道路交通法は1960年施行!長い歴史の中でどう変わった?

   
 

道路交通法には、長い歴史があります。その歴史の中で、時代に合わせて変わってきた法律もあるでしょう。どの部分が変わったのか、どう変わったのかを詳しく解説していきます。

道路交通法とは

道路交通法とは、道路における危険の防止や安全を守るために制定された法律であり、1960年に施行されました。もしも道路交通法に違反した場合には禁固や懲役、罰金といった刑事処分か、累積点数で運転免許証の取り消しもあり得る行政処分が下されるでしょう。

道路交通法には車両についてだけではなく、歩行者の通行方法や路面電車の通行方法などにも言及されています。そのほか、高速道路の走行や道路の使用方法、自動車や原付バイクの運転免許証についても、細かく書かれているます。気になるのであれば、ぜひ一度道路交通法を勉強してみてください。

道路交通法は、時代とともに何度も変更が加えられています。飲酒運転やあおり運転などの危険運転について、昔はそんなに厳しくなかった、昔はそんなものはなかったなどという人も多くいることでしょう。危険運転も時代とともに変わってきていて時代に合わせて法律を変えることもまた、重要であるといえます。

変わった部分を見てみよう

そもそも道路交通法は、どの部分が変わったのでしょうか。大きく変わったところをいくつかご紹介します。

施行からわずか4年後の1964年には、道路交通に関するジュネーブ条約への加盟に合わせて大幅な改正がなされました。具体的には、追い越しなどのために道路中央を空けるキープレフトの原則が一般道に導入・車両通行区分帯が廃止されて車両通行帯となる・優先道路が定められる・特殊自動車の区分が廃止され、大型特殊自動車及び小型特殊自動車の区分が新設されるなどです。この翌年にはバイクの高速道路でのヘルメット着用義務化と2人乗り禁止が、定められています。

1972年には、初心者マークの導入されています。1978年には一般道でもバイクはヘルメット着用義務を適用、1991年には普通自動車免許にオートマチック限定免許が加わりました。

その後もゴールド免許の制定や紅葉マークの適用、運転中の携帯電話使用禁止、チャイルドシート使用の義務化といったさまざまな変化があります。こうして変化を年代順にみていくと、道路交通法は時代の流れとともに変わってきたことがよくわかります。

なぜ道路交通法は変わったのか

道路交通法がどんどん改正されているのは、時代の流れが必要としているからです。例えば携帯電話が普及しだして、運転中の使用とともに事故が増えることで、走行中の携帯電話使用禁止が法律に加わりました。そのほか、暴走族が増えた年には暴走族対策として、共同危険行為の禁止が施工されています。

2004年などはそれまでの交通事故での死亡例が多いこともあり、さまざまな罰則が強化されています。2007年には、飲酒運転に対する罰則がより強化されました。

道路交通法が変わる背景には、大きな事故が立て続けに起こったり世間の話題になるような事故が起こったりというようなことがあります。実際にあおり運転の厳罰化及び妨害運転罪が定められたのは、立て続けにあおり運転による被害が出たためです。

これからの道路交通法

これからの道路交通法は、これまでと同じく危険運転や妨害運転、死亡事故などで世間の話題になると、新しい制度が確立されるでしょう。その時々で必要な法律が考えられて制定されていきます。道路交通法が改正されるのは、道路を走行する上での按針安全のためです。

交通事故を起こさないために、車のガラスはきちんと磨いておく、タイヤのメンテナンスも定期的にしておきましょう。マイカーをしっかりメンテナンスして、事故を起こすことなく楽しいカーライフを送ってください。

人材育成や先端研究で連携?自動車部品団体と豊橋科学大学前のページ

コンチネンタルが減益したのははなぜ?新型コロナウィルスの影響!次のページ

関連記事

  1. 記事

    小田急線の新百合ヶ丘駅周辺でオンデマンド交通の有償運行を実施へ

    オンデマンド交通が、お住まいや通勤、通学で利用する地域で導入されてい…

  2. 記事

    【ドライブへ行こう】鳥取県で車で行ける植物園3選!

    宿泊代金が最大35%割引になる「Go To トラベルキャンペーン」が…

  3. 記事

    【自動車業界1位のトヨタが!】2021年春闘の結果満額回答した件

    「2021年トヨタの春闘について詳しく知りたい。」「トヨタの…

  4. 記事

    中古車のタイミングベルトについて解説します

    年代の古い中古車を見に行く時には、どのような所に注意して見ますか。走…

  5. 記事

    「西部警察」劇中車でおなじみ日産ガゼールをご紹介!

    日産ガゼールはかつて日産自動車が販売していた小型車です。2ドアハード…

  6. 記事

    【2021年最新】新年早々の1月に発売された輸入車すべてをご紹介!

    2021年も有名な輸入車ブランドから数多くのニューカーが登場してきま…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    【速報!】2020年決定版!今年売れたホンダの車をランキング形式で紹介します!
  2. 記事

    SNELL規格ってどんな規格なの?
  3. 記事

    オイルタンクはどんな役割を持っているのか?構造も詳しく紹介
  4. 記事

    緊急事態宣言中だからこそアニメ「イニシャルD <イニシャルD>Fifty sea…
  5. 記事

    江東区にもおすすめできるセルフ洗車場はなかった!ガソリンスタンドの洗車を利用して…
PAGE TOP