車の生産に大きな打撃!台湾大手UMCの半導体不足で車向け優先供給は難しいと示唆!

   
 

車の製造に欠かせないのが半導体になります。近年お車はコンピューター制御がされており、半導体不足は車の減産に直結する、と言っても過言ではありません。

そこで嫌なニュースが飛び込んできました。台湾大手UMCの半導体の供給が不足しているのです。すぐに回復するとの報告はなく、今後も厳しい状況が続きそうです。

なぜ半導体不足が発生したのか?

これまでしっかりと供給できていた半導体が、なぜ不足に陥っているのでしょうか?台湾大手UMCの半導体不足の理由を明らかにします。

在宅需要が増えている

世界的に猛威を奮っている新型コロナウイルスの影響です。近年、在宅需要が増えており、パソコンなどIT関連製品の需要が増えており、台湾大手UMCはそちらに多くの半導体を供給しています。自動車の回復以上に、一般需要のほうが高かったため、そちらを重視されてしまいました。結果、自動車業界への供給量が減ることとなり、半導体不足に結びついてしまったのです。

UMCの半導体は、世界的な自動車メーカーの多くが利用してきました。ドイツのフォルクスワーゲンであるとか日本のホンダも利用しています。結果、減産せざるを得なくなり、自動車業界の景気の回復が遅れる原因ともなっています。

「だったら半導体の製造量を増やせば良いじゃないか」と考える人も居るかも知れません。しかしUMCの経理の王氏によると、すでに工場の稼働率は100%であるそうです。また、会社としても注文を受けた順に製造しているため、まずは回復が早かったIT関連部門の注文に対応するのも当然、とのこと。もちろん、時間がすぎれば自動車業界へも多くの半導体が供給されるようになり問題はなくなるでしょう。ただ2021年中は半導体不足に悩まされる状況が続くかも知れません。

聯華電子(UMC)の景気は絶好調!

半導体の製造を行うUMCの景気は、このコロナ期間中も絶好調です2020年10月から12月の決算は、純利益で前年同期比の約3倍の111億台湾ドルであることが発表されています。日本円にすると約410億円になります。売上高は、8%増えて452億台湾ドルです。

そもそも台湾自体は新型コロナウイルスの封じ込めに成功しているため、社会的にも大きな影響を受けずに住みました。会社としても生産ラインを維持できているので、ある程度の重要に対応できるのでしょう。

台湾積体電路製造(TSMC)が代わりに対応してくれる可能性あり

自動車用の半導体が世界的に不足していますが、UMCだけが製造しているわけではありません。同じく台湾の台湾積体電路製造(TSMC)も世界的な半導体メーカーとして知られています。

台湾積体電路製造(TSMC)では競技の末、生産能力の拡大に対応するとの話が出てきています。今後供給量が増えてくれば、自動車メーカーも予定通りの増産に対応できるようになるでしょう。足元で景気の回復も見られており、車もEVやPHEVなどの割合が増えつつあります。半導体は今後も必要不可欠なものであるので、自動車メーカーとしては確実に確保しなければなりません。

ミストの力で車内のニオイがさっぱりなくなる!

車内のニオイに対応できる、おすすめのミスト系消臭剤をご存知でしょうか?CarZoot社で販売している「CarZoot 車内消臭 車 消臭 車内 スチーム 臭い 匂い消し 強力 シート しょうしゅうざい」になります。

超音波を使ったミストの力で、嘔吐臭やペット臭、アンモニア臭やタバコ臭などにも対応してくれます。一般的なスプレーでは到達できなかったところにも対処できるのでぜひ使ってほしいところ。もちろんエアコン等にも効果が期待できます。

経済的なアイテムであり、1回に使う薬液の量は5滴程度。コストパフォーマンスも良いので、ぜひ利用を検討されてはいかがでしょうか?

ノルウェー・オランダがすごい!EV普及に力を入れている国をご紹介!前のページ

【2021年最新ユース】静岡鉄道がトヨタ車販売3社を合併する理由とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    大人カジュアルで安全ドライブへ出かけよう!40代の冬のコーディネート

    仕事も家事も落ち着き始め余裕がある上品で女性らしい魅力が増す40代。…

  2. 記事

    岡山県でおすすめしたい交通安全お守りと神社はこちら!

    交通事故を起こさないように、交通事故に巻き込まれないようにとの願いを…

  3. 記事

    2020年秋モデル!おすすめのドラレコをまとめてご紹介します!

    いまドラレコをつける方が増えています。あおり運転や事故などの証拠とし…

  4. 記事

    クルマでなら怖くない?肝試しにおすすめ茨城県の心霊スポット3選

    なぜ人は、怖い話が好きなのでしょうか。なぜ、心霊スポットに出かけたく…

  5. 記事

    路線バスの乗り降りが楽になる車高の高さ

    路線を設定し一般道路を走る路線バス。公共交通機関として利用する人が多…

  6. 記事

    車はステータス?古い考えは捨てて現在のトレンドを知っておこう!

    昔は車を持つことは、一種のステータスといえました。しかし現在はどうな…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】非常時のために常備したい寝袋のおすすめランキ…
  2. 【豊田合成】 宮城県に内装部品の生産工場を新設 2022年夏…
  3. HONDAシビック 次期型「ハッチバック」の気になる展望
  4. 【知っておこう】フランスでの自動車保険について日本のそれとは…
  5. ロシア版:モスクワで駐車場をレンタルするには、いくらかかるの…
  1. 記事

    鳥取県で釣り人におすすめ!車で行けて家族で楽しめるスポットも!!
  2. 記事

    茨城県で日本初自治体による自動運転バスが定期運行へ 
  3. 未分類

    なぜ!?ヘッドライトが片方だけ黄ばむ理由?
  4. 記事

    バスの運転手にはどんな資格が必要?
  5. 記事

    企業向けにお昼寝デリバリーをするサービスが誕生 コアラカーで出張とは? 
PAGE TOP