電動キックボードなどの電動車両に新ルール!警視庁が最高速度別に変更か?

   
 

警視庁が次年度以降の道路交通法を見据えた新しい交通ルールを作ろうとしていることが判明しました。
時速30km以下の電動キックボードなどの小型電動車両を最高速度ごとに、低速、中低速、原動機付自転車に分けて、走行をしても良い部分を定めようとしています。

警視庁が新たに考えている電動車両走行時の新ルールについてご紹介していきます。

区分される電動車両

電動車両の普及で、最近よく目にするようになってきた電動キックボードをはじめとする小型の電動で動く新しい乗り物。

これをどのように公道で走らせるべきなのか、警視庁では有識者検討会がたびたび開催されていました。

この検討会では、これまでに無かった新しい乗り物「小型の電動車両」の在り方について討論されてきました。

現在定められている道路交通法では、電動車両は区分されること無く、バイクと同じでヘルメットなどの保安部品を装着して車道を走行することになっていました。

しかし、警視庁は速度が正確に制御できる一定の規格に収まっている電動小型車について、最高速度の遅い車両から「小型低速車・小型中低速車・原動機付き自転車等」の3つに区分しました。

そして走行できるレーンを最高速度別に設定することを提案しました。

電動車イスなどのスピードの遅い小型低速車では歩道の走行を認め、電動キックボード等の小型中低速車は、歩道の走行は不可で自転車専用レーンや路側帯などの走行を認めることを想定しています。

区分される最高速度別についてはまだ決まっていないが、小型低速車は時速6~10kmまで、小型中低速車は時速10~15km、原動機付自転車等は時速15km~、を想定しています。

走行時に必要なものは?(ヘルメット、免許証など)

小型低速車についてのヘルメットの着用は必要ないと決められましたが、小型中低速車にはヘルメット着用が必要か決められないままの状態で最新の検討会は終了しています。

しかし、電動キックボードのシェアサービスを行っている事業者は、ヘルメット着用無しで運転できるようになることを検討会で提案しています。

電動車両を最高速度で区分したものの、現在の自転車はその区分したスピードより速く走行します。

そのため免許証やナンバープレートの装着は、自転車との整合性を取る必要があるために要否は決まっておりません。

車両区分を切り替えられるものについても議題にあがり、切り替えタイプも認める方向のようです。

まとめ

最近流行している電動キックボード等の電動車両について、警視庁が考えている新しい交通ルールや、電動車両の「区分」などをご紹介してきました。

今後、4月中旬ごろに有識者検討会の中間とりまとめが公表される予定です。
この新しい乗り物を、現在の交通ルールにどのように組み込まれていくか注目が必要になってくるでしょう。

歩行者にも乗り物に乗っている人にも、より良く安心できる道路交通法になるように期待していきましょう。

CarZoot ポリマー系コーティングキット

この「CarZoot社製のポリマー系コーティングキット」はサッと塗るだけで簡単に驚くほどのツヤと撥水効果が得られます。

2ヵ月に1度の施工で約3年間の耐久してくれます。
洗車時に簡単に施工可能です。展示会やモーターショーなどに使用されるほどの美しい光沢感がでるコーティング剤です。

テフロン樹脂、ファインセラミックなどを使用し加えているので、車のボディ上に付いている汚れや水垢などを除去してくれます。

コーティング剤、塗り込みタオル、吹きあげタオル、分かりやすい写真付きの施工マニュアルがついたコーティングキットになっているので、届いたらすぐに使用可能です。

なので、コーティング施工をしたことがない初心者のかたでも、すぐにプロ仕様の施工ができます。
自分の愛車をモーターショーに出てくる車のようにピカピカに輝かせたい方におすすめの商品になっています。

【F1】メルセデスがレギュレーション変更対応に苦戦、ローレーキコンセプトが苦戦の要因と分析前のページ

ユーザー車検とは?用語など詳しく解説。次のページ

関連記事

  1. 記事

    カウンセリングからトレーニングを作る!?千葉県でおすすめのプライベートジムを紹介

    運動不足だと感じてしまうことや、少しお腹が出てしまった人などにおすす…

  2. 記事

    【知らないと損】アストンマーティンの初のSUV。DBXとは?

    皆さんはどんな車が好きですか?車の好みは高級車が好きな人もい…

  3. 記事

    JR川崎タワー商業棟がオープン直前!新施設情報と駐車場情報まとめ

    JR川崎駅すぐに建設されたJR川崎タワー商業棟が5/13(木)から順…

  4. 記事

    コロナの影響で中古車のSUVとスポーツカーが人気?

    新型コロナウイルスの影響で、日常生活が大きく変化しました。こ…

  5. 記事

    時代の先端へ-ユピテルの新商品うっかり違反抑止ナビ 

    映像技術・マイクロ波・無線通信技術の専門メーカーとして製品ブランドを…

  6. 記事

    【自動運転支援】2021年パーソルR&Dの自動運転AI開発を支援

    「機械学習用教師データの一括提供サービスについて詳しく知りたい。」…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    ICチップに埋め込んだカードで電子化される予定の車検証
  2. 記事

    【決定版!】福島県でおすすめのカーセキュリティ専門ショップを紹介
  3. 記事

    日野自動車の北米工場がエンジントラブル発生で生産停止!その原因とは?
  4. 記事

    2021年に買うべき車はBMWアルピナ!どの車種がおすすめなのか徹底紹介!
  5. 記事

    独立系気化器メーカー【ミクニ】の株価および事業内容とは?
PAGE TOP