雪道を走るならチェーンを付けよう!おすすめ5選!

   
 

雪道を車で安全に走行するためには、スタッドレスタイヤ等の冬専用タイヤが必要です。しかし、それでもアイズバーン等の凍てついた道路をスリップせずに安全に走るためには、やはりチェーンを付けることが必須です。そこで、ここではおすすめのタイヤチェーンを探っていくことにしたいと思います。

3つの種類があるタイヤチェーン

タイヤチェーンは、圧雪状態となっている雪道や、鏡のように照り輝き全くグリップが利かないアイスバーンでも安全に走行するために必要なアイテムです。

しかし、簡単に着脱できることを優先させるか、しっかりと道路のグリップ力を発揮させるか、乾いた路面でスムーズに走行させるか等の選択ポイントがあります。

そうした選択ポイントを考えると、タイヤチェーンには次のような金属製・非金属製・布製の3種類からセレクトすることになるでしょう。

金属チェーン

金属タイヤチェーンは、非常に剛性が高くて雪道ではしっかりとした安定性を保ち豪雪地帯で威力を発揮しています。丈夫な作りなのでこまめにメンテナンスすることで長い間利用できることから、ランニングコストも節約でき、安価な価格で購入することができます。

但し、金属チェーンは、乗り心地の悪く騒音が大きいことや、保管する際に、濡れたままにしておくと錆びやすくなってしまう等の面倒なメンテナンスがデメリットです。

非金属チェーン

非金属チェーンは雪道以外の道路でもそのまま走ることができます。

しかも、簡単に装着させることができることから、金属チェーンよりも普及が広まっています。

その一方で、金属製チェーンと比べて費用が高価となるだけでなく、金属チェーンのように折りたたむことができないために、大きな収容スペースが必要となるので、持ち運ぶが面倒になる欠点があります。

布製チェーン

そして、3つ目の布製チェーンになると、コンパクトに収納することができて、タイヤに簡単に装着することができます。しかも、振動や騒音がほとんどないので、金属・非金属チェーンと比較して、圧倒的に静粛性に優れています。

しかし、デメリットとしては耐久性やグリップ性が多少劣り、チェーン規制の道路区間では布製チェーンで走行できないケースも多いことが挙げられます。そのために緊急措置用としての使い方に限定されるかもしれません。

おすすめタイヤチェーン

では、ここで、おすすめの金属・非金属・布製タイヤチェーンをご紹介することにしましょう。

バイセンフェルス クラック&ゴー ユニカ

欧州スノーチェーン認定商品(TUV)、ONorm規格認定を受けたバイセンフェルス クラック&ゴー ユニカは増締め不要の亀甲型チェーンで、走り出すと自然にチェーンが締まっていくために、チェーンの緩みや弛みを気にする必要がありません。

走行することでチェーンがタイヤに密着するおかげでチェーンの締め直しをする必要がないために、非常に装着が楽に行えます。

制限速度:時速50km以下

参考価格:12,000円~

ニューレイトン アイスバーン らくらくタイヤチェーン

ニューレイトン アイスバーン らくらくタイヤチェーンは、ジャッキアップすることなく、装着することができる点がメリットのチェーンです。

しかも、コンパクトで収納場所を取らないので、トランクに常備しておくことができる亀甲型金属チェーンで、低価格で購入することができて、軽自動車や普通車、バンタイプの車両等、多くの国産車で使うことができます。

但し、スタッドレスタイヤの種類によっては適合できないケースもあるので、注意が必要です。

制限速度:時速40km以下

参考価格:6,000円

YIPIN スノータイヤチェーン

YIPIN スノータイヤチェーンは、ジャッキアップ不要の非金属タイヤチェーンで、タイヤに簡単に装着することができます。 

高い柔軟性を持つウレタン製で扱いやすい分割式となっており、145mm~265mmまでの幅広いタイヤサイズに適応できる点が特徴です。そのためにレンタカーを利用する場合も含めて使い勝手の良いチェーンと言えます。

FEC ECOMESH Ⅱ(アイコ)

FEC ECOMESH Ⅱ(アイコ)は、非金属タイヤチェーンで、アイスバーンでもしっかり路面に食い込んで高いグリップ力を発揮しています。しかも、ウレタン製チェーンなので、走行中はゴツゴツとした感覚がなく、ソフトな乗り心地がポイントです。

両側のワンプッシュロックのおかげで、短い時間で取り付けが可能。収納ケースも、新たな設計のケースなので、軽量でコンパクトな収納も特徴です。

参考価格:13,600円〜

AutoSock 「布製タイヤすべり止め」 ハイパフォーマンス 

AutoSockの布製タイヤすべり止めハイパフォーマンス ASK685は、装着する際に、全く力を使う必要がありません。そのために女性ドライバーでも簡単に装着させることができます。しかも、車を少し動かしながらオレンジ色のバンドを引っ張るだけで簡単に取り外すことができるので、手軽なチェーンです。

道路のコンディションによって、チェーンを!

車の冬対策はしっかりとやっておかないと、大変なことになります。特に雪道の走行では、スタッドレスタイヤに過信することなく、チェーンの準備も怠らないようにしておくことが大切です。

自分の車や道路のコンディションに合わせて、ここで紹介したようなタイヤチェーンをセレクトして、安心・安全走行に徹してください。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

いつも綺麗にピカピカに島根のトラック洗車場を紹介!前のページ

オリンピックも行われた長野でトラック洗車可能な場所を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    カー用品の高価買取ならアイパーツで!おすすめの理由をご紹介

    車が不要になった場合や、車のパーツを変えたい場合、カー用品をできるだ…

  2. 記事

    車事故の壊した物の値段はどのくらい?修理費用について解説!

    不注意でガードレールや標識、信号などを壊した場合、どのくらいの修理費…

  3. 記事

    車内をアレンジしよう!可愛いBluetoothステレオ5選

    ドライブ中など、Bluetoothステレオがあると自分のスマートフォ…

  4. 記事

    車のバッテリーの買取業者をご紹介!おすすめの業者はどこ?

    不要になった自動車のバッテリーの処理にお困りではありませんか?バッテ…

  5. 記事

    大分県でデートしたい人におすすめ!ドライブコースを2選紹介!

    大分県内でドライブデートをしたいけれど、どこに行ったらいいんだろう・…

  6. 未分類

    【徹底解説】アルミモールを綺麗に保つためには?

    皆さんはアルミモールまで綺麗に保つことが出来ていますでしょうか。車の…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    年式が古い車でも大丈夫!?車を高く売却する方法4選!
  2. 未分類

    ブレーキダストからホイールを保護する ホイールコーティング剤のおすすめ
  3. 記事

    自動車のリコールで多い部分を徹底調査!リコール情報を要チェックしよう!
  4. 記事

    高速道路で必ず目にする吹き流しで何が分かるの?
  5. 記事

    江戸川区ならここ!トラックが駐められる駐車場まとめ!
PAGE TOP