車中泊を最高に充実させるソファーベッドを紹介!

   
 

お盆休みを控えたこの時期に「どこに行こうかな?」なんて画策している人も多いはず。しかも今年は新型コロナウイルスのおかげで公共交通機関の利用は控える場合が多いですよね?そんな中”車中泊”で旅行に行くことを検討される方が増えているようです。自家用車であればフットワークも軽く、スケジュールの変更や道中の気になったポイントへの寄り道もできます。ということで今回はそんな”車中泊”を最高に充実させるための”ソファーベッド”を紹介していきます!

ソファーベッドとは?

車中泊の際、心配なのが「寝心地」が悪くて寝れるのかどうか心配であったり、暑くないかな、寒くないかなといった環境の心配です。そんな時役立ってくれるのが”ソファベッド”です。車内の座席の構造上凹凸がある場合はこれをなるべくフラットにし、硬い部分がなくなることで快適な睡眠を補助する目的で設置します。短時間の睡眠であれば座席のリクライニングを倒してでもいいのですが、車中泊で一晩を超すことを考えると、足を延ばして普段に近い状態で寝ることが望ましいです。睡眠に手を抜いてしまうと翌日の行動の生産性が悪くなってしまいます。

おすすめのソファーベッドを紹介!

ここからは実際の商品を紹介していきます。

KOOLSEN エアーベッド 

この商品はインフレータータイプの商品です。もともとスポンジが入っておりバルブを開くと自動で空気が入り膨らみ始め、数分で完了します。枕部分はご自身で調節して空気を入れるタイプです。厚さは3cmで長さ187cm×幅67cmでミニバンのフルフラットにぴったりと収まるサイズ感です。車内のでこぼこを解消し、冬の冷気もシャットアウトします。また、連結用のボタンが2か所ついているので2人以上の使用もしやすいです。標準で収納袋が付いてくるのも魅力的ですね。

  • カラー:グリーン・ブルー・オレンジ&ブラウン・グリーン&ブラウン・ブルー&ブラウン
  • 参考価格:2950円

この商品の詳細はこちら

AirExpect 車中泊エアーマット

次の商品はエアータイプです。空気を入れることで膨張しそれがクッションとなります。このタイプの利点はなんといっても収納時のコンパクトさです。ふくらますと長さ195cm×幅56cm×厚さ6cmのサイズですが収納時は手のひらに乗っかる大きさまで縮まります。こちらの商品も標準で収納袋が付いています。両サイドに連結用ボタン付きで、最大耐荷重300kgと凹凸の表面のおかげで体を均等に支え快適な睡眠を補助してくれます。

エアータイプで難点だったのが空気を入れるのがとても大変だという点です。別のポンプが必要だったり、息を吹き込む必要がありましたが2020年最新改良型のこの商品はハンドポンプを内蔵しており、なんと約90秒で完了します。これは大きなメリットですね。

  • カラー:オレンジ&ネイビー・ネイビー
  • 参考価格:3580円

この商品の詳細はこちら

アイリスプラザ マットレス

最後に紹介するのは、ウレタンクッションタイプです。収納時は丸めておき、使用時にバンドを外して広げて使います。メリットは空気を入れたり、空気が入るのを待ったりする時間がないので手軽にすぐ使えること。サイズも長さ180cm×幅60cmの十分なサイズで、高反発ウレタン3cmに低反発ウレタン1cmの計4cmの厚さで快適な寝心地が得られます。デメリットは収納サイズと重さです。丸めても径26cm×長さ60cm、なのでなかなかのサイズです。そこにプラス1.4kgの重さがあるのでコンパクトさ重視の方には向いていないかもしれません。

  • カラー:ブラウン
  • 参考価格:3460円

この商品の詳細はこちら

まとめ

今回は車中泊を最高に充実させるソファーベッドということで、タイプ別に3種類紹介しました。快適な寝心地と取り回しの良しあしはどっちをとるかトレードオフ的な一面があります。両立させるには、ある程度の予算が必要になりそうですね。今回紹介したもの以外にもたくさんの商品がありますので、ぜひチェックしてみてください。

avatar
本日のおすすめはこちら

MAZDA3オリジナルデザインコンテストに参加して夢の車を描こう!前のページ

車の免許更新方法、手数料などをご紹介します!次のページ

関連記事

  1. 記事

    十勝型事故とは?田園型事故について徹底解説!

    連休中は特にドライブをする方が多く、交通事故が発生する可能性が高くな…

  2. 記事

    バイクも有名!本田技研の歴史を動画と一緒に紹介!

    車だけでなくバイクのメーカーとしても有名な本田技研。国内でその名前を…

  3. 記事

    タフトに興味がある方必見!グレード別のおすすめランキングを発表!

    今人気のタフトは一体どんな車なのだろう。タフトの購入を考えているのだ…

  4. 記事

    車のホイールを黒く塗ってみよう!愛車のマットブラック塗装の方法!

    この記事では、愛車のアルミホイールをマットブラックに塗装したいという…

  5. 記事

    北海道の電気自動車の充電スタンドをチェック!

    電気自動車は環境面も考慮し、普及しつつあります。使用している方も多い…

  6. 記事

    大分県で釣りに行くならここ!家族と車で行ける名スポット!

    九州の北東部に位置する大分県。県の大部分は瀬戸内海に面している、穏や…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 記事

    【お車所有者必見!】山梨県下でのカーポート業者おすすめ3店の紹介
  2. 記事

    100均でも買える?便利なカー用品のおすすめランキングTOP5!
  3. 記事

    増えていく高齢者ドライバーの事故の特徴と対策法
  4. 記事

    大きな違いがない外資系と国内の自動車保険
  5. 記事

    気分転換にドライブ!熊本県のおすすめパワースポット! 
PAGE TOP