車の雪下ろしにおすすめの商品とは?スノーブラシ・スクレーパーを冬に備えて購入しておきませんか?

   
 

車の雪下ろしに必須なアイテムと言えば、スノーブラシ・スクレーパーがあります。冬に備えて購入しておくことをおすすめします。それらのアイテムがあれば、車の雪かきも格段に効率的にできるようになるでしょう。

今回は、車の雪下ろしにおすすめの商品を3つご紹介します。気になるものがあったら購入を検討してみてくださいね。

車の雪下ろしにおすすめのスノーブラシ・スクレーパーがこれだ!

スノーブラシ・スクレーパーの選び方とおすすめ商品を3つご紹介ます。

スノーブラシ・スクレーパーの選び方とは?

伸縮性の有無は確認しておく必要があります。背が高く手が長い人であれば、伸縮性はそれほどなくても問題ありません。しかし女性などは車の屋根の雪を下ろすのは簡単ではありません。伸縮性があり、長さを4段階や5段階程度変えられるものがおすすめです。

グリップの有無も確認しておきましょう。滑り止めのグリップが付いていることで、持ちやすくなり、より効率的に作業できるようになります。より多くの雪もおろせるようになるでしょう。

値段にも注意しましょう。あまりにも安いものは「安かろう悪かろう」ということで、すぐに壊れてしまうことも。柄がポッキリイカれてしまった経験がある方も多いでしょう。しっかりしたものはそれなりのお値段がするものです。なるべく一定以上の価格帯(1,000円以上)のものを選んでください。

ヒロバ・ゼロ「スノーブラシ」

伸縮性のあるスノーブラシであり、長さは78センチから122センチまで調整可能です。ゴムワイパーとブラシが付いており、ゴムワイパーで凍りついた雪をこすり落とせます。ブラシであれば、窓ガラスに積もった雪を払えるのです。またスクレーパーも付いており、タイヤ周りなどの凍った雪や氷を砕くのにも利用できます。

グリップもしっかりと付属しているので、安定した作業ができるところにも注目でしょう。ヘッドブラシは7段階の角度に調節できるので、車に合わせて作業できる点も魅力の一つです。

アマゾンで販売されており、価格は税込みで1,280円になります。

COFIT「3in1 車用スノーブラシ」

78センチから98センチまでの調節ができるスノーブラシです。ピボットほうきヘッドが付属しており、ブラシを様々な角度に設定できます。雪や氷を少しでも簡単に除去したいとお考えの方に最適と言えます。

グリップも強固なものが設定されており、滑り止めと防寒の快適な使用のための指溝付きフォームグリップが採用されています。

ブラシ部分には高強度のABSが採用されています。強靭であり雪や氷に対して強さを発揮する反面、車を傷つけにくい、とのメリットも!

Hiveseen「除雪ブラシ」

62センチから87センチまでの伸縮性のあるスノーブラシです。グリップもしっかりと付いており、持ちやすいため大きな雪も簡単におろせます。また軽さもあるので、女性でも手軽に利用できるメリットがあります。

湿気を含んだ雪にも負けないほどの剛性を持ち、ブラシの毛先で車を傷めないなど実用性も満点です。

雪道の安全性を高めよう!ヘッドライトのクリーナー&コーティング剤を使ってみませんか?

雪道の運転をより安全なものにするのであれば、ヘッドライトの透明感が重要になります。黄ばんでいたり、くすんでいたりすると、何かと視界を塞ぐような状況にもなりかねません。そのうえ雪が積もるのですから、運転の安全性はかなり下がっていると言わざるを得ません。

でも安心してください。CarZoot社のヘッドライトクリーナーを利用すれば、雪道の安全性は格段にアップします。その商品名ですが「CarZoot ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り カバー 車 ライト くすみ 汚れ」といいます。

ヘッドライトの透明感を取り戻すだけではなく、コーティングもしてくれるため汚れがつきにくくなるのです。コスパに優れた商品を是非ゲットしてみませんか?

車の上に積もった雪は危険!でも雪下ろしも危険!どうすれば人も車も安全に雪下ろしできるのか?前のページ

【2021年最新版】雪に圧倒的な強さを誇るおすすめワイパー3つをご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    幼稚園バスはシートベルなしでOK?

    車には、シートベルトやチャイルドシートをする義務がありますが…

  2. 記事

    2021年最新版 雪道に強い車をまとめてご紹介!(大型編)

    はじめに北海道、東北から北関東地域の降雪量が昨年を超…

  3. 記事

    スマートのフォーツーはどんな自動車? 

    自動車を買おう!とお考えの方はいらっしゃいますでしょうか。はじめて自…

  4. 記事

    2020年にアメリカで人気の出そうな日本車はこちら!最新トレンドを追え!

    アメリカでは日本車好きな人が非常に多いのが特徴です。なんと2016年…

  5. 記事

    SUV車の代名詞!JEEPの2020年人気モデルとは?

    ジープといえば世界発のSUV車であり、だれもが知っているSUV車では…

  6. 記事

    初心者が覚えておくべきパッシングの使い方とは?

    車同士のコミュニケーションとして使用されるパッシングですが、使い方が…

新着記事の一覧

  1. 【2021年上半期】車でドライブしながら聴きたいおすすめの音…
  2. FMトランスミッター使用中に他の音が聞こえる。その理由は?対…
  3. 【2021年版】車のトレンドカラーは何色?海外の流行も参考に…
  4. 【韓国】大田広域市でおすすめの観光スポットと韓国で運転する際…
  5. 【韓国】光州広域市でおすすめの観光スポットはこちらです!合わ…
  1. 記事

    おすすめの車内消臭剤は?
  2. 記事

    チャムスのおしゃれで可愛いキーケースを4選!電波ジャック防いだり大容量も
  3. 記事

    高知県で窓ガラスのコーティングをしてくれるおすすめのお店2選と注意点!
  4. デザイナーB

    ≪すべての車両をEV化≫三菱ふそう2039年計画のすべて
  5. 記事

    【2020年の決定版】SUVの中でもどの車が雪道に強いのか?解説!
PAGE TOP