運転免許の更新で視力検査に落ちてしまった人向けに、不合格後の対策について解説!

   
 

免許更新のはがきが家に届き、もう免許更新の時期か・・・と感じさせてくれます。そんな免許更新で憂鬱になりやすいのが視力検査です。加齢とともに視力検査を不安に思う人が増えます。そしてもし視力検査がだめだったら免許証の更新はどうなるんだろうと悩む人に向けて視力検査と免許更新について解説していきます。

1、視力検査の合格基準について

視力検査は両目と片目で合格基準が違う

免許証の更新時に行う視力検査の合格基準は、まず免許証の種類で違います。

そして両目と片目のどちらにも合格基準があります。

両目の合格基準について

・原付や小型特殊車の場合

0.5以上と定められています。

・普通第一種・中型第一種・二輪車・大型特殊車の場合

0.7以上(左右それぞれ0.3以上見える必要もある)

・大型第一種・中型第一種(限定なし)・けん引・第二種車の場合

0.8以上(左右それぞれの目が0.5以上)

片目の基準について

原付・小型特殊車の場合

0.5以上必要です。また視野左右150度以上見える必要もあります。

・普通第一種・中型第一種・二輪・大型特殊車の場合

0.7以上かつ、視野左右150度以上

・大型第一種・中型第一種・けん引・第二種車の場合

片目が0.5未満であった場合不合格となります

さらに押えておきたいこととして、大型・中型第一種、牽引・第二種車の免許更新には、「深視力検査」という別の視力検査にも合格する必要があります。

深視力検査とは?

これは物と自分の遠近感を測る視力検査になります。

実際の検査は、3本の棒がありその中央の棒だけ移動するので3本が一直線になったタイミングを試験官に教えるというものです。これを3回行って誤差が2cm以下であれば合格となります。

2、もし視力検査に不合格になった場合どうすればいいのか?

視力検査に不合格になったからと言ってその日のうちに免許が失効するわけではありません。

不合格になった場合は以下の方法で対処することが出来ます。

不合格になったときの対処法

・午前に受けた場合、午後に再検査を受ける

日を変えて再検査してもらう

視力矯正器具を作って、届いたのちに再検査を受ける

このどれかの方法で再検査し合格すれば問題ありませんのでご安心ください。

免許証の有効期限には注意が必要

再検査を受けられるからといって免許証の有効期限を気にしていないと痛い目に遭います。基本的に免許証の有効期限内に視力検査を受けないと、免許を失効するからです。

反対に有効期限内であれば何度でも再検査を受けることが出来るため、なるべく早く再検査に合格できるよう努めることをオススメします。

それでも忙しくて有効期限を切らした場合

仕事の都合等でどうしても有効期限切れとなった場合は、失効後半年以内に再度免許申請し視力検査に合格することで免許証を再交付してもらえます。

ただし、再交付時には講習を受けたり余分なお金がかかるので出来れば有効期限内に再検査に合格するほうがいいです。

コロナ対策を行えるアイテム[CarZootプロ仕様]車内コーティングシステム『ClearONE.mist』

車のクリーナーでオススメしたいのが、[CarZootプロ仕様]【専用噴霧器で車内全体を徹底消臭・除菌】最新の車内コーティングシステム『ClearONE.mist』です。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・【業界初】超音波を使ったミストの力でタバコ臭や嘔吐臭、ペット臭やアンモニア臭も徹底分解する最新の車内コーティングシステム

・ミスト状の薬液なのでスプレーでは届かなかった部分にも行き渡らせ効果を発揮(エアコンライン・シートの隙間・細かい部分) 

・空間に浮遊する、ウイルス・菌・ニオイを徹底除去。あらゆるウイルスなどの予防のため病院や不特定多数が利用する飛行機・公共交通などでも用いられている

・スイッチを入れて置いておくだけなので手間いらず。一度の使用で必要な薬液は5滴ほどなので何度も使えてコストパフォーマンスが高い。また普段は加湿器としても使用できる。

・洗車専門店やコーティングショップなどで実際に施工メニューとしてプロが使っているケミカルです。

これは、Amazonで参考価格が4,280円となっています。

これから外出の際、コロナウイルスを気にせず安全に車を利用したい方にぜひ利用してほしいアイテムになります。

気になった方は、ぜひ購入してください。

今人気沸騰中!Gulliverが提供するクルマコネクトについて解説!前のページ

車の走行に必須の機能!ダウンフォースの原理・メリットを解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    九州や沖縄で英語で受講可能な自動車学校を紹介!

    日本という国で自動車を乗るには、自動車学校や自動車免許合宿を修了して…

  2. 記事

    【タコグラフって何?】運送業者には欠かせないマストアイテムをご紹介

    タコメーターは知っていても、タコグラフについては全然知らないという方…

  3. 記事

    ソケット分配器は便利!選び方やおすすめの商品を紹介

    ソケット分配器は車内でスマホやタブレットを使用する方におすすめのアイ…

  4. 記事

    カクカクシカジカでお馴染み!ダイハツのムーヴコンテを紹介!

    ダイハツの軽自動車「ムーヴコンテ」をご存知でしょうか?通称「コンテ」…

  5. 記事

    メリーランド州には「ボルティモアインナーハーバー」や「オーシャンシティ」など遊べるスポットが多数!

    メリーランド州には「ボルティモアインナーハーバー」や「オーシャンシテ…

  6. 記事

    DSオートモビルは2020年にどの車種を買えばいいのか?おすすめを徹底紹介!

    あなたは「DSオートモビル」というブランドをご存知でしょうか?まだ、…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    アンカー×GAZOOレーシング!憧れの競技用車両が個人間で売買できる!?TGR …
  2. 記事

    鹿児島県で特に注意してほしい交通事故多発エリアを紹介します
  3. 記事

    【静岡県】傷へこみを直してくれるおすすめの板金屋を紹介!
  4. 記事

    兵庫県民なら知っておきたい!デートにおすすめのドライブコース!
  5. 記事

    福岡市が避難所電源にPHVの利用を開始?トヨタ販売店と協定を締結へ!
PAGE TOP