォンの画面をしっかり守りたい方におすすめなのが、「CarZootブルーライトカット配合ガラス被膜スマホ専用ディスプレイコーティング」です。

具体的には、以下のような魅力があります。

  • 塗るだけという簡単な作業でディスプレイの割れや傷などを防止できる
  • 硬いガラス被膜を形成するので頑丈
  • ブルーライトカット効果があり車の中でスマートフォンを使用しても目が疲れにくい
  • 自動車用のガラスコーティング剤を使用しているので効果が高い

写真付きなので初心者でも使用しやすいです。また、2台のスマートフォンにも使用可能ということもあり、コストパフォーマンス抜群です。耐久性が高く魅力的な商品です。

車内や屋外でスマートフォンを使用する機会の多い方は、ひび割れや傷からスマートフォンを保護するのが良いでしょう。

スターティンググリッドについて解説!モータースポーツのスタートに着目前のページ

WHlLLに乗り換えよう!!新たなキャンペーンについても解説!!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021年最新版】憧れのセリーヌ春夏モデル|お洒落キーケースを探そう!

    フランスの人気ブランドの一つである「セリーヌ」。ファッション誌などで…

  2. 記事

    オートパーツの館の特徴と商品

    愛車を持っている人は、カー用品店に足を運んだり、インターネッ…

  3. 記事

    【ソウルと楊平をつなぐ高速道路建設】韓国の通勤時間やクルマ事情を解説

    日本の隣に位置する大韓民国こと韓国。電化製品や自動車の輸出が盛んで、…

  4. 記事

    岩手県たかたのゆめちゃんやご当地キティちゃんのカーグッズ2021年版!!オススメのグルメも紹介!!

    岩手県に住んでいる方や旅行に行こうと思っている方で「ご当地キティちゃ…

  5. 記事

    愛嬌たっぷりのフェイスが特徴!『マツダ・ポーターキャブ』の中古車をご紹介します

    『マツダ・ポーター』と『マツダ・ポーターキャブ』は、かつてマツダが製…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【高級車もミニカー】2021年アストンマーティンのミニカー出品
  2. 記事

    【秋に発売の新型ノートをご検討の方へ!】買うべき理由を徹底解説!
  3. 記事

    最新エンジンオイル登場!日本サン石油から最新規格適合オイル「Sveltte・Qu…
  4. 群馬県

    記事

    群馬県のSNS映えスポットを紹介!【2021年】
  5. 記事

    【欧州車の最高峰】ポルシェ924カレラGTSをレストアする2021年
PAGE TOP