車の税金は13年を超えると高くなる理由!税額についてもご紹介!

   
 

買い換えの検討に深く関わっているのが、車の登録年数です。車は新車登録から13年を経過すると毎年の自動車税が高くなるため、そのコストを嫌って買い換えるわけです。

今回は、13年経過した車の自動車税額、および税金が高くなる理由についてお伝えします。

13年経過した車の税金とは?

13年経過した自動車の税金はどのように変化するのでしょうか?まずは通常の自動車税をご紹介し、その上で13年経過後の自動車税をご紹介します。

自家用乗用車の通常の自動車税

【令和元年9月30日までに初回新規登録されたもの】

  • 1,000cc以下:29,500円
  • 1,000cc超から1,500cc以下:34,500円
  • 1,500cc超から2,000cc以下:39,500円
  • 2,000cc超から2,500cc以下:45,000円
  • 2,500cc超から3,000cc以下:51,000円
  • 3,000cc超から3,500cc以下:58,000円

以上の自動車税が毎年発生します。

自動車税とは毎年4月1日時点における自動車の所有者に課せられる都道府県の税金です。基本的に自動車の排気量によって税額が決まり、排気量が多くなればなるほど高くなります

3,500ccを超える車にも個別に税金がかかってきますが、こちらでは割愛させてもらいました。

ちなみに以前は13年未満の軽自動車に関しては、毎年7,200円の税金でしたが平成27年4月1日以降は10,800円に値上げされています。

13年経過した車の自動車税とは?

税金が約15%アップします

以下に、13年経過した車の自動車税をご紹介します。

  • 1,000cc以下のケース:約33,900円
  • 1,500cc以下のケース:約39,600円
  • 2,000cc以下のケース:約45,400円
  • 2,500cc以下のケース:約51,700円
  • 3,000cc以下のケース:約58,600円
  • 3,500cc以下のケース:約66,700円

つまり排気量の多い車に乗っていると、排気量に比例して自動車税も増税されます。1,000cc以下であれば年額で4,000円程度で済みますが、3,000cc超から3,500cc以下になると、年間で10,000円弱もアップすることになるため大きな負担に感じる方も少なくありません。1年で10,000円なら5年で50,000円、10年で10万円も税金が増えてしまうわけです。

軽自動車の税率も13年でアップしますが、アップ率は約20%と普通車よりも高いです。13年以上経過した軽自動車は、毎年12,900円の税金が発生します。

ハイブリッド車は増税されないってホント?

すべてのガソリン車が増税されるわけではありません。ハイブリッド車は新規登録から13年以上経っていても、自動車税はアップしません

13年経過で自動車税が増税される理由

では、なぜ13年経過すると自動車税が増税されるようになるのでしょうか?ハイブリッド車が増税されないということでなんとなく分かると思いますが、環境的な考え方が関わっています。

増税される根拠とされているのが、グリーン化税制というものです。環境の負荷が小さい車に乗ってもらうために、税金的に優遇します。一方で、古い環境負荷の大きな車については税金を重くする特別措置を取っているのです。

ハイブリッド車であれば、環境への負荷が小さいので、仮に古くなっていたとしても税金的にアップさせることはありません。

自動車技術は日進月歩です。古い車に比べ排ガスなど、格段に環境的な技術が向上しています。つまり税金に差を設けることで、環境に配慮した新しい車への開花へを促す目的で13年経過で増税されるわけです。

古い車も新車のような美しさ!おすすめカーケアアイテムをご紹介!

中には15年以上経過しているような古い車を愛用している方もいるでしょう。しかし徐々にボディなどにも傷が目立つようになるはずです。そこでおすすめしたいのが、「CarZoot ガラスコーティング ガラスコーティング剤 コーティング剤 車 カー用品」です。プロも愛用するほどのガラスコーティング剤であなたの車のボディをしっかりと守ってくれます。

クラックやひび割れが発生しにくく、素人が利用してもムラになりにくいのが大きな特徴です。施工マニュアルも掲載されているので、初めての方でも安心して利用できます。

アマゾンで販売されているので、あなたの車のケアにぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

  • アマゾン販売価格:3,890円(税込み、消費税込み)
  • セット内容:施工証明書、施工マニュアル、ガラスコーティング剤、下地処理シャンプーおよびタオル、コーティング拭き取りタオル、スポンジ
avatar
購入前に税金なども調べておきましょう!

車によって金額が変わってきます!

青森県で運転体験ができる施設を徹底調査!子供と一緒に行くのがおすすめ!前のページ

福岡県でトレッキングやハイキングを楽しもう!自動車で行ける観光地5選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    千葉県でリーズナブルに高品質のタイヤ交換をするならこのお店!

    タイヤは使っているうちに摩耗してしまいます。そのままの状態で使用して…

  2. 記事

    高速道路でのキープレフトの重要性 

    ”キープレフト”なんだか懐かしいなとか、聞いたことがあるな、なんて方…

  3. 記事

    コロナを気にせず楽しもう!釣り人におすすめの釣りスポットを徹底調査!~奈良県~

    歴史と文化の県、奈良県。ご存知のように奈良県には海がありません。しか…

  4. 記事

    ポンテアックの魅力的な車種を徹底解説!!

    車を購入したいけれど、どのような車種を選べば良いか分からないという方…

  5. 記事

    メルセデス・ベンツの車種はコレがおすすめ!! 2020年度版

    メルセデス・ベンツのニューモデルを購入したいけどどんな車がおすすめな…

  6. 記事

    一風変わった廃タイヤのおすすめのリサイクル方法!

    廃タイヤを処分したいけどリサイクル方法がないか考えている人も…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車のホイールサイズの見方を徹底解説!確認方法や意味を確認!
  2. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーについて!ヘッドライトが汚れる原因やデメリットに…
  3. 記事

    【徹底解説】引っ越しにおすすめ佐賀県のレンターカーショップを2選紹介!
  4. 記事

    千葉ロッテの応援を!ZOZOマリン周辺の駐車場を3選紹介!
  5. 未分類

    ヘッドライトの明るさの単位「カンデラ」と「ルーメン」とは?違いについて
PAGE TOP