軽油が凍る!?地域によって違う軽油の秘密

   
 

皆さんは、ディーゼル車に使用する軽油が凍ってしまうことをご存じでしょうか?ニュースでも冬時期になると、特にスキー客の車が動かなくなってしまうトラブル等が、多く見受けられるようになります。

勿論、様々な要因が考えられるとは思いますが、ディーゼル車は特に「軽油が凍る」ことを知らないと大変なことになります。ここでは、軽油が凍る原因と対策についてまとめてますので、良ければ参考にしてみてください。

何故凍ってしまうのか?

では、軽油が凍るメカニズムを説明していきます。

軽油はガソリンとは違い、低温では着火しにくいという特性を持っています。その反面、低温になればなるほど凍りやすく、どんどん軽油の粘度が上がっていき、次第に固まってしまいます。

とはいえ、氷のようにカチカチになるわけではありません。軽油にはワックス成分が含まれており、低温になるとこれが分離し、シャーベット状になってしまいます。この状態になってしまうと、燃料ラインやフィルターが詰まってしまうのですが、この現象を一般的に「軽油が凍る」と呼ばれています。

地域や季節によって変化する

「軽油」と言っても、実は全て同じモノではありません。勿論、ディーゼル車を動かすことには変わりないのですが、主に凍結温度が違います。

例えば、沖縄県であれば雪なんてほぼ降らず、気温が氷点下になることもほぼありません。よって、沖縄県で使用されている軽油は、凍結温度が5℃以下のものが一年中売られています。

逆に、北海道くらい寒くなると事情が異なってきます。北海道とはいえ、夏場は熱い為、一般的に凍結温度は5℃以下のものが使用されます。しかし、気温が下がるにつれ、段々と凍結温度の低いものを使用していき、真冬になると、なんと−30℃の軽油が使用されているのです。

北海道くらい寒い地域では、それくらい凍結温度を下げないと、凍ってしまうのです。

沖縄と北海道は極端な例でしたが、これが例えば関東でも同様です。関東では夏場は5℃以下、冬場にはマイナス2.5℃~7.5℃の軽油が使用されるのが一般的であり、東北地方では、だいたいの場所で冬場は−20℃の軽油が使用されています。

このように、同じ軽油といっても、凍結温度は様々な種類のものがあります。地域によって、又、季節によって凍結温度の異なる製品を使い分け、冬場の気温にも耐えられるよう工夫がなされています。

こんな場合は凍るかも!?

これまで説明した通り、同じ地域に住んでいても、季節によって販売する軽油の凍結温度を変化させていくことにより、軽油が凍結してしまうことを防いでいます。これにより、いきなり寒くなったからといって、軽油が凍ってしまうことはほとんどありません。

しかし、ニュースにも取り上げられる通り、軽油が凍ってしまうケースもあります。

旅行等による、地域の移動

旅行やウィンタースポーツ等で、温かい地域から寒い地方へ移動した場合はどうなるでしょうか?

冬時期に、関東から東北へ移動したとしましょう。関東地方で冬に使用されている軽油の凍結温度は、低くても−7.5℃です。ところが、東北地方では、主に深夜から朝方にかけて、気温が−7℃を下回ることが珍しくありません。

関東で給油し、東北地方に向かった場合、東北地方の気温が−7.5℃を下回った時点で軽油が凍ってしまうことになります。

凍結しない為には?

では、どうしたら良いのでしょうか?

答えは簡単です。

それは、現地で給油をすれば良いのです。旅行先等、現地のガソリンスタンドでは、凍結温度がその地域に対応している軽油が販売されているからです。

例え車に軽油が残っていても、現地にて給油をしてしまえば、凍ってしまうことは、ほぼありません。高速道路を降りた場合等、現地に付いたらなるべく早めの給油をすることで、軽油の凍結を未然に防ぐことが出来るでしょう。

皆さんも、冬場に寒い地域に行く場合には、この記事を思い出して頂き、トラブルを未然に防いでいきましょう。

大阪市西区でおススメのセルフ洗車場とは?利用の流れも解説前のページ

【映画・ドラマを紹介】コロナ禍にレースを舞台とした作品を観てストレス解消を!次のページ

関連記事

  1. 記事

    事故車になるとどんな不具合が生じる?事故車の定義も併せて紹介 

    自動車にもさまざまな定義があります。新車、中古車などのことですが、『…

  2. 記事

    東名高速はE1?高速道路をナンバリングする意味は?

    高速道路の案内標識に「C4」や「E1」といった記号を見たことはありま…

  3. 記事

    三菱エクリプスクロスに新型が登場!ターマックモード・V2H・PHEVなどを徹底解説!

    三菱自動車の人気クロスオーバーSUVであるエクリプスクロスに新型モデ…

  4. 記事

    車全体の外観に影響する低扁平率のタイヤ そのメリットとデメリット

    タイヤの扁平率を簡単に説明すると、車のタイヤのゴムの厚みを指します。…

  5. 記事

    群馬で紅葉狩りするなら達磨寺と伊香保温泉は外せない!ドライブを楽しもう!

    群馬県は温泉が有名ですが、実はその温泉の中で紅葉狩りも有名な…

新着記事の一覧

  1. 友人の車にチャイルドシートを乗せてもらう際に、気をつけること…
  2. 【富山県】県内で車の除菌/クリーニング/清掃を行う業者はこち…
  3. 【石川県】県内で車の除菌・クリーニング・清掃を行ってくれる業…
  4. 音速の貴公子と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」!「ア…
  5. 3つの視点で岐阜県のトラック用品店を紹介
  1. 記事

    車のホイールの種類と特徴を徹底解説!愛車にぴったりの選び方
  2. 記事

    ゼネラル・モーターズ(GM)が空を飛ぶ車を発表!そのコンセプトとは?
  3. 記事

    京都府の警察の方針とは?マスコットキャラクター「ポリスまろん」「ポリスみやこ」に…
  4. 記事

    失敗しない車コーティング!長持ちさせる秘訣をご紹介!
  5. 記事

    イノベーションアワードを受賞したコンチネンタル社の高性能車載コンピュータはどれく…
PAGE TOP