音速の貴公子と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」!「アイルトン・セナ」の事故死と自動車業界にもたらしたものとは?

   
 

1990年代、F1界には天才レーサー「アイルトンセナ選手」がいました。日本では音速の貴公子とも呼ばれ、F1ファンだけでなく、世界中の人が知っているレーサーです。

しかし、アイルトンセナ選手はレース中に34歳でこの世を去っています。事故死から30年以上たった現在も愛されるアイルトンセナ選手はどのような選手だったのでしょう。

レーサーとしての活躍や自動車業界にもたらしたものについても紹介します。

アイルトンセナとはどんな人物?レーサーとしての活躍も紹介

アイルトンセナ選手とはどのような選手だったのでしょう。プロフィールや経歴、活躍についても紹介します。

アイルトンセナのプロフィールや経歴

・名前:アイルトン・セナ・ダ・シルバ
・国籍:ブラジル
・出身地:サンパウロ州サンパウロ
・生年月日~没年月日:1960年3月21日~1994年5月1日(34歳)

【経歴】
F1歴1984~1994年
・優勝回数:41回(ランキング5位)
・連続ポールポジション:8連続

アイルトンセナ選手は、ブラジル出身のF1レーサーです。4歳の時、自動車に興味を持ち、13歳でレーシングカーのレースに出場、24歳の頃よりF1で活躍していました。

優勝回数41回、3度のワールドチャンピオンは、素晴らしいF1レーサーとして現在も語り継がれています。1994年5月1日、レース中の事故でこの世を去っています。34歳の若さでした。

アイルトンセナの事故死とは?

アイルトンセナ選手の事故死とはどのようなものだったのでしょう。

【アイルトンセナの事故詳細】
・大会名:サンマリノGP決勝
・日時:1994年5月1日
・場所:イタリア共和国エミリアローマニャ州イーモラ

アイルトンセナ選手の事故は、サンマリノGPの決勝、7週目のタンブレロ・コーナーにさしかかったところ通常の走行ラインから外れ、直線的にコースアウトした後、緩衝材のない211 km/h (131 mph)の速度でコンクリートバリアに衝突したものでした

その事故により頭のダメージを負い、1994年5月1日14時17分、帰らぬ人となりました。事故死に対し、さまざまな憶測がありましたが「大破したマシンの部品が、ヘルメットを貫通した」ことが最終的な死亡原因です。

サンマリノGPでは、アイルトンセナ選手をはじめ、3日間で5回の大事故、重軽傷者多数出ています。また、1994年4月30日の予選でオーストラリアのローランド・ラッツェンバーガー選手も事故死されました。

多くの事故が起こった理由は、1994年からF1のルールが変わり、同じチームが優勝することを防ぐため、ドライバーの運転を補助するハイテク技術を禁止したことが関係していると言われています

アイルトンセナが自動車業界にもたらした業績

アイルトンセナ選手が自動車業界にもたらした功績は以下の2つがあげられます。

車で走ることの素晴らしさ

アイルトンセナ選手は、スピードスターです。F1人気はもちろん、車に乗ったことがない人でも、アイルトンセナ選手の走りから多くの人が「車で走ることの素晴らしさ、走ることのかっこよさ」を知り、早く走る自動車がブームになりました。

アイルトンセナ選手が、走ることの素晴らしさを教えてくれたと言っても過言ではありません。

自動車の安全性・自動車の恐ろしさ

その一方で、アイルトンセナ選手は車の安全性・恐ろしさも教えてくれました。どんなに技術が素晴らしい選手でも自動車の運転で命を落とすことがあるということです。

自分は運転が上手いから早く走っても大丈夫という訳ではありません。アイルトンセナ選手は早くは走る反面、何度も運転が危険と注意されたこともありました。自動車は、時には命を落とす重大事故も引き起こしてしまう怖い乗り物なのです。

アイルトンセナ選手の事故後、自動車メーカーやドライバーや安全性にもより一層注意し、その事故以降2014年までドライバーの死亡事故は発生していません。大きな事故を受け、フォーミュラ1は安全性の改善を行いました。

・ディフューザーのサイズ縮小
・フロントウイング翼端板の高さの引上げ
・フロントウイングのサイズ縮小

また、2000年代に入り、それぞれの自動車メーカーが安全性能にも力を入れるようになりました。自動車は早く走れる反面、恐ろしい乗り物ということをアイルトンセナ選手は死を持って教えてくれたのかもしれません。

車の劣化した樹脂パーツを復元するおすすめのアイテムがCarZoot社の樹脂パーツコーティング

車に長く乗ると気になるのが、プラスティック部分の劣化です。プラスティック部分が劣化すると白くなり、車の高級感が半減してしまいます。

そんな人におすすめのアイテムがCarZoot社の樹脂パーツコーティです。CarZoot社の樹脂パーツコーティングは、劣化したプラスティック部分を美しい艶のある黒に復活させてくれます

また、コーティング効果により約1年の長い耐久性がありますので、1度コーティングすれば美しさを継続可能です。安心の国内製で色のムラもありませんので、安心してどなたでも使用できます。

アイルトンセナ選手は亡くなって30年以上たった現在でも多くの人から愛される選手です。自動車の運転は、人の命も落としかねません。運転に気をつけながら、アイルトンセナ選手が伝えた車の魅力を感じたいものです。

3つの視点で岐阜県のトラック用品店を紹介前のページ

【石川県】県内で車の除菌・クリーニング・清掃を行ってくれる業者をご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    茨城県で車のボディカラーを変えたいならこのお店がおすすめ!徹底調査してきました!

    茨城県と言えば、東京のすぐ北側で、道路も非常に整っている県です。そん…

  2. 記事

    ニーオがリリースする新型EVセダンってどんな車?解説していきます!

    あなたは「ニーオ」という自動車メーカーをご存知でしょうか?中国の自動…

  3. 記事

    時代にあった進化?ホンダの新型ヴェゼルはインテリア、エクステリアをご紹介

    皆さんは最新の車事情について詳しいでしょうか?新しい車が発売…

  4. 記事

    キャデラックの新型セダンが登場!その凄さを徹底解説!

    高級車でおなじみのキャデラックですが、2021年1月に新型セダンが国…

  5. 記事

    水路に転落!奈良県で起こった平成の交通事故をご紹介!

    交通事故は何も車だけが起こすのではありません。自転車が巻き込まれるこ…

  6. デザイナーB

    フォードが行っている取り組みをご紹介!車以外の取り組みも?

    あなたは「フォード」という自動車メーカーがどのようなメーカーなのかご…

新着記事の一覧

  1. 藤枝ってどんなところなの?【22番目】歴史や観光スポットを紹…
  2. 岡部のおすすめの観光スポットとは?【21番目 】岡部を徹底解…
  3. 丸子(鞠子)の魅力を調査!【20番目】ぜひ行きたいおすすめス…
  4. 府中(駿府)の魅力をご紹介!【19番目】おすすめスポットも合…
  5. 【東海道五十七次】十一番目の宿場町「静岡県三島市」三嶋大社の…
  1. 記事

    アキュラが量産型SUVを発表!?10月14日に初公開!
  2. 記事

    車内時間を楽しもう!みんなでできるゲームをご紹介します!
  3. 記事

    【2021年】愛媛県のSNS映え絶景スポットへ行きたい
  4. 記事

    エリート企業家川又克二はどんなことをした人なのか?日産自動車はこうして大きくなっ…
  5. 記事

    冬の高速道路に撒かれる白い粉の正体を徹底解説します!こんなに重要な白い粉!
PAGE TOP