高速道路のPAやSAで駐車マスの取り合いが多発!駐車マスのトラブルや対策も紹介!

   
 

高速道路のPAやSAでお店やドッグランなどが充実し、長居する人も増えていますが、PAやSAで駐車場のトラブルが多発しているそうです。PAやSAの駐車場トラブルの内容や、PAやSAのトラブルの防止対策について紹介します。

高速道路で起こるPAやSAで発生する駐車マスのトラブルとは?原因も紹介

https://www.instagram.com/p/CGNNM3ln3sl/

高速道路のPAやSAの駐車場にはさまざまなトラブルがあります。ここでは、さまざまなトラブルの内容や原因を紹介します。

PAやSAの駐車場マスのトラブルはどのようなものか

PAやSAの駐車マスのトラブルは以下のようなものがあります。

①普通車が大型車のマスに駐車する
普通車が大型車のマスに駐車することです。SA付近には、駐車場が空いているのか満車なのかの表示がされます。普通車が満車で大型車の場合、大型車のスペースの普通車が駐車しトラブルになるケースがあります。

②大型車が普通車のマスに駐車する
普通車が大型車のマスに駐車することは紹介しましたが、逆に大型車が普通車のマスに停車するケースもあります。大型車が普通車のマスに停車すると、普通車マスの2~3台分のスペースを使いますので、多くの普通車が駐車できなくなります。

③身障者用のスペースに一般車が駐車する
PAやSAに限りませんが、身障者スペースに一般車が停車し、身障者が駐車できないトラブルも発生しています。身障者は車椅子を下ろしたり乗り降りにスペースが必要です。身障者用のスペースは普通車の駐車場よりスペースが広いので、横の車も気にせず乗り降りができますが、普通車のスペースは狭いので、他の車にぶつかってしまうことや乗り降りできないこともあります。

④駐車スペースがなく、逆走して駐車する
駐車スペースがなく、空いた空車を巡り逆走して駐車するケースです。助手席の人が車を降りて駐車場をキープし、駐車が出来なかったトラブルもあります。駐車場においても逆走は交通違反です。切符が切られたケースは聞きませんが、車同士、車と歩行者の事故になったこともあります。

PAやSAで駐車マスのトラブルが起こる原因

PAやSAの駐車マスのトラブルが起こるのは以下の原因が考えられます。

①PA、SAの平均滞在時間が増え、駐車場が足りない
1つ目はPAやSAの平均滞在時間が増え、駐車場が足りないことです。東名高速の海老名SAでは6時間以上の長時間駐車が、滞在者の6割を占めているなど長時間滞在する人が増え、駐車場が足りず、駐車場のトラブルが発生する原因となっています。

②大型車の休憩時間が決まっており、大型車の駐車スペースが足りない
大型車は、運転4時間ごとに合計30分以上の休憩などの運転を中断しなければなりません。明確に法律では定められていませんが、交通違反した際に休憩していないことが分かると会社が罰せられる可能性があります。そのため、特に夜は、SA付近の路肩で休憩するなど大型車の休憩の安全を損なう可能性があり、駐車マスのトラブルに発展しています。

PAやSAの駐車場マスでのトラブルを防止するための対策

https://www.instagram.com/p/CGNIfwuDP3b/

PAやSAの駐車場マスでのトラブルを防ぐためにさまざまな取り組みを行っていますので紹介します。

駐車スペースの増加

駐車スペースを全国的に増加しています。2019年と2020年に全国で増加した駐車スペースの数は以下の通りです。

・2019年:約1,350台
・2020年:約810台

来年度以降も駐車場を増加する予定です。また、東名 静岡SA(上り)では休憩所のスペースを大型車の駐車マスに変更し、大型車の駐車マスを拡張しています。

PAとSAの混雑状況を随時更新

2つ目は、PAとSAの混雑状況を電光掲示板で表示し、随時更新していることです。これまでSAのみで駐車場の空車か満車の表示しかないところが多かったですが、PAの駐車場情報も表示しているほか、満車と空車だけでなく混雑も電光掲示板で表示しています。電光掲示板で表示を見て、混雑しているならPAやSAに寄るのを辞める人も増えています。また、駐車場内も入り口にどの部分が空車なのか表示されているところもあります

PAとSAの混雑の表示は高速道路のウェブサイトでも見ることができ、随時更新されています。混雑の表示は駐車マスのトラブルを防ぐ上でも大切なものです。

混雑時は駐車場の警備員を配置

特に混雑するPAやSAの駐車場は警備員を配置することで対処しているところもあります。特に大型連休時は、PAとSAの混雑が予想されますので、駐車場の警備員を配置することで、駐車マスのトラブルを防止し、逆走などの事故も防いでくれます。

雨の日の後方の視野は狭くなる!視界を確保するためのおすすめのアイテムはCarzoot社のサイドミラー撥水コーティング

駐車マスのトラブルは、駐車場を増やす対策も必要ですが、1人1人の心がけも大切です。逆走などをせず、交通ルールを守り、きちんとした駐車マスに駐車しましょう。

スポーツの秋ならフットサル!石川県でみんなと楽しめる場所を紹介!コロナ対策と車で行けるちょっと変わったコートはある?前のページ

タクシーへの動物の持ち込みは法的に問題無いの?国土交通省がタクシーへの持ち込み制限を緩和次のページ

関連記事

  1. 記事

    三菱自動車デリカにリコール情報あり!コラムスイッチの導通不良が原因!

    三菱自動車のリコール情報が入ってきました!デリカD:5に不具合が確認…

  2. 記事

    岐阜県でおすすめの貸し切りバスを紹介!色々なところみんなで周ろう!

    何人かで旅行を計画した時や、サークルや学校関係の人たちが大人数でどこ…

  3. 記事

    【前橋】キッズカートが登場!2歳からの本格的レーサー体験で英才教育!?

    株式会社ISKは、アメージングカートISK前橋店:群馬県前橋市 にて…

  4. デザイナーB

    山梨県で車でも行けるおすすめGo To Eatキャンペーン対象店舗4選!コスパ最高やテイクアウトも …

    新型コロナウイルスの影響で経営が悪化している飲食業を応援するために、…

  5. 記事

    現役力士はなぜ車の運転が禁止なのか?

    日本の国技の相撲ですが、現役の力士は車の運転をしてはいけない…

  6. 未分類

    拘り満載、SUBARUのカーナビ3選

    こちらでは、日本有数の自動車メーカーである「SUBARU」の純正カー…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    日本の災害の救世主!レッドサラマンダーについて徹底解説!
  2. 記事

    運転中におすすめしたい落ち着いた雰囲気を演出40代の秋ファッションを紹介!
  3. 記事

    ホイールの洗浄はどうすればいい?ホイールクリーナーのおすすめも!
  4. 記事

    車のホイールのオフセットって何のこと?計算方法や基礎知識を解説!
  5. 記事

    東京都で子供を連れて少し遠出!東京の公園ならここがいちばん!
PAGE TOP