車を走らせたい!サーキット仕様に変える費用などを紹介!

   
 

休日になると、峠のワインディングロードを攻めているドライバ-なら、1度はサーキットで車を走らせたいと思うのではないでしょうか?でも、気になるのは、サーキットで自分の車で走るには、どの程度改造費がかかるかということ。

そこで、この記事ではサーキット対応の車の改造費にフォーカスしていくことにしましょう。

サーキットで走る前にすることとは?

サーキットで自分の車で爽快に走ろうと思った時に、まずどんなことをすればいいのでしょうか?それは、「どんなレースに参加するのか?」を調べて決めることです。と言うのも、サーキットで走るには色々なジャンルがあるからです。

多くの車とスピードを競うレース、フリー走行でタイムを競うタイムアタック、サーキットで走る体験する練習会。様々な走りを満喫することができるのですが、レースだとJAF認定のA級・B級ライセンスを取得する必要があります。

初めてサーキット走行をしたい人は、練習会やタイムアタックに参加することが入り口と言えます。その後に本格的に講習を受けて、ライセンス取得後にレースに参加するというパターンになるでしょう。

また、広大な敷地にパイロンでコースを設けて走行するジムカーナは、速度が他の走行より遅くなるので、1台ずつ走り初心者に適した走行です。

どんなクルマでもOK?

次は、実際にサーキットで使う車を準備することです。速さを競う走行なので、ミニバン等の車高のある車は向かず、セダンやスポーツカー等の車高の低い車が対象となります。

但し、走行の種類によっては、ロールバーを装着しなくてはならない等の条件があったりするので、イベントを主催する側に確認する必要があります。ここで、気になってくるのが、車の改造でしょう。

サーキット対応の車の改造

冒頭でも触れたように、サーキット走行にするのにどの程度、改造費が必要になるかが、焦点になってくるのですが、基本的には車を改造してなくても走ることはできます。

しかし、全く手を入れてないノーマル車は、長時間走行でブレーキや冷却装置の支障をきたす恐れがあります。そのために、性能を超える過度な走行は抑えなければなりまませんが、オイル等を交換しておくことが望ましいと言えます。

但し、タイヤやブレーキ、サスペンション等の部分はサーキット走行に対応しているものに交換してある方がいいでしょう。

中古車で安く済ませることは避けること

ここで意識しておきたい点は、「安価な中古車で始めることができないか?」ということです。しかし、中古車でサーキット走行をするためには、整備をしてくれるエンジニアの存在が欠かせません。

そのためにかなり古く安価な中古車で費用を掛けずにサーキットを走ることは、色々な課題が出て来てしまいます。結果的には、かなりの費用を負担せざるを得なくなるので、普段から乗り慣れている車をベースにすることがいいでしょう。

費用はどのくらい必要か?

では、自分の車をサーキット走行に耐えるようにするためには、どの程度の費用が必要なのかを見ていくことにします。

エンジンオイル

まずはエンジンオイルをサーキット走行でも対応できるものにすることです。具体的には、カーディーラーのメカニックマンにレクチャーしてもらうといいでしょう。

費用:10,000円~40,000円

ブレーキオイル

ブレーキオイルは、高い温度でも耐えられるもの入れ替えします。

費用:10,000円~30,000円

ブレーキパッド

ブレーキパッドはサーキット走行をする上で、非常に重要な部分です。スポーツ仕様に替えることが必須ですが、これもカーディーラーに確認した方がいいでしょう。

費用:50,000円~100,000円

タイヤ

タイヤは新品にすることがもちろんですが、グリッ力の高いものにする必要があります。

費用:80,000円~100,000円

フルノーマルのディーラー車がおすすめ

サーキットで走行するために、前項で説明した整備に費用をかけるべきですが、実際に使用する車は、ディーラーが扱うメーカー系の中古者車が理想的です。

自分で中古車業者を選ぶことが難しいためで、ディーラー系の中古車であれば、整備内容もしっかりとしているケースが多いので、安心して使うことができます。

街中の中古車専門店よりは割高になりますが、品質や後々の費用を考えると、トータル的な費用が安くて済みます。

サーキット走行前に揃えておきたいグッズ

車の改造費、整備費用とは性格が異なりますが、走行に必要な費用としては、次のようなグッズの費用も考えておく必要があります。ヘルメット、フェイスマスク、グローブ、シューズ、ジャッキ、クロスレンチ。エアゲージ、トルクレンチです。

これらのグッズは、安全に走行するために欠かすことのできないものばかりです。車にチューンアップや整備だけに目を捉われずに忘れないようにしておきましょう。

サーキットを走るために

ここまで、サーキットを走るために車の改造費用がかかるか説明してきましたが、一言で言うと、改造と言うよりは、「キチンと整備をすること」と言った方が正解かもしれません。

そのようなことから、サーキット走行を実現するためには、無理のない予算で車を準備することや、特別な改造を施さずに可能な限りノーマルな状態で走ることがポイントになってきます。

avatar
おすすめの商品はこちら

文京区へ行くなら覚えておきたい!安い駐車場3選!前のページ

車のバッテリーランプマークが意味するものとは?原因は○○にあった!次のページ

関連記事

  1. 記事

    カーステレオで使用するおすすめSDカード5選!

    カーステレオで使用するおすすめSDカード5選!誰でも良い音質で音楽を…

  2. 記事

    青森でトラックコーティングを安く頼むならこのお店をしよう!

    今では女性も増えているトラックドライバー。それに伴ってお好みのトラッ…

  3. 未分類

    ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤 Amazon悪…

    長期間車を使用していると、ヘッドライトはどうしても黄ばんでしまいます…

  4. 記事

    100均ダイソーのカー用品が便利すぎる!グッズを4選してご紹介

    「便利なカー用品をなるべく安く手に入れたい」「しっかりとした…

  5. 記事

    倒れないゴミ箱はどれ?おしゃれと人気のカー用品をご紹介!

    現在、車用のゴミ箱はさまざまなものが売られています。車内にゴミ箱を設…

  6. 記事

    洗車の王国 ホイールコーティング剤 『ホイールクリスタル』が全然ダメだった件

    自動車を所有している方はボディのクリーナーやコーティング剤を使用して…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    これを選んでおけば間違いなし!SUZUKI(スズキ)のカーナビ2020年春夏モデ…
  2. 記事

    車中泊に間違いなくおすすめソーラーパネルを徹底紹介!
  3. 記事

    神社と自然のエネルギーがもらえる!ドライブで行きたい長野県のパワースポット!
  4. 記事

    初心者でも簡単にできるカーステレオの配線方法!
  5. 記事

    【夜景スポット】和歌山県魅力的でデートにもおすすめ!
PAGE TOP