車を掃除するのにおすすめ!ダイソンシリーズを紹介!

   
 

車を日常的に使っていると、髪の毛や糸くず、飲食をする場合では食べこぼしなどが、車内にたくさん落ちてしまっています。

そこで、車内を綺麗に保つ為に努めたいが、何をすればいいかわからない人、また今大人気の車内でも使える掃除機、ダイソンシリーズはどんなものかご紹介します。

おすすめのダイソンシリーズの解説

ダイソンの掃除機は世界的にも有名で、日本でも広く使われています。他の掃除機と比べると、少しお高く感じるかもしれませんが、その性能に納得して購入する人が後を経ちません。そこでどの様なおすすめポイントがあるのか、まずダイソンの掃除機についてご紹介します。

ダイソンの会社の基本情報

ダイソンは、1993年7月に創業した、イギリス生まれの電気機器の会社で、現在はシンガポールに本社があります。ダイソンの掃除機の箱などに描かれている創業者の名前は、ジェームズ・ダイソンです。従業員数は2018年現在で約12000人です。

ジェームズ・ダイソンは、紙パック式の掃除機が、ゴミいっぱいならなくても吸引力が悪くなることに気づきました。そこで、水洗浄をすることによって、紙パックが不要なデュアルサイクロン方式と言われる方式を発案しました。そして、ダイソンはコードレスクリーナーの中で、1番の吸引力と言われています。

掃除機の特徴

ダイソンの1番の特徴は、サイクロン式をコードレスにしていることです。キャッチコピーで吸引力が変わらないとありますが、実際は吸引力は衰えていくので、誇張の広告としてイギリスでは排除しています。

しかし、日本ではその後も変わらずそのキャッチコピーは使用し続けています。紙パックを使用しない為、エコになる代わりに、こまめな水洗い、ゴミ捨てが必須になっています。

また、ダイソンの掃除機は、英国でのアレルギー認証をとっています。しかし、きちんと掃除機のお手入れをしないと、や全てのアレルギーが起こらないことを保証するものではありません。

しかし、他社のメーカーと比べても吸引力は良いと言われているので、世界的にもとても人気なメーカーです。

車内を掃除するならダイソン?

車内にある、糸くずなどのゴミを掃除するのは、掃除機がないとなかなか難しいです。車用掃除機などもありますが、家庭で使っているダイソン1台でも車内清掃が可能です。

その中でも今回は、軽くて女性でも使いやすい、Dyson V8 Slim Fluffy+(ダイソン ブイエイト スリム フラフィ プラス)でご紹介します。このV8 Slim Fluffy+には、定番に使用するソフトローラークリーナーヘッドが水洗いもでき、清潔に保てます。

また、以前のモデルより小型化しているため使いやすくなっています。他にも5つののパーツが付属しています。

一つ目は、必要な時にブラシを出したりしまったりできる、コンビネーションノズルが付属しています。

二つ目は、狭く暗い所に使用できる先端のライトが点灯する、隙間ノズル。

三つ目は、玄関マットなどのハードな素材を掃除する際に、向いているハードブラシ。

四つ目のミニソフトブラシは柔らかい素材でできているため、デリケートな家電などに使いやすいです。

五つ目は、回転ブラシがなく、布団やクッションのハウスダストなどをしっかり取り除くことのできる、フトンツール。

この5つの付属品も付いているので、家だけではなく、ハンディタイプにも出来るので、車内の掃除にも適しています。掃除をしたい場所によってノズルを使い分けられるので色んな箇所に使用できます。

車内を掃除する際のおすすめの付属品は?

車内を掃除する際は、ハンディタイプにし、シートは、ミニモーターヘッドで掃除すると、ホコリやハウスダウトも叩き上げて綺麗に掃除できます。

他にはコンビネーションノズルで、届きにくいエアコンの吹き出し口、チャイルドシートの隙間などのホコリも手早くお掃除できます。

ダイソンがおすすめ

車内を清潔に保ち、気持ちの良い空間にするには、ホコリ、ハウスダストを吸引してくれるダイソンの掃除機がおすすめです。

コードレスなので持ち運びも簡単で、付属品もいろんな種類があるので、用途に合わせて使用できます。今回特におすすめのダイソンの掃除機の型番は、Dyson V8 Slim Fluffy です。

定価は、53,900円(税込)です。

このタイプは軽くて吸引力もあるので、おすすめです。

今回の記事を参考に、車内清掃をする際は、是非ダイソンの購入も検討してみてください。

avatar
本日のおすすめはこちら

シガーライターが故障した時の対処法を紹介!前のページ

鹿児島県でおススメのドライブコースを5選紹介!~デート編~次のページ

関連記事

  1. 記事

    競馬ファンに知って欲しい函館競馬場周辺の駐車場を紹介!

    函館競馬場を利用したいけれど、駐車場が分からないという方も多いです。…

  2. 記事

    車が好きなお父さんにプレゼントするなら?おすすめカー用品3選!

    いまのご時世では、自動車離れが進んでいて自動車を購入しようとしてる人…

  3. 記事

    運転中に聴く曲は?30代におすすめの人気曲をご紹介!

    ドライブの時には音楽を流したい、という方も多いのではないでしょうか?…

  4. デザイナーA

    電車もいいけど!車で行きたい人にオススメの東京ドーム周辺駐車場!

    皆さんは東京ドームで野球観戦をしたことはありますでしょうか?東京ドー…

  5. 未分類

    高級車の新常識!ヘッドライト専用コーティング剤

    ご自慢の愛車がいわゆる高級車なら、もともとボディの塗装工程が普通車よ…

  6. 未分類

    中古車買取専門店の査定士がみるポイントとは?(ヘッドライト編)

    皆さんは「今の乗ってる車を高く売って新しい車を購入したい。」などと考…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    熊本県で良質の輸入車を格安で手に入れよう!アフターフォローも充実の販売店は?
  2. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーを選ぶポイントは?実際に利用した人の声
  3. 未分類

    長年のタバコの臭い、効果的な消臭方法
  4. 記事

    ドリフトとは?ドリフトによる影響とは?
  5. 記事

    競技に参加したい?B級ライセンスの免許を取得する方法とは?
PAGE TOP