高精度3次元地図データが一般道路まで拡張!導入は2023年?

   
 

3次元地図データとはどういったものなのか、具体的なところはご存じでしょうか。一般道路まで拡張することで一般のドライバーにとってどういった恩恵が受けられるのかも、気になるところです。今回は高精度3次元地図データとはどういったものなのか、その制作会社とともに詳しく解説していきます。

高精度3次元地図データとは

そもそも高性能3次元地図データとは、どういったものなのでしょうか。高精度3次元点群データをもとにして、膨大な量の情報を処理することに成功した地図のことです。「図化技術」と「データ統合技術」をうまく使って、生成した正確なデータを地図に起こしています。

自動走行や先進運転支援システムに必要とされるほどの高精度を誇り、データメンテナンスでは常に鮮度の高い情報を扱うようにするためのものではないでしょうか。これによって、新規延伸や道路状況の変更などであればできる限り素早く対応することが可能となりました。

高性能3次元地図データとは、さまざまな面での利用価値があるデータです。幅広い利用価値があるだけではなく、安心安全にもきちんと配慮されているのが大きな特徴であるといえるでしょう。

ダイナミックマップ基盤が作成

高性能3次元地図データを作成したのは、ダイナミックマップ基盤株式会社です。高性能3次元地図データを利用したHDマップは、これからの自動車には必要であると考えられています。つまり、自動走行・安全運転支援システムに使うだけあって、年々その需要は高まっているということになるでしょう。そのために、2016年にダイナミックマップ基盤企画株式会社を設立することとなりました。

もともとは、内閣府が推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に参画していた企業だけでなく、国内の自動車メーカー10社が共同で出資することで設立された会社です。それだけではなく、自動車や自動車向けの地図を作成している会社のほとんどが関わっているのが大きな特徴です。

もともとはいつか来るであろう自動運転社会に向けて設立された会社であり、自動運転の良いきっかけにはなるのではないでしょうか。今までの自動運転は可能であってもレベル2やレベル3は、高速道路でのシステム運転に限定されています。なぜなら高精度3次元地図データが高速道路や自動車専用道路に限られていたためです。

一般道路で導入されると何が変わるか

一般道路で高性能3次元地図データが導入されるのは、2023年がめどになっています。なぜなら2023年に普及されると予想されるのが、HDマップを搭載した高度な先進運転支援システムだからです。そのためさまざまな情報をインプットされた次世代のHDマップを、導入するとしています。いずれは現在は高速道路など限定された場所でしかできない自動運転を、一般道路でできるようにすることが目的の一つ得あるといえるでしょう。

高性能3次元地図データは、国ごとに仕様が違っています。その証に日本と北米向けに作られたHDマップは、データフォーマットを見比べると違いがわかるでしょう。このデータフォーマットは統一される予定であり、国ごとに発生する車両のシステム開発や評価にかかる負荷を軽減することが目的です。

一般道路で導入されるということは、自動運転が一般の道路でも実現可能になるかもしれないということです。自動運転が可能になることで、交通事故の件数が大幅に減ることが期待されています。これらのシステムは新たな価値と、優れたコストパフォーマンスを備えたシステムというわけです。

コスパが向上

開発期間の短縮や開発コストの削減など開発効率化を図っているので、一般道路に対応できるようになるころには全車両にHDマップが搭載されるようになるでしょう。時期が来たら定期的にメンテナンスを欠かさない愛車に、高度な先進運転支援システムを搭載してみましょう。

アフリカ市場へハイブリッド車の輸出を拡大!FMGとIDOMが目指すものとは前のページ

トヨタのやリスが2020年度NO1?ホンダ N-BOXを上回る売れ行き次のページ

関連記事

  1. 記事

    ジャガー・ランドローバーがガソリン車廃止の方針!EV事業にシフト!

    ジャガー・ランドローバーがガソリン車廃止の方針となっています。ガソリ…

  2. 記事

    サスペンス好きにはおすすめ2004年に制作されたアメリカ映画『コラテラル』のあらすじや見どころを紹介…

    自宅で過ごす時間が多い中、この機会に映画を借りたり購入して見てみよう…

  3. 記事

    ミシュランがSUPER GT 500クラスの2チームなどにタイヤ供給

    ミシュランが2021年の日本国内におけるモータースポーツでのタイヤ供…

  4. 記事

    【福岡県イベント警察や消防署の交通に関するものまとめ|2021年のイベント参加で気を付けること

    大きなイベントが自粛しているなか、日々の暮らしに必要な防犯や防災、交…

  5. 記事

    電線と言えば住友電気工業!世界最大手メーカーの2020年度の売り上げについて解説!

    車用ワイヤハーネスは世界最大手を誇る住友電気工業。電線メーカ…

  6. 記事

    コロナを気にせず楽しもう!釣り人におすすめの釣りスポットを徹底調査!~奈良県~

    歴史と文化の県、奈良県。ご存知のように奈良県には海がありません。しか…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    放置車両処分サービスって知ってる?
  2. 記事

    ベガルタ仙台を応援しよう!本拠地周辺で安い駐車場をご紹介!
  3. 記事

    【山口市公共交通ふれあいフェスタ!】山口県で実施予定の交通系イベントをご紹介!
  4. 記事

    マセラティの一押し車種を徹底解説!! 2020年度版
  5. 記事

    ドライブに最適!兵庫県でおすすめの植物園で癒されよ!
PAGE TOP