雪国ならスタッドレスは必須!おすすめのタイヤを紹介!

   
 

雪国で必須アイテムといえばスタッドレスタイヤですね。

そのスタッドレスタイヤはどんな基準で選べばいいか分かりますか?

適当に選ぶと命の危険があるので、今回の記事を通してどんなタイヤがいいかご紹介します。

1、スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤは、凍結していたり雪が積もっている道を走るために必要な道具になります。冬場の凍結した道を普段のタイヤで走ると、スリップして大事故に繋がってしまうので雪国で生活する人には必須のアイテムです。

またそのような危険な事故を避けるために、スタッドレスタイヤに交換することを条例で義務付けている地域もあります。

2、命を守ってくれるスタッドレスタイヤの選び方とは?

命を守ってくれるスタッドレスタイヤ。せっかく買うなら、良いものを買いたいですよね。

そこで選ぶときのポイントをお伝えしていきます。

・タイヤのサイズで選ぶ

当たり前のことですが、自家用車のタイヤの種類に合わせたものにしないといけません。少しでも安くするためにネットで購入して業者に付けてもらう人がいますが、サイズ間違いが多いため注意してください。

ただ、スタッドレスタイヤの場合、普段使っているものより1つ小さなサイズを着用することがあります。

その理由は、安い値段で購入することが出来るからです。タイヤは決して安いものではないためはまるのであれば少しでも安いものが良いと思う人が多いのです。また、小さくしていることで滑りにくくなるという利点もあります。

ただし、サイズを小さくすることで車全体を見た時のバランスが悪くなるのでご注意を。また、滑りにくい反面、タイヤのすり減りが増えるため摩耗した状態で走るとスリップする可能性が高くなります。

・氷上性能の高さで選ぶ

この氷上性能が高いことで、凍った道路を走ってもスリップしないことが可能になります。一口にスタッドレスタイヤと言っても素材や加工技術でかなり差があるのです。そのため選ぶときには、車の使用頻度やどれくらい走行距離があるのかなど考えて、自分に合った氷上性能のものを選ぶようにしましょう。

・雪上性能の高さで選ぶ

これは雪の上で、タイヤが空回りしたり溶けかけの雪でスリップするのを防いでくれる機能になります。氷上性能だけきにしていれば大丈夫と思っているあなた・・・甘いです。氷上機能では、氷のように凍った地面には強いです。しかし溶けかけの雪が混じっているとスリップすることがあります。特に終日低気温の地域の場合凍るよりも雪が走行の邪魔になることがあるため、雪上性能は非常に大事な機能なのです。

・ゴムの種類で選ぶ

ゴムの種類には大きく2種類あります。そして良いゴムとは、柔らかくそれでいて気温が下がっても硬くならないものです。

吸水タイプ:タイヤと地面の密着度を上げてくれるタイプになります。

      雪の降り始めや溶け始めの場合に有効です。

撥水タイプ:こちらは反対に凍っている道路でこそ力を発揮します。また雪が

      降らない日のゴムのすり減りが少ないため降雪が少ない地域

      で長持ちしやすいです。

・なんだかんだ人気メーカーの製品は安心

ここまで説明してきっと逆に悩ませてしまったと思います。

有名な人気メーカーの商品は価格こそ高いですが、機能性が充実しているものが多いです。

そのため自分がどれにすればいいか分からないなと思った方は、とりあえず人気メーカーのスタッドレスタイヤを選ぶのもアリです。

3、オススメの人気メーカーのタイヤをご紹介

・ ヨコハマ アイスガード SUV G075 iceGUARD SUV G075

ゴムが劣化しにくいため長持ちする。またゴムの性能がいいため、低燃費での運転が可能。他にも、ブレーキ機能が安定しているためコスパの良いタイヤ。

・ ブリヂストン スタッドレスタイヤ BLIZZAK DM-V3

ブレーキ性能が高いため、どんな場所でもブレーキがしっかりかかることが特徴。

雪道に慣れてなくて不安な方にはぜひオススメです。

・ トーヨータイヤ Winter TRANPATH TX

スタッドレスタイヤ特有の揺れが少ないため車酔いしやすい人にオススメです。またカーブや方向転換時のスリップを軽減できる構造のため安定性も抜群。

・MICHELIN スタッドレスタイヤ LATITUDE X-ICE XI2

雪が無い時でもブレーキ性能が高いため、季節を問わずオールマイティーに使用できるタイヤになります。また摩耗によるダメージを軽減する構造になっているため長持ちしやすいです。

タイヤと合わせて、もしもに備えて持っておきたいアイテム【CarZootプロ仕様】 解氷 スプレー

豪雪で窓が凍って車を動かせなくなった時に便利なのが、【CarZootプロ仕様】 解氷 スプレーです。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・【プロ仕様】窓ガラス解氷スプレー マイナス50℃まで対応の圧倒的な解氷力

・フロントガラスの氷 霜 凍結 をあっという間に解氷 配送ドライバーなども愛用

・寒い地域の朝に必需品 解氷スプレーがあれば凍ったガラスを溶かします

・洗浄成分配合 スプレーして拭き取っていただくだけで窓ガラス綺麗に

・品質にこだわる日本クオリティ 国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております

これは、Amazonで参考価格が1,610円となっています。

もし雪が降ってガラスが凍って動けなくなっては大変です。そんな時に備えて、ぜひ1つ買っておいてはいかがでしょうか?

avatar
雪道にスタッドレスタイヤは必須だよ!

凍結防止剤も準備しておこう!

いつも綺麗にピカピカに島根のトラック洗車場を紹介!前のページ

オリンピックも行われた長野でトラック洗車可能な場所を紹介!次のページ

関連記事

  1. 未分類

    軽自動車におすすめのホイールコーティング剤3選!

    皆さんはホイールのコーティングをしっかりと行って、汚れからホイールを…

  2. 記事

    京都府北区で安く止めたい人におすすめな駐車場3選!

    京都観光にくると必ず困るのが駐車場問題です。土地勘がないと道は混んで…

  3. 記事

    車のホイールカバーの上手な外し方とは?メリットや注意点などを解説!

    車のホイールには「ホイールカバー」というものが付いていることをご存知…

  4. 未分類

    ホイールを購入したらすぐにやるべきことを解説!

    ホイールには頑固なブレーキダスト汚れが付着し、放置すると真っ黒になっ…

  5. 未分類

    タバコの臭いを嫌がる人の割合とは?車のタバコ臭で悩んでいる方へ

    タバコの臭いを嫌っている人ってどのくらいいるのか考えたことありますか…

  6. 記事

    カー用品の買取価格を徹底比較!高価買取可能なお店一覧

    車と言うのは、人生の中で最も大きな消耗品です。特に郊外に住んでいれば…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    かわいいカー用品を買うならフムフム!おすすめポイントを徹底解説!
  2. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーは?
  3. 記事

    アウディRS6が限定25台で発売!伝説の名車RS2に最大の敬意!
  4. 記事

    ボンゴがなぜ生産終了に!?ボンゴの人気の理由と歴史について解説!
  5. 記事

    北海道は釣りスポットが豊富!車で北海道の釣りスポットを巡ろう!
PAGE TOP