運転が苦手な方に朗報!駐車を自動アシストしてくれるクルマをご紹介!

   
 

運転が苦手で、特に駐車では何度も切り返してしまう方も多いのではありませんか?駐車については、車幅感覚なども関わってくるためそう簡単にうまくなるものではありません。

そこで駐車が苦手な方におすすめなシステムが自動アシストです。

今回は、駐車における自動アシストについて徹底解説します。

自動駐車機能とは?

自動アシスト機能の一つとして自動駐車が注目を集めています。駐車時のハンドル操作を自動的に行なってくれるシステムなので、より効率的な駐車ができるのです。

ただ主に行ってくれるのはハンドル操作なので、アクセルとブレーキ操作を運転者が行うのが基本です。周囲の安全確認も必須です。

自動駐車機能は各社で取り入れられており、呼ばれ方はメーカーによって異なります。

  • BMW:パーキング・アシスト・プラス
  • メルセデス・ベンツ:アクティブパーキングアシスト
  • ホンダ:スマートパーキングアシストシステム
  • 日産、トヨタ:インテリジェントパーキングアシスト

駐車を自動アシストしてくれるクルマ4選!

では実際に駐車を自動アシストしてくれる車種をご紹介します。駐車が苦手な方は必見です!

トヨタ|ヴェルファイア

超音波センサーおよびカメラを利用したインテリジェントパーキングアシスト2を搭載しており、駐車時のアシストを行います。優れている点として、停止位置の自動決定があります。停止位置まで指定してくれるため、より手間なく駐車できるシステムを採用しているのです。

価格は300万円台からで、排気量は2,500ccから3,500cc1ほどです。燃費は9.5キロから19.4キロとされています。

BMW|5シリーズ セダン

パーキング・アシスト・プラスが導入されているため、路上における縦列駐車もサポートしてくれます。音声によるガイダンス、およびディスプレイに表示される指示に従い、あとはアクセルとブレーキを操作するだけです。

排気量は約2,000cc、燃費は13.9キロで車両価格は650万円からです。

日産|リーフ

最先端の自動アシスト系駐車システムが導入されており、バック駐車や縦列駐車に完全に対応しています。駐車スペースの真横に停車し、システムが駐車可能を検知するとハンドルだけではなく、アクセルやブレーキ、そしてパーキングブレーキまですべてを自動で操作してくれるのです。特にあなた自身が行わなければならないことはありません(安全確認の必要はあります)。

リーフは電気自動車であるため、特に燃費はありません。1回の充電で約400キロ走行できるとされています。車体価格は320万円からです。

トヨタ|プリウス

ハイブリッドカーでおなじみのプリウスにも自動駐車システムであるインテリジェントパーキングアシストが導入されています。ハンドルの右にIPAと書かれているスイッチがあるので、そちらを押すと車がハンドル操作を実施してくれます。あとは音声案内に従い、アクセルおよびブレーキの操作を行うだけです。

燃費は39キロであり、車体価格は250万円からです。

あなたのクルマの窓ガラスは綺麗ですか?

いくら自動アシスト機能があるからといって安心はできません。運転者は安全確認の義務があるため、事故を起こしたら責任を取らなければならないのです。

そこで安全確認に深く関わってくるのが窓ガラスです。汚れて見にくかったら、車や歩行者に気づけないかもしれません。

窓ガラスを綺麗に維持したいのであれば「CarZoot 車 ガラス 撥水 コーティング ウィンドウ フロントガラス 窓ガラス コート フッ素」がおすすめです。窓ガラス用のコーティング剤であり、きわめて撥水力が高いことでも知られています。

撥水コーティングに必要な油膜除去剤やスポンジ、そしてクロスも含まれています。こちらのアイテムさえあれば、他に必要なものは一切ありません。しかも持続力もあり、1年程度は効果を発揮してくれます。高頻度でコーティングする必要がないのも、こちらのアイテムの大きなメリットです。

アマゾンで販売されており、価格は税込み送料込みで2,533円です。

avatar
運転に慣れていない方は駐車が一番難しいのではないでしょうか!

アシストがあればより安心してできますね!

青森県で運転体験ができる施設を徹底調査!子供と一緒に行くのがおすすめ!前のページ

福岡県でトレッキングやハイキングを楽しもう!自動車で行ける観光地5選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    トラックコーティングを安くやれる新潟のお店!

    トラックのコーティングをしたいけれど、お店を見つけきれないという方は…

  2. 記事

    車のバッテリー寿命を判断するには?代表的な確認方法をご紹介!

    車のバッテリーは消耗品なので、正常に作動しなくなった場合には交換が必…

  3. 記事

    かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!その人気の理由とは?

    栃木県と言えば東京都も近い非常に便利な立地の県です。道路もきれいに整…

  4. 記事

    2020年モデルのディスプレイオーディオ『DMH-SF700/DMH-SZ700』

    Pioneerカロッツェリアのディスプレイオーディオ『DMH-SF7…

  5. デザイナーB

    車に傷が…おすすめのコンパウンドを紹介!

    日頃から大切に乗っている愛車がちょっとした油断から擦り傷を作ってしま…

  6. 記事

    平和の象徴長崎県に車で行こう!デートにおすすめのドライブコースを2選紹介! 

    長崎県でドライブデートをしたいと考えている方に、おすすめドライブコー…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    トヨタとホンダが手を組んだ?災害支援のための共同開発!発電・給電システムを紹介 …
  2. 記事

    鳥取県の免許センターは3カ所!特徴と混雑情報を紹介!
  3. 記事

    年末、車の大掃除でのポイントをまとめて紹介!
  4. 記事

    【千葉県】子供と運転体験が出来る施設はここ!まとめて紹介!
  5. 未分類

    驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
PAGE TOP