輸入車ではトップクラスの燃費?クライスラーのイプシロンについて詳しく紹介

   
 

皆さんは国産車か外国車どちらに乗っていますか?

車を選ぶ時の基準というのは、燃費・操作性等があり、ライフスタイルによって変わってくるでしょう。

最初の段階で国産車・外国車のどちらかを選ぶのかというのがありますが、どちらもいいところがあります。

世の中にたくさんの車がある中、今回紹介する車はクライスラーのイプシロンになります。

クライスラーのイプシロンについて知らない人もたくさんいると思います。

イプシロンのスペックや内装等について詳しく紹介していきます。

是非みて行ってください。

イプシロンのデザインとは?

車のデザイン・見た目は車を選ぶ上でとても大切な基準になります。

車の顔だけで見てもたくさんの物が存在しており、まん丸な目をしたかわいい顔・切れ長の目をしているかっこいい顔等があります。

その様な千差万別の車のデザインの中から好みの顔・デザインを探すのも車選びの楽しみだと思います。

今回紹介するクライスラーのイプシロンは一体どの様な顔・デザインをしているのか気になります。

詳しく紹介していきます。

イプシロンの顔とは?

イプシロンの顔は切れ長の目をしています。

全体的に見ると、どこかニヤッと笑っている様に見える不思議な顔をしています。

この顔はイプシロンの代名詞の様なものとなっています。

昔からデザインチェンジは変わっていても、この代名詞の様な顔は変わっていません。

この顔が好きな人もいれば、もちろん反対にあんまり好みじゃないという人もいます。

車の他の内装・デザインは好きでもこの顔が好きではないから選ばなくなってしまう人も中にはいるでしょう。

車の顔は人と同様に選ばれる時のとても大事な基準になるのです。

全体のデザインは

車全体のデザイン・フォルムは一体どの様な物なのでしょうか?

まずクライスラーというブランドがどの様な車を生み出しているのか紹介します。

クライスラーはアメリカの高級車ブランドです。

メジャーな車と言えば、クライスラー300 300Cといったものになります。

これらの車の見た目はとてもカッコよく、乗ってみたいと思わせてくれます。

ほとんどの車種がかっこいい見た目をしているのがクライスラーの特徴になるのですが、イプシロンは少しテイストが違います。

笑っている様な顔・見た目も小さめというどちらかというと、かわいい見た目をしている車になるのです。

個性的なところにも可愛さも感じられる見た目は、人によってはドツボにハマりそうなデザインです。

内装はどうなっているのか?

内装のデザインもとても大切なポイントです。

見た目が好きでも、内装のインテリア・デザインに不満があると乗っていてテンションが上がりにくいと思います。

速度・距離数などが分かるメーターは車を運転する際の邪魔にならない程度の高さに設置されているため、運転に支障はありません。

レバーも高い位置に設置されています。

普通の自動車・軽自動車のレバーというのは腰の位置くらいの低い位置に設置されているのが一般的な感じがします。

高い位置に設置されていると操作しにくいのでは?と感じる人もいるかもしれません。

ですがその心配はありません。

高い位置にあっても全く操作性に問題がないどころか、運転席が広く感じられより運転がしやすい環境になるのです。

これらが内装・インテリアの特徴になります。

イプシロンのスペックとは?

イプシロンの内装・インテリアは運転がしやすくなっており、ユニークな見た目をしている事がわかりました。

ですがいくら見た目や内装が良くても、運転がしにくかったりすると選びたくはなくなります。

ここではイプシロンの操作スペックについて紹介していきたいと思います。

イプシロンを運転する時の注目点は・5速オートマ・輸入車では高レベルの燃費という点になります。

・5速オートマ

5速オートマの車を運転する時に気を付けるのは、ベースがマニュアル車度というところです。

マニュアル車を運転する時にアクセルを深めに踏んで運転すると、スムーズにスピードに乗れないのですがそれは5速オートマの車に対しても同じ事が言えます。

急加速にも不向きな一面があり、クラッチ操作にも時間を要します。

急加速しないといけない場面というのは日常の運転でそこまでないので、あまりネックにはならないと思いますしゆっくり加速していけば心地の良い運転をする事ができます。

・輸入車では高レベルの燃費

輸入車に対してどの様なイメージを持っていますか?

すぐ壊れたり、燃費が悪くコストパフォーマンスが悪いというイメージを持っている人が多いと思います。

このイプシロンはその様なイメージとは違い、燃費は良い車なのです。

イプシロンには車が発進する時に始動し、停止時はエンジンが止まるアイドリングストップが搭載されています。

燃費は大体19.3km/Lで、日本車の中だと際立って高い方とは言えませんが、輸入車の中では優れた値なのです。

ゆっくり運転していても乗り心地の良い車で、スピードを出すとエンジン音が気になることはありますがそれを上回る程の魅力が備わっています。

まとめ

今回はクライスラー イプシロンの様々なスペックについて紹介しました。

ユニークな見た目・輸入車では高い燃費を誇っているこの車。

今回の記事を参考にして魅力に気づく人が増えると幸いです。

プロが使っているコーティング剤になります。

他の市販の製品では他店では無いようなコーティング施工に必要な専用の下地処理剤が付属されています。

車のボディをよりいい状態に戻し、質の高いコーティング施工が可能です。是非使ってみてください。

日産 ブルーバードシルフィとはどんな車?詳しい特徴などを徹底解説!前のページ

高性能SUV‼︎三菱エアトレックを紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    三菱エクリプスクロスがアメリカでスマホアプリでサービス予約可能に!

    三菱自動車の米国部門である、Mitsubishi Motors No…

  2. 記事

    エンタメ車両を2021年にヤマハ発動機とソニーが共同開発の件

    「エンタメ車両を開発する件について詳しく知りたい。」「ソニー…

  3. 記事

    動くオフィスとしてCarstayがキャンピングカーを設置。

     新型コロナウィルス感染症拡大の観点から、テレワークへの対応が求めら…

  4. 記事

    南アフリカの交通事情は?

    みなさんは海外旅行などはお好きでしょうか?日本人の多くが海外旅行先と…

  5. 記事

    長野県で大自然の中でできるグランピングを紹介!

     この記事では、家族でキャンプしようとしていて、グランピングに興味が…

  6. 記事

    今が買い時!千葉県の中古車市場が熱すぎる!おすすめショップを厳選してご紹介!

    千葉県で中古車を探している方におすすめのショップをご紹介します。…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【秋といえば紅葉】高知県のおすすめ紅葉狩りスポット5選! 
  2. 記事

    車の左側通行の日本と同じように左車線の国はどこなのかご紹介します!
  3. 記事

    【東海道五十七次】十六番目の宿場町「静岡県静岡市清水区由比」かつては由比町、静岡…
  4. 記事

    フェラーリ初のPHV、SF9スパイダーが誕生!ハードトップも素早く開閉!
  5. 記事

    千葉県を堪能しよう!自動車で行けるイベントを紹介!
PAGE TOP