電気自動車への移行を目指しダイムラーと吉利のとる政策とそのトレンド

   
 

「吉利自動車の現状と戦略について詳しく知りたい。」

「有人ドローンについて教えて。」

「吉利とダイムラー社との関係が気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、吉利汽車の現状と戦略について解説します。

1. 吉利汽車の現状と戦略

1−1 2020年の出荷台数とその詳細

浙江吉利控股集団は中国民営の大手自動車メーカーで、2020年には世界新車販売台数が210万台を超えました。

吉利ブランドや若者むけの「リンクアンドコー」は37%増の17万台と大きく成長しました。

浙江吉利控股集団は傘下にボルボをおさめ、その車はスエーデンでは6%減の66万台、中国では16万台で8%の増加を記録、コロナ禍でありながら堅調な伸びは示したものの欧米の落ち込みをカバーできなかった。

ただし、電気自動車は好調な結果でした。

1−2 吉利とダイムラー社との関係

1986年に設立された吉利汽車は、元々は冷蔵庫の製造企業でした。その後バイクの製造に着手しそして自動車への生産を始めます。

2018年ダイムラー株式のおよそ9%を取得し、筆頭株主になります。その後ボルボの株式も取得していくことになります。

2019年9月、ダイムラーとともに有人ドローンを開発するボロコプターの株式10%を共同出資で取得します。

2020年1月、電気自動車化を目指したスマートの事業を統括する合弁会社を折半出資で設立します、また同じ年に、ダイムラーとHV用のガソリンエンジンを共同開発に着手することとなります。

1−3 吉利汽車について

設立1986年 
本社杭州市浜江区、中華人民共和国の旗 中国
主要人物李書福
製品自動車
親会社浙江吉利控股集団
ウェブサイトhttps://www.geely.com/

2. 有人ドローンについて

EV化が進む中、ドローンの成長も著しく、今回の吉利汽車は有人ドローンの事業へと取り組んでいます。

この章では有人ドローンについて解説します。

有人ドローンの定義はまだ確定ではありません、自動操縦装置を持つ電動式のマルチコプターというもの。

そして、完全な自動操縦ができるタイプの他、上昇や方向転換は手動で行うタイプのものとある。

実用化されたマルチコプターは2011年のドイツE−voloがジョイスティックで操作する一人のりを開発し、以後も空飛ぶ車として世界各地で開発に着手しています。

中国のEhang社は2016年のコンシューマーエレクトロニクスショーで世界初の1人乗りドローンを発表しました。

翌年ドバイにおいてEhang184という有人ドローンのテスト飛行を行います。

その後、ダイムラー社から出資を受けたドイツのボロコプターは世界初の2人乗り有人ドローンのテスト飛行をドバイで行うこととなります。

ロシアでもHOVERSURF社は一人乗りのクワッドローターを開発しております。

2018年にはイスラエルはコーモラントを開発試作発表を行い、現在に至るまでヨーロッパはエアバス、アメリカはボーイング社、日本では日本電気などが有人ドローンの開発に着手しています。

3. CarZoot社製 レザークリーナー

今回は、CarZoot社製 レザークリーナーのご紹介です。他社製品にはない特徴を持っていますので、ここで解説します。

この製品はプロが認める信頼性の高い製品で、実際の店舗でも使われているプロ仕様のレザークリーナーです。

他社製品との違いは、汚れを落とすパワーの強さはもちろんですが、美発泡成分で革製品にダメージを与えることなく汚れを除去できます。

レザー専用のクリーナーですので使用後もべたつき感はありません、また嫌なにおいもないので車内で使っても問題なく仕上がります。

国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております。CarZootブランドの製品はプロが実際に店舗で使用している完全プロ仕様の商品だから安心してご使用いただけます

専用スポンジが同梱されているので、購入したその日からすぐに使用できて便利です。

また改良も日々行なっており、付属スポンジが変わりました。布性のスポンジでより頑固な汚れが拭き取りやすくなったことがポイントです

車内をこのレザークリーナーで、外側はG’zeroPremiumガラスコーティング剤であなたの愛車全てをきれいにできます。

Amazonでは2,380円で販売中です。

4. まとめ「電気自動車への移行を目指しダイムラーと吉利のとる政策とそのトレンド」

今回は、吉利汽車の現状と戦略についてご紹介しました。

・吉利汽車の現状と戦略について

・有人ドローンについて

・CarZoot社製 レザークリーナー

今後、吉利汽車の現状と戦略を知りたい時は、是非このサイトを参考になさってください。

【2021年】三重県で1月に起きた交通事故と車に関する事件を紹介【ひき逃げ】前のページ

【知らなきゃやばい】電気自動車と新素材のハイテンとそのトレンド 次のページ

関連記事

  1. 記事

    東京都の車で行けるイルミネーションスポットを紹介!コロナ対策も!もちづきありさ

    新型コロナウイルスが蔓延する現在、毎日のマスク生活や外出自粛などでス…

  2. デザイナーB

    日本の産業を支えるいすゞ自動車のエンブレムの意味とは

    いすゞ自動車は主にバスやトラックなどの商用車を製造、販売する自動車メ…

  3. 記事

    ユタ州にはきれいな眺めが楽しめる公園多数!複数の国立公園を巡ってみよう!

    ユタ州にはきれいな眺めが楽しめる公園が多数あります。複数の国立公園を…

  4. 記事

    自動車を買うなら、ふくぎんマイカーローンニューオートローンDXはどう?

    自動車は現金一括購入!という方は多くはないかと思います。マイカーロー…

  5. 記事

    必要な機能をひとつにした二葉計器株式会社のドライブレコーダー

    タクシーメーターの専業メーカーとして歩み続ける二葉計器株式会社。19…

  6. 記事

    車中泊におすすめポータブル電源を紹介

    皆さんは車の中で寝泊りした経験はあるでしょうか?その際にどのようにし…

新着記事の一覧

  1. 滋賀県警察年頭視閲式に注目だ!滋賀県で行われる主な交通系イベ…
  2. 2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底…
  3. 【年末の交通安全県民運動】愛知で行われる交通系イベントをご紹…
  4. 静岡県で開催されるおすすめ交通系イベントをご紹介~2021年…
  5. 【岐阜県】実施予定の交通イベントの情報を集めてみました!
  1. 記事

    主役を引き立てるLED発光のエンブレム
  2. 記事

    神奈川県にはおすすめの愛車撮影スポットが多数!SNS映えする写真をゲットしよう!…
  3. 記事

    オリックス系の新型トラック 普通免許で運転可能??
  4. 記事

    軽トラに搭載する屋台ユニットを使った実験が開始!2022年からの本格運用を目指す…
  5. 記事

    オンラインで開催された東京オートサロン2021で日産が出展していたコンセプトカー…
PAGE TOP