高速道路の一部区間で時速120キロ解禁!

   
 

高速道路での一部区間で最高速度が100キロから120キロになるというニュースを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。交通規制の基準が改正される方針です。そこで、高速道路の一部区間で時速120キロが解禁される内容について詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

高速道路、時速120キロへ

2020年07月22日、警察庁が、新東名高速道路などの一部区間で、最高速度をこれまでの100キロから120キロで走行できるように、交通規制を改正すると発表しました。最高速度の基準が改正されるのは初めてのことです。

最高速度120キロ試行開始

実は2017年から試験的に高速道路の一部区間で時速120キロ走行が始まっていました。対象は、新東名の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC間(約50キロ)と、東北道の花巻南IC―盛岡南IC(約27キロ)の2区間です。

2017年11月から最高速度を時速110キロにし、事故の発生状況や件数に大きな変化がなかったため、2019年3月からさらに10キロ上げて最高速度を時速120キロで試行していました。この2段階での最高速度引き上げの結果、事故の発生件数や死傷事故件数などに大きな変化が見られなかったので、今回交通規制を改正する運びになっています。

時速120キロ候補区間

時速120キロへ引き上げされる予定の区間は、現在5つの候補があります。次のとおりです。

①岩手県の東北自動車道花巻南インターチェンジ(IC)―盛岡南IC

②常磐自動車道柏IC(千葉)―水戸IC(茨城)

③東北自動車道浦和IC(埼玉)―佐野スマートIC(栃木)

④千葉県の東関東自動車道千葉北IC―成田ジャンクション(JCT)

⑤静岡県の新東名高速道路御殿場JCT―浜松いなさJCT

時速120キロで走行しても安全に運転できるとされる高速道路が対象になっています。ただし、大型トラックやトレーラーなどの大型貨物と言われる車は、積載する荷物によって走行が安定しない可能性があるため、時速120キロ区間であってもこれまでどおり最高時速80キロのままの予定です。

しかし、この高速道路が一部区間で時速120キロになることについて、世間では賛否の声が上がっています。最高速度を引き上げてもよいという声と、引き上げてもさらに速い速度で運転する人も出てくるのではないかという声も上がっています。

ガラスコーティングするなら、CarZoot社製品を活用しよう!

車のコーティングを自分でしたいけど、何を選んだらいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、車のコーティングにおすすめなのが、CarZoot社のガラスコーティング剤です。プロが使用するガラスコーティング剤で、車を汚れや傷から守ってくれます。

おすすめの理由

・自宅で簡単にガラスコーティングができる

実際に洗車コーティング店で使用されている製品です。プロ仕様で、持続性と、今までにない艶と光沢、撥水力が期待できます。

・全てセットになっているので、手軽にガラスコーティングができる

下地処理シャンプーやスポンジ、マイクロファイバータオルなど、必要なものが全てセットになっています。商品が届いたら、すぐに使えます。

・安心の日本クオリティ

国内で研究・開発・製造されています。CarZootブランドの製品はプロが実店舗で使用しています。プロ仕様の商品だからころ、安心して利用できます。

このように、CarZoot社のガラスコーティング剤は、自分で愛車を手入れできて、プロ並みの仕上がりになります。洗車の頻度と費用も抑えることができます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

avatar
高速道路の制限速度を知っておこう!

速度を出したいなら安全運転を心がけてね!

三重県のドッグラン3選と守るべきマナーとは?   前のページ

運転の初心者あるあるをご紹介!運転上級者は、初心者の行動を理解して無事故へ!次のページ

関連記事

  1. 記事

    先進技術を惜しみなく採用したMercedes-Benzのカーナビを紹介!

    日本ではベンツと呼ばれているブランド・Mercedes-Benz(メ…

  2. 記事

    ホットイナズマの効果について徹底解説!本当に必要なのか?

    あなたは「ホットイナズマ」と呼ばれるチューニングパーツを聞かれたこと…

  3. 記事

    山間道路の細かい”溝”の意味は?

    アップダウンや、カーブが多い山道で度々細かい”溝”が入っているのを見…

  4. 記事

    1度は訪れたい!富山県でおすすめの道の駅をご紹介!

    全国には様々な道の駅があり、近年では大変人気の高い道の駅も多くありま…

  5. 記事

    駐車場の空車状況を簡単にチェックできるアプリ

    都心部や地方都市ではコインパーキングが増えていて、コインパーキングの…

  6. 記事

    安全装置の生みの親ボルボの歴史を振り返る

    ボルボ・カー・コーポレーションはスウェーデンの自動車メーカーで通称を…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    島根県内の自動車でいけるゴルフ場を紹介します!
  2. 記事

    カー用品の便利な収納グッズランキング!TOP4をご紹介
  3. 記事

    クイックレーサーという商品名が始まりのカスタマイズが楽しいミニ四駆
  4. 記事

    車のバッテリーのアンペアとボルトの違いを解説!メーカーによっても違う?
  5. 記事

    2020年のモーターショー事情 ~開催?延期?中止?まとめてご紹介!
PAGE TOP