驚きの施策?実利が53%アップしたダイムラーが行った施策とは?

   
 

この記事では2020年の決算で実利が53%向上したダイムラーについて紹介していきます。

世界は新型コロナウイルスの影響で、商業や観光業等の様々なビジネスが思うように売り上げが伸びない、閉鎖するという事態に陥っています。

そんな危機的状況の中ダイムラーがなぜ実利を53%もあげることができたのか解説していきます。

ダイムラーとはどんなメーカー?

ダイムラーと言われてもピンとくる人は少ないのではないでしょうか?

自動車メーカーは数多く存在していますが、私たち日本人には馴染みない自動車メーカーです。

ライムラーはドイツの自動車メーカーで、シュツットガルトに本社があります。

この章ではダイムラーがどのような会社か詳しく解説していきます。

トラックの世界最大手メーカー

ダイムラーは乗用車等ではなく、トラックにおける世界最大手のメーカーになります。

1883年に創立された歴史の長いメーカーで、100年以上も続いている世界でもトップクラスに歴史のあるメーカーです。

19年代前半に世界的に有名なメルセデスベンツの自動車や船舶を開発しており、ここからダイムラーは急激に発展を遂げて行くことになります。

実はメルセデスベンツはダイムラー社が所有している自動車のブランドなのです。メルセデスベンツ自体独立しているメーカーだと思っている方も多く存在しているのではないでしょうか?

元々は自動車だけではなく、船舶等の開発も行っていましたが、戦後から作っていくものが変わっていきました。

170Sカブリオレを開発していき、これが大きな分岐点となりました。170Sカブリオレは人気となり、高級であり高性能な車を作っていく方面へとシフトして行くことになったのです

現在もメルセデスベンツといえば高級外国車の代表で、名前を知らない人の方が少ないと思うほどメルセデスベンツは世界に浸透しています。

メルセデスベンツは、高級なだけではなく安全性に対する意識が一際高いブランドです。最新の技術を用いて、事故やトラブルから身を守るには最適な車となっています。

これがダイムラーについての解説です。

実利が53%上昇した要因とは?

ダイムラーがどのような会社か理解してもらえたでしょうか?

ダイムラーを語る上で、メルセデスベンツはなくてはならない存在です。

続いてこの章では、ダイムラーの実利が53%上昇したことについて解説していきます。

大幅なコストカット

世界的にコロナウイルスが蔓延しているこの世の中。

業績、実利をあげること簡単なことではありません。ダイムラーが実利を53%上昇させた要因としてコストカットがありました。

というものの、ダイムラーは前年にディーゼルエンジンを搭載した車の費用として約40億ユーロを提供しているのです。これげ前年業績に影響していたことは言うまでもありません。

その膨大な金額の提供が今年度はありませんでした。そのため前年を大きく上回るほどの実利をあげることができたのです。

それ以外にも、他の事後で業績を上げたこともあげられます。この2つの理由が重なり実利が53%アップというとんでもない数字になったのです。

ただコストカットすれば実現したものでもないですし、業績を上げるだけでもここまでの利益は出なかったでしょう。

物事がうまく噛み合ったことによる成功とも言えますし、それを見越していた経営陣はとんでもないです。

これがダイムラーが実利を53%も上げた要因になります。

まとめ

この記事ではダイムラーが実利53%アップした要因について紹介しました。

少しでも参考になったら幸いです。

紹介するのはカーゾート社の水垢除去剤になります。

車に付着する水垢はなかなか取ることができない厄介者です。カーゾート社の水垢除去剤は除去力が強く、ノーコンパパウンドなので自分の大切な車を傷つけることもありません。

是非購入してみてください。

タイヤに向かってジェット噴射?アウディが開発したアクアプレーにングを防止する最新技術とは?前のページ

時代にあった進化?ホンダの新型ヴェゼルはインテリア、エクステリアをご紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    車の馬力を計測方法とは?測定を行なっているお店はどこ?

    皆さんは車の馬力についてどれくらい知っているのでしょうか?車…

  2. 記事

    【必見!】ジャガー人気モデル2020年決定版!

    車メーカーの「ジャガー」と言えば知らない人はいない、イギリスの高級車…

  3. 記事

    車のボンネットにネコが侵入!?防ぐポイントや侵入する理由を解説!

    皆さんはネコがボンネットの中に入っていた。なんて経験はありませんか。…

  4. 記事

    セブン(ケータハム)ってどうなの? 

    世界にはさまざまな自動車があります。いずれも各自動車メーカーが独自の…

  5. 記事

    【実証実験を開始】関西電力などが大阪大学に電気バス導入へ!

    一般乗用車の電動化も進みつつありますが、実はバスの世界でも進みつつあ…

  6. 記事

    ロシアで自動車学校に通わなくても運転免許が取れるの?ロシアの免許取得を紹介

    現在、車が不可欠な存在になりました。世界で自動車保有台数がもう14億…

新着記事の一覧

  1. ソニーのドラレコ用SDカード おススメをまとめて紹介 
  2. 無限ホンダがレジェンド、N-ONE向けカスターマーパーツを追…
  3. ポルシェタイカンから派生したEVクロスオーバーがプロトタイプ…
  4. 和歌山市オススメ!駐車場完備のパーソナルジムを紹介2021
  5. 【痩せたい人必見】奈良市・橿原市の駐車場があるプライベートジ…
  1. 記事

    最新情報!2021年or2022年に新型発売!?ホンダ シビック タイプRを徹底…
  2. 記事

    遅れを取っていた日本勢もついに本腰!日産が2050年カーボンニュートラルの目標を…
  3. デザイナーB

    仲間とスポーツの秋を楽しもう!和歌山県の車で行けるフットサルコートは?
  4. 記事

    フォードはアメリカの大手の自動車メーカー!フォードのコンセプトは高品質・低価格
  5. 未分類

    ソフト99(SOFT99) ホイールコーティング剤 VS CarZootホイール…
PAGE TOP