雪国で快適にカーライフを送るための必需品!小型除雪機について解説!

   
 

雪国の車のトラブルは、そこに住んでいない人には想像がつかないほどたくさんあります。

そんなトラブルを回避するためには除雪する必要があります。そんな除雪作業を家庭で簡単にできるアイテムが小型除雪機です。今回の記事ではそんな小型除雪機について解説していきます。

1、雪国の冬は車のトラブルが頻発する!

バッテリートラブルが多い!

雪国で動けなくなることが多くなります。中でもバッテリートラブルが多いです。

家から出ようと思ってエンジンをふかしたにも関わらず、出発の段階で雪にタイヤをとられてしまいバッテリーが上がってしまうこともあります。

タイヤが冬用であっても家から出られないこともある

雪が積もりすぎるといくら冬用タイヤとは言えども、道路まで出るのが至難の業となります。いくら進もうとしてもタイヤが地面を掴むことが出来ず結果として、雪かきをする羽目になります。

雪国の冬には除雪機が必要不可欠!

先ほど挙げたように雪による車のトラブルは多く、どの家庭にも小型除雪機があります。小型除雪機があれば翌朝家から出られなくなるトラブルを未然に防ぐことが出来るので雪国の必須アイテムというわけです。

2、家庭用の小型除雪機について解説

除雪機を使うために免許証が必要なのか?

・小型除雪機を私有地で使う場合

手押しタイプの小型除雪機を私有地で使う程度であれば免許証は必要ありません。しかしどんな人でも使えるという利便性から、毎年大ケガをする人が絶えないので使用する際は細心の注意を払いましょう。

・小型除雪機を公道で使用する場合

地域によって資格の基準が多少変化ますが、基本的に公道で使用する場合は除雪講習を修了しておく必要があります。これは小型除雪機を使用する事での事故が絶えないため必要となっています。

除雪機の購入には補助金が出ることがある

これはお得な情報ですが、地域にもよりますが小型除雪機を購入するための補助金を出している所があります。もしまだ購入を悩んでいる方は、お住いの自治体に一度確認してみましょう。

除雪機の選び方を解説

・まず知っておきたい除雪機の種類

除雪機は電動式エンジン式があります。

電動式は充電式のバッテリーで使用する除雪機です。バッテリーを充電するだけで簡単に利用でき、燃料の補充もいらずお手軽なタイプになります。

エンジン式は燃料を使用して動く除雪機です。電動式よりもパワーがあるので除雪作業を行う際に使用者の負担が少ないのが特徴になります。

・もう1つ知っておきたいのが除雪のタイプ

これはブレード式ロータリー式があります。

ブレード式は除雪機の前方に雪を押し出すためのブレードがついたタイプです。降雪量の少ない地域で真価を発揮するタイプになります。

ロータリー式は刃が回転して雪を遠くへ飛ばしてくれるタイプです。比較的降雪量の多い地域で真価を発揮するタイプになります。

ここまでを踏まえて購入の時に何を基準に考えるべきか?

除雪機を購入するときには、積雪量除雪する場所に加えて雪の質を考えて決めましょう。

選ぶときには、積雪量が少ないからと言ってパワーの弱いタイプを選ぶと上手く除雪出来ないと言う事になりかねないので注意が必要です。

最後にオススメの小型除雪機を紹介!

HONDAのHSS1170n-JX

料金:545,300円

HONDAはパワーのある物が多いので、積雪量の多い人は迷わずHONDAをオススメします。

ヤマハ除雪機 YSF860

料金:453,200円

ヤマハは比較的音が小さいものが多いので、自宅の狭い範囲しか使わない方や女性にオススメです。

コロナ対策を行えるアイテム[CarZootプロ仕様]車内コーティングシステム『ClearONE.mist』

車のクリーナーでオススメしたいのが、[CarZootプロ仕様]【専用噴霧器で車内全体を徹底消臭・除菌】最新の車内コーティングシステム『ClearONE.mist』です。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・【業界初】超音波を使ったミストの力でタバコ臭や嘔吐臭、ペット臭やアンモニア臭も徹底分解する最新の車内コーティングシステム

・ミスト状の薬液なのでスプレーでは届かなかった部分にも行き渡らせ効果を発揮(エアコンライン・シートの隙間・細かい部分) 

・空間に浮遊する、ウイルス・菌・ニオイを徹底除去。あらゆるウイルスなどの予防のため病院や不特定多数が利用する飛行機・公共交通などでも用いられている

・スイッチを入れて置いておくだけなので手間いらず。一度の使用で必要な薬液は5滴ほどなので何度も使えてコストパフォーマンスが高い。また普段は加湿器としても使用できる。

・洗車専門店やコーティングショップなどで実際に施工メニューとしてプロが使っているケミカルです。

これは、Amazonで参考価格が4,280円となっています。

これから外出の際、コロナウイルスを気にせず安全に車を利用したい方にぜひ利用してほしいアイテムになります。

気になった方は、ぜひ購入してください。

Gulliverが提供するサブスクリプションサービス「NOREL」の特徴を解説!前のページ

コロナの今だからこそ行きたいキャンプ!キャンプ好きから人気沸騰中のテントカーについて解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    テスラ サイバートラックを4月から6月期に初公開する見通しを発表!

    一気に世界を代表する企業になったのがテスラです。様々な革新的な車種を…

  2. 記事

    神奈川県で夜間のドライブ時にも安心!24時間営業ガソリンスタンドのおすすめ店を探せ!

    あなたは、深夜にドライブをしている最中。気が付くと「あ!ガソリンがな…

  3. 記事

    ルネサス工場火災から約1ヶ月!ルネサスが19日をめどに生産を再開!

    ルネサスエレクトロニクスは、3月に発生した火災で一部生産を中止してい…

  4. 記事

    高知県で愛犬と楽しいドライブを!車で行けるドッグランを紹介!

    愛犬とドライブを楽しむ人が多いです。愛犬と一緒に楽しめるスポットとい…

  5. 記事

    安価で高性能!初心者にもおすすめなnuvi (ヌビ)のカーナビを紹介!

    カー用品店のカーナビコーナーには、目移りするほどたくさんの商品が並ん…

  6. 記事

    伊勢海老の漁獲量日本一!三重県のご当地キティは伊勢海老でいっぱい!

    三重県と言えば、伊勢海老や伊勢神宮などが非常に有名です。特に、伊勢海…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    100周年にあわせてモデル発表!?新型メルセデスマイバッハ『Sクラス』のV型12…
  2. 記事

    ガラスコーティングしている車の洗車方法とは?注意点について
  3. 記事

    佐藤琢磨が挑んだ「2021年インディカー・シリーズ」開幕戦!その結果は?
  4. 記事

    車でAndroidを固定できるスマホホルダーのご紹介!
  5. 未分類

    自分でできるお手軽DIYヘッドライトクリーナー
PAGE TOP