車事故の壊した物の値段はどのくらい?修理費用について解説!

   
 

不注意でガードレールや標識、信号などを壊した場合、どのくらいの修理費用を請求されるのか気になる人は多いです。そこで、車の事故で壊したものの値段についてご紹介します。

値段を知ることで、危機感が高まり、運転中に注意力を高めることにつながるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

車事故の壊した物の値段

不注意で、ガードレールや標識、信号などを壊してしまうケースがあります。その際、どのくらいの費用を請求されるか気になる方もいるでしょう。そこで、車事故の壊した物の値段についてご紹介します。

ETCのゲートのバー

ETCを利用している方は多いですが、ETCのゲートのバーで止まりきれずに破損するケースがあります。もし、ETCのゲートのバーを破損した場合は、1本あたり通常6万5000円かかります。2本破損した場合は13万円かかります。

ガードレール

ガードレールはちょっとした不注意でぶつかるケースが多いです。ガードレールが破損した場合、5000円~1万円程度が1メートルあたりかかります。しかし、場合によっては、工賃や人件費が高くなり、30万円程度かかるケースもあります。

信号機

信号機に関しては、破損状況や信号機の種類により、費用が異なります。LEDタイプの信号機を破損した場合、14万円程度の費用がかかるケースが多いです。また、信号機の制御装置を破損した場合は、200万円程度かかります。

道路標識

道路標識の修理費の相場は40万~50万円程度です。意外に修理費用が高いので、誤って衝突しないよう、注意が必要です。

カーブミラー

カーブミラーは本体の修理に2万円~4万円程度かかります。また、工事費がかさむと、20万円程度になる可能性もあります。

自動販売機

標準的な大きさの自動販売機の場合、約80万円程度かかります。大型の自動販売機の場合は、200万円程度となります。

電柱

電柱の修理費用は、破損の程度によって異なります。通常7メートルの電柱の場合、修理費用は数万円となります。また、電力会社の電柱は15メートルタイプが多く、15万円程度の修理費用がかかります。

電柱が折れて再度埋設する必要がある場合は、数十万円の修理費用になるケースがあります。ケーブルを切断するとさらに費用が高くなります。

【番外編】サーキットの備品

公式レースであれば請求されないケースもありますが、サーキット走行中のコースから外れ、サーキットの備品に衝突した場合、請求されるケースがあります。

修理費用は、備品によって変わってきます。

ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』

車で物にぶつかり破損すると、高額な賠償金を請求される可能性があるので注意が必要です。

ところで、愛車の状態はいかがでしょうか。特にヘッドライトが黄ばんでいると、視界が悪くなり、ガードレールなどにぶつかるリスクが高まります。

しかし、ヘッドライトの黄ばみはなかなか取ることができません。そこでおすすめなのが、CarZootの「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。

・黄ばんだヘッドライトを誰でもピカピカにできる

・研磨剤を使用しないので、ヘッドライトが傷つかない

・効果の持続時間が長いので、頻繁な作業は不要

・コーティングも施工可能なので、メンテナンスに便利

この商品は通常価格3,680円となっています。ヘッドライトをきれいにすることで、夜間の走行が非常にしやすくなります。

車事故で物を壊した場合どのくらいの費用がかかるかを把握し、安全意識を高めることは重要ですが、愛車のメンテナンスもしっかりしておきましょう。

愛車をきれいな状態にキープすることができます。

avatar
物損事故を起こしたときの金額を知っておこう!

安全運転で事故のないように気を付けたいね!

初心者におすすめなハンドルの捌き方や上手に運転するためのコツをご紹介!前のページ

クイックレーサーという商品名が始まりのカスタマイズが楽しいミニ四駆次のページ

関連記事

  1. 記事

    群馬県でデザインに凝ったおしゃれなカーポートを設置しよう!

    カーポートを設置したいけれど、どこの業者に依頼すべきか分からないと悩…

  2. 記事

    タクシーの運転手になりたい!二種免許を取得する為に必要なことや費用を紹介!

    「車が好きだからタクシー運転手になりたい・・・けど、なる方法がわから…

  3. 記事

    おしゃれなカー用品で素敵にコーディネート!便利でお得なグッズは?

    愛車を色々なパーツでドレスアップしていると、それだけで走ることが楽し…

  4. 未分類

    おすすめの車の除菌剤の選び方は?注意点と注目の商品!

    車内の除菌の方法が分からず悩んでいる方が多いと思います。車内をきれい…

  5. 記事

    新型移動オービスにも対応!ユピテルLS100について徹底解説!

    新型移動オービスの存在に悩む方が多いですが、そのような方には、「ユピ…

  6. 記事

    車検代って高いよね!少しでも安く済ます方法を紹介!

    自動車の車検は新車で3年、それ以降は2年の間隔でおとずれます。車の維…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    秋田県でゴルフに行くならどこがいいのか?コロナ対策もされて車で行ける場所をご紹介…
  2. 記事

    夏のメインイベント肝試し!心霊スポットの注意点&車で行こう埼玉県の心霊スポットを…
  3. 記事

    Matsuda Zoom Zoomスタジアムで野球を楽しもう!おすすめの安い駐車…
  4. 記事

    車のバッテリー交換費用を徹底比較!ショップごとに解説!
  5. 記事

    カー用品の販売店のおすすめはどこ?人気のショップ5選!
PAGE TOP