進化し続けるエアバッグの歴史を紹介!

   
 

今ではどの車にも標準装備されているエアバッグですが、実は歴史が短いのは知っていますか?車が初めてできたと言われているのは、1769年と約250年前です。そして、エアバッグが考えられ始めたのは1952年、実装され始めたのは1981年と短いです。しかし、実装されてからの30年間の間にエアバッグは、驚くべき速度で進化を続けてきました。今も進化を続けるエアバッグの歴史を紹介していきます。

世界でのエアバッグの歴史

エアバッグは、もともと車には装備されていませんでした。エアバッグの必要性が高まってきたのは、車の普及とともに事故での死亡率も上がっていったからです。事故による衝撃をなんとか緩和できないかと世界の開発者達は考えました。1952年、世界で初めてエアバッグの特許がアメリカで認められました。しかし、現在のエアバッグとは違い、衝突時に自動でエアクッションが膨らむというものでした。

1963年、日本の小堀保三郎氏がエアバッグシステムを考案、試作し始めます。小堀氏は飛行機からエアバッグを考えつきました。この時、考案されたシステムが衝撃加速度検出装置、エアバッグ、そして気化ガス発生装置です。このシステムは、14カ国で特許を認められました。また、前列の運転席、助手席だけでなく横からの衝撃にも対応できるようにとサイドエアバッグやルーフエアバッグシステムも考案していました。

1966年、日本自動車工業会を中心として、エアバッグシステムの研究を始めました。翌年、アメリカのイースト株式会社が衝突時の救命装置としてエアバッグシステムを発表しましたが、市場に出せるほどの信頼性、量産化がありませんでした。1969年、米国道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administrtion 通称NHTSA)がエアバッグを装備する法規を提案しました。

1970年、アメリカ合衆国運輸省(US Department of Transportation 通称DOT)がESVプログラムを提案し、翌年にはESVプロジェクトチームを編成しました。この時、アメリカの自動車メーカーだけでなく、日本の日産ホンダトヨタも参加しました。今でもESV会議は1年おきに開催されています。1972年には、アメリカのフォード・メーカーがエアバッグシステムのフリートテストを831台で実施しました。

翌年、アメリカのゼネラルモーターズでも1000台でフリートテストを実施しました。1974年、ゼネラルモーターズはラージーカーにオプションとしてSRSエアバッグを搭載しましたが、事故以外でエアバッグが作動してしまうという報告が上がり、1977年には販売を中止しました。エアバッグの信頼性がより重要になりました。

1980年、ドイツのボッシュ株式会社がSRSエアバッグシステムを商品化に成功しました。ボッシュ株式会社は自動車メーカーではなく、自動車機器の会社でした。1981年、ドイツのメルセデス・ベンツがエアバッグシステムを採用し、一般車用に販売を開始しました。1987年、メルセデス・ベンツが助手席用のSRSエアバッグシステムを発表しました。

日本でのエアバッグの歴史

一般車にエアバッグが搭載されるまで約30年かかりました。しかし、一般車用と言ってもエアバッグはオプションで搭載できる程度でした。国内の自動車メーカーからはエアバッグシステムが搭載された車は販売されていませんでした。では、国内で最初にエアバッグシステムを搭載した車を販売した自動車メーカーはどこでしょうか?

日本で初めてエアバッグシステムを搭載した車を販売したのは、ホンダです。1971年にESVプロジェクトに参加し、1975年には、独自開発をスタートさせました。エアバッグシステムの課題として、エアバッグが膨らむのが間に合わないことがありました。1979年に時間内に膨らませることに成功しますが、量産化できないという問題が起きました。そこで、火薬式のインフレーターを使ったエアバッグの開発を始めました。

1982年、ホンダは火薬式のインフレーターを使用したエアバッグシステムを完成させ、量産化にも対応できるようになりました。しかし、ゼネラルモーターズの販売中止があったため、信頼性をもっと高めたいと再度開発を進めました。翌年、信頼性を確率するためにマグドネル・ダクラス社の宇宙部門へ行きました。1986年、ホンダのレジェンド100台でフリートテストを実施し、1987年には、日本初のエアバッグシステムがレジェンドに搭載されました。

進化し続けるエアバッグ

1980年以降は、続々とエアバッグシステムを搭載された車が販売されました。特にメルセデス・ベンツは様々なエアバッグが登場しています。

  • 1987年 Sクラスセダンとクーペのオプションとして初めて助手席のエアバッグが登場
  • 1992年 SクラスとSLスポーツカーにもエアバッグが登場
  • 1993年 サイドエアバッグを発表
  • 1994年 後席ヘッドレストと一緒に標準装備品になる
  • 1995年 Eクラスにもエアバッグが搭載
  • 1998年 EクラスW210モデルシリーズのオプション装備品として、ウィンドウエアバッグが登場
  • 2001年 頭部、胸部サイドエアバッグが登場
  • 2009年 膝から下を守るニーエアバッグを発表

まとめ

エアバッグは車と比べて歴史が浅いです。しかし、短い間に急速に進化した車の装備品です。60年にたった今、たくさんの企業が試行錯誤し多種多様な、安全装置が車に装備されました。エアバッグにも企業それぞれで特徴があります。エアバッグは、命を守る大切な装置です。自分にあったエアバッグを搭載した車を探すことも大切です。

ライトも車には大事な装置です。年数がたつにつれヘッドライトが黄ばんでしますことがあります。しかし、CarZootの商品はそんな黄ばみを取ることができます。クリーナーで黄ばみを除去してコーティング剤で、透明な状態をなが続きさせてくれます。施行マニュアルもついているため、初めてでも作業することができます。

長野県のサービスエリアで大自然を満喫!グルメも充実!前のページ

アツい!車のハンドルが熱くなる原因を徹底究明!対策法もご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    日本最古の鉄道トンネルがある横浜市保土ケ谷区の月極駐車場

    東京都町田市と神奈川県横浜市にかけて広がる多摩丘陵が区の南東にある神…

  2. 記事

    ドウカティが「パニガーレ V4 SP」を日本に導入!価格は449万円!

    「2輪界のフェラーリ」ともいわれるドゥカティが「パニガーレ V4 S…

  3. 記事

    伝統工芸体験【愛知県 ドライブ】地元の伝統に触れたい!

    コロナ禍の楽しみ方を模索している方も多いことでしょう。多くの…

  4. 記事

    ミシュランがSUPER GT 500クラスの2チームなどにタイヤ供給

    ミシュランが2021年の日本国内におけるモータースポーツでのタイヤ供…

  5. 記事

    ホンダN-VANが全車に安全システムを実装開始!どんなシステムなのか解説!

    ホンダがとうとうN-VANの安全性を高めることに成功しました…

  6. 記事

    山口県を車で走ろう!夏のドライブにおすすめな心霊スポットは?

    山口県は自然豊かで、ドライブにはおすすめの県です。また、数多くの心霊…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    スポーツ保険は車の修理も保証してくれる?ボールなどが車に直撃した場合は?
  2. 記事

    香川県なら交通事故治療はここでしよう!
  3. 記事

    ニッポンレンタカー新イメージキャラクターに堀田真由さんを起用
  4. 記事

    4月開催のジャパンキャンピングカーショー、注目情報
  5. 記事

    ワイパーの動きが悪いなー!動画で解説ワイパーの交換法!
PAGE TOP