車の水垢の落とし方を徹底解説!クリーナーで綺麗に汚れを落とそう!

   
 

車の水垢はどうやって落とせばいいのだろう?とお悩みの方がいるのではないでしょうか。そこで、今回の記事では車の水垢をクリーナーで落としたい男女や落とし方が分からない方のために、ポイントや注意点をまとめて解説していきます。困っている方は是非参考にしてください。

車に水垢がつく原因

なぜ車に水垢がつくのでしょうか。水垢がつく原因についてこれから解説していきます。その原因について詳しく知っておくと水垢を減らすこともできますので、知っておきましょう。

avatar
こちらの記事もおすすめです!

おすすめのヘッドライトクリーナー

原因①油分

実は空気中に細かい油が含まれています。なぜかというと工場、または排気ガスなどから排出される煙などの中に油分が含まれているからです。それが雨などと一緒に降ってきて車について乾くと水垢になる仕組みです。工場などが周りにないと付着しません。

原因②ほこり

これも大きな原因の1つです。先ほど触れた油とは違い、ほこりはどんな場所にもあります。ですので周りに工場などがなくても、雨が降れば、ほこりが付着して水垢ができてしまいます。

原因③黄砂

黄砂などが流れてきている時期に雨が降ると、車はどろどろになるのと同時にひどい水垢がついてしまいます。ほこりや油などによる水垢よりも頑固な汚れです。雨が降っていないタイミングを見計らって素早く落とすようにしましょう。

水垢の落とし方

ここからは水垢の具体的な落とし方について解説していきます。多少は事前に防ぐ事が可能ですが、どうしてもついてしまうのが水垢です。落とし方を理解して車を綺麗にしましょう。

①お酢を使用する

お酢はキッチンの水垢を落とすときに用います。そしてこのお酢を使用することにより車のガラス部分についた水垢を除去することもできます。よく付着する、うろこ状の水垢に効果的です。うろこ状の水垢はアルカリ性なので酢の酸性により中和することで水垢が落ちやすくなります。

具体的な落とし方はお酢をスプレーボトルに入れて吹きかけます。その上にラップを張り放置します。一時間以上経過したら、スポンジなどで軽く擦りましょう。最後に水洗いをして綺麗なタオルで拭き取ります。

②コンパウンドを使用する

頑固な水垢はなかなか落ちてくれません。そんなときはコンパウンドを使用すると落ちやすいです。ですがコンパウンドは研磨剤ですので使用方法を理解しておかないといけないので注意しましょう。

コンパウンドを使用する前にしっかり洗車をしておきましょう。洗車が終わったら、コンパウンドをスポンジの上に100円玉ほど出して磨いていきます。あまり力を入れすぎないようにしてボディを全体的に磨いたら、洗い流します。この後にコーティング剤を塗ると研磨感がなくなるのでおすすめです。

クリーナーを使用する

クリーナーを使用するのが水垢を取る際に一番効果的な方法です。クリーナーにも研磨剤が含まれているのですが、コンパウンドほど強くなくて綺麗に水垢を除去することが可能です。

こちらのクリーナーも洗車後に使用します。スポンジに適量出して窓ガラスに使用します。全体的にしっかりこすったら再度水洗いをして終了です。水垢を取る際はできるだけ、水垢用クリーナーを使いましょう。

水垢におすすめのクリーナー

私がおすすめするクリーナーは【CarZoot】(ガラスクリーナー)です。

こちらのクリーナーは

  • 窓ガラスの水垢完全除去
  • プロ仕様のクリーナー
  • 油膜除去力が強い
  • ギラツキを抑える
  • コーティング剤の乗りが良くなる
  • 撥水力を高める

こういったメリットや特徴があります。

このクリーナーは水垢の原因である油膜を徹底的に除去してくれます。市販のクリーナですと油膜除去力が弱いので完全に水垢を取ることはできません。ですがこちらのクリーナーはプロ仕様なだけあって水垢を1つも残しません。

そしてこのクリーナーは単体ではなくセットですので、スポンジや手袋がついていてすぐに使用することができます。これだけのメリットがあり、Amazonでの価格が1,980円でお得です。水垢でお悩みの方は是非このクリーナの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

avatar
クリーナーで車内をきれいに掃除しよう!

プロも使うような商品がおすすめ!

新車にもおすすめ!おしゃれな女性にぴったりの人気カー用品3選!前のページ

車の廃バッテリーを回収する方法とは?無料で回収は可能?次のページ

関連記事

  1. 未分類

    輸入車のアルミモールの磨き方

    欧州車を使用している方は特に、アルミモールの白サビやシミに悩みがちで…

  2. 記事

    高級外車デイムラーのおすすめモデルとスペックを解説!

    皆さん「デイムラー」という自動車メーカーをご存じですか?車好きの人で…

  3. 未分類

    CarZootヘッドライトコーティング剤のAmazonでの評価が高い理由

    自慢の愛車を新車の頃のように綺麗に保つにはこまめなお手入れが欠かせま…

  4. 記事

    カー用品のサンシェードは日よけだけじゃない?おすすめの使い方を解説!

    夏は車内が暑すぎて耐えきれない...暑すぎてエアコンが効いてくるのが…

  5. 記事

    お遍路巡りにもおすすめ青森県のお寺を3選紹介!車でも行ける! 

    青森県といえばリンゴのイメージがありますが、実はお寺巡りが好きな人に…

  6. 記事

    カーエアコンのAUTO機能を調べる夏

    ドライブにはエアコンが欠かせない暑い季節になってきました。エアコンを…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    認定中古車ってなんだ?普通の中古車との違いにも注目してみた!
  2. 記事

    犬と車でドライブしつつ茨城のおすすめドッグランへ向かおう!
  3. 記事

    鳥取県の犬とドライブするならここ!ストレス解消スポットを紹介!
  4. 記事

    作業をする人におすすめ練馬区のトラックOKな駐車場をチェック!
  5. デザイナーB

    車で遠くに行くならETCを付けておこう!おすすめのETC車載器3選!
PAGE TOP