進化し続けるパワステについて語ろう

   
 

今では殆どの車に装備されているパワステ。

正式には「パワーステアリング」と言いますが、ハンドル操作を小さな力で行う事ができるようにした装備です。

昔の車は、タイヤが細かったこともあり、ハンドル操作にそれほどの力が入らなかったため、パワステを装備している車、特に乗用車では殆どありませんでした。

しかし、最近はクルマの高性能化にと共にタイヤの高性能化が進み、タイヤの幅が広くなりハンドル操作には相当な力が必要になってきました。

また社会状況の変化による女性の社会進出が進んで、さまざまな場面で女性が車を運転する機会が増えました。

このことから、パワステは車の標準的な装備になっていきました。

また、車の標準装備になる過程で、大きく進化してきました。

パワステの構造の変化

単にパワステと言いますが、その構造は、社会における車の必要性に基づいき、大きく変化してきました。

オイル式からモーター式へ

初期の頃のぱパワステは、専用のオイルを使ってハンドルをアシストする構造となっていました。

オイルをエンジンパワーを使って循環させ、ハンドルをアシストしていました。

その後、オイルの循環を電子制御する構造に変更になりました。

そして、今では、オイルではなくモータでハンドルの力をアシストする方法に変わりました。

オイルに比べて電子制御できめ細かく力を可変することができるので、好みによりアシストの力を変えられるようになりました。

アシストパワーの可変状況

アシストパワーの可変は、従来はエンジン回転数に伴いアシストパワーを可変するのが一般的でした。

エンジン回転数感応型

パワーを多く必要とする駐車時の方向変更の時は、アシストパワーを大きくして、ハンドルの取り扱いを容易にして、高速道路などでスピードが出ている時は、ちょっとハンドルを動かしただけで車の方向が変わることは、運転が疲れるばかりでなく安全性にも問題がありますから、エンジンの回転数が高い時は、アシストパワーを限りなくゼロに近づけます。

しかし、高速道路を走行している時などは、必ずしもエンジン回転数が高いとは限らず、エンジン回転数に合わせたアシストパワーの上下は、必ずしも合理的ではありません。

オイル式のパワステの時は、エンジンの回転数が、ファンベルトの回転などに合わせて急に高くなった時に、ハンドルに軽い衝撃が来ることがありました。

停車中もエンジンが動いている時はパワステが動作していて、ハンドルを回転させると奇妙な音ともにハンドルが動き、とても違和感がありました。

車速感応型

いちばん合理的なのは、車速に合わせてパワーをコントロールする方法です。

以前の車には、車速センサーが搭載されていない場合がほとんどでしたが、最近は安全性の追求により、ABSや自動ブレーキが標準装備されるようになり、ほとんどの車に車速センサーが装備されるようになったので、ほとんどのパワステは車速感応型のパワステになりました。

車速センサーとアシストモーターの採用により、パワーステアリングは、エンジン回転数に伴ったパワステの異質な動きも、停車中の違和感あるハンドルフィーリングも無くなり、パワステが装備されていることを忘れるくらい、とても快適なパワーステアリングになりました。

レーシングカーにもパワステの時代

ハンドリングのダイレクト感がなくなるからと、スポーツ走行が好きな人には、パワーステアリング機能をカットしてしまう人もいます。

しかし、今は、サーキット走行をするレーシングカーでもパワーステアリングを採用する時代となりました。

確かに、パワステを採用していない場合に比べて、ダイレクト感は少なくなり、微妙なハンドリングに差が出る傾向は、最新のパワステでも残っています。

しかし最近は、タイヤの大型により、パワステなしのスポーツカーは、相当な腕力が必要です。

燃費向上に貢献

モーター式のパワステは、重量が軽くなりメンテナンスがしやすくなったなどにより、油圧式に比べて燃費も大幅に向上しています。

電動パワステは電動パワステだから実現できる

アクティブクルーズコントロールを電動パワステで実現

自動車の世界は、自動ブレーキが実用化され、次は自動運転です。

その一環として、自動で走っているレーンをキープ機能を装備している車も出てきました。

これらは全てハンドルの自動制御が必要であり、そのためには、電動モーターでハンドルをアシストする必要があるのです。

世の中は、電動モーターによるパワステで、自動運転の実用化を目指しているのです。

まとめ

パワステの仕組みや過去、将来についてお話ししました。

単なるパワステでも、実は、昔に比べると大きく変化しています。

最新の車は、安全性や燃費など、とてもよく考えられています。

一昔前の車の方が車らしかったと嘆く方もいらっしゃいますが、走行性能や安全性を考えると、やっぱり新しい車の方が運転していても楽しいと言えます。

CarZootで新車のきれいをキープ

最新技術で作られた車は、ドライブしていてとても楽しいもので、いつまでも乗っていたくなります。

そんな楽しいドライブも、車がいつまでも綺麗であってことこそです。

いつまでも車をきれいにするために、ガラスコーティングにチャレンジしてみましょう。

「でも、ガラスコーティングは高いから・・・」とお嘆きのあなた。

確かに、専門ショップで施工してもらうガラスコーティングは、1台10万円近くするので、おいそれとは手が出せないと思います。

しかし、ガラスコーティングを自分でやってしまったらどうでしょうか。

CarZootのGZEROプレミアムガラスコーティングなら、専門ショップが使っているのと同じ内容をDIYで行うことができます。

施工を自分でやるのは面倒だけど、一度施工したら、最大5年も新車の時の輝きを維持でき、洗車も簡単な水洗いですみます。

一度の手間で後々楽チンきらいなCarZootのガラスコーティングは、車好きのあなたにおすすめです。

タイヤがスリップ!?原因と対策を徹底解明前のページ

車の左側通行の日本と同じように左車線の国はどこなのかご紹介します!次のページ

関連記事

  1. 記事

    大分県の電気自動車の充電スポットは何箇所あるのか?まとめて紹介!

    EV(電気自動車)での運転中に充電したいと思った場合、そもそも自分の…

  2. 記事

    ガソリンには使用期限ってあるの?意外に知らないガソリンのこと

    日常生活で車を運転している場合、どこのスタンドが安いなどのガソリンの…

  3. 記事

    【車で行ける!】長崎県にあるおすすめのグランピング施設をいくつかご紹介します!

    皆さんはグランピングをした事はありますでしょうか。コロナウイ…

  4. 記事

    BMWの4輪チューニングがバイクに?

    BMWといえば、自動車にさほど興味がないよ~という方でも名前くらいは…

  5. 記事

    【高齢者の交通事故防止運動】島根県で行われる交通関連イベントをご紹介します!

    新型コロナウイルスの感染者が少ない地域として知られる島根県ですが、そ…

  6. 記事

    「アンダーカット」はF1モータースポーツの重要な作戦!意味や作戦内容について解説!

    「アンダーカット」はタイヤ交換におけるF1用語であり、レース展開に大…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    エンタメ車両を2021年にヤマハ発動機とソニーが共同開発の件
  2. 記事

    マセラティの第2弾EVグレカーレについて最新情報を公開!
  3. 記事

    兵庫県丹波市が公用車の救急車を出品 【官公庁オークション】を詳しく説明 !
  4. 記事

    ケルヒャーのスチームクリーナーを使った車クリーニング法を徹底解説!
  5. 記事

    香川県警のマスコットキャラクター「ヨイチ」のプロフィールと香川県独自の交通安全の…
PAGE TOP