車の水垢の原因を解説!おすすめのクリーナーを使った落とし方

   
 

雨の降った翌日に車を見てみると、なんだか汚いなあ、と感じることが多いです。この汚れは「水垢」です。

せっかく前日に洗車したのにこのような経験をした方は多いと思います。

まずは水垢の原因を知ることが大切です。

この記事では車の水垢の原因とおすすめのクリーナーを使った落とし方について解説していきます。是非参考にしてください。

車の水垢の原因とは?

ここでは、車の水垢の原因について解説していきます。

水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどの成分が濡れたままにしておくと水分だけが蒸発し、結晶だけが残ります。これが水垢です。

その一方で、車で見られる水垢は雨の中に混じった塵や埃といった水性のものと、エンジン油などが混じった油性の汚れのものとに分けられます。

水性の水垢

車に雨が降ると、雨水はボディの上から下にかけて流れ落ちます。車には雨水を流す溝があります。その場所にも塵や埃がたまりやすく、雨水は塵や埃を含みながら流れていきます。

この雨水の通り道に溜まった雨水が、雨が上がって乾燥する際、塵や埃だけがボディに残って乾燥し、それが水性の水垢になります。

油性の水垢

空気中には例えば工場などから出る煙に含まれている、細かい「油」が混ざっていることがあります。その煙には多く油が含まれていて、それが空気中に広がり、雨水などの水分に混ざることで車に付着します。

また、車に使用しているコーティング剤やワックスに含まれている成分も、少しですが雨水などに溶け出すことがあります。

そして、雨水に含まれているミネラルや小さな埃などのごみと絡まったまま車体に付き、水分が乾燥すると残った汚れ成分が水垢となります。

おすすめのクリーナーとは?

次に、おすすめのクリーナーについて紹介していきます。

まずは水垢を防止し、綺麗な車にしておくためにも定期的に洗車をするようにしましょう。
車をいつも綺麗な状態にしておけば、乗り心地も違ってくるはずです。

ソフト99 フクピカ

コーティング被膜にやさしい新処方で、プロコーティング車に使用できる商品です。3層ハイブリッドシートの内部に汚れを抱き込み、引きずりによるキズつきを防ぎます。

シート表面の低摩擦加工で、ボディにやさしい軽くスムースな拭き心地です。

炎天下やボディが熱い時は使用せずに、泥汚れや砂ボコリの付着が多い場合は、まず水洗いで落としてから使用しましょう。

虫、鳥のフン等の部分汚れにも効果的です。ただし、部分汚れを全体に塗り広げないように、部分汚れ専用に1枚使うようにしましょう。

シュアラスター ボディクリーナー

塗装面に傷をつけたくない…コーティング施工面を守りたい…といった方におすすめなのがこの商品です。スプレーしてふき取るタイプの水アカ落としで、研磨剤は含みません。

使用方法は、まず、洗車し砂や埃を落とします。砂やホコリが乗っていると、キズの原因となるので注意しましょう。

次に、気になる箇所にスプレーし、濡らして固く絞ったクロスで拭き取ります。細かい部分はクロスの方にスプレーして使用しましょう。

汚れを落とした後は、ワックスやコーティングで仕上げます。ボディが平滑化してワックスやコーティングの効果がUPします。

また、ワックスやコーティング剤の拭き取り残しによるムラの除去や、ゼロクリーナーで落とし切れない水アカ汚れの場合、「シュアラスター スピリット」をおすすめします。

車の水垢はなるべく早く落とそう!

この記事では車の水垢の原因とおすすめのクリーナーについて解説しました。

水垢は見た目が悪く、非常に厄介です。なるべく早く落とすことを心がけましょう。

そのためにも、クリーナーを購入し、休日に愛車と向き合ってみましょう。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

メッキクリーナーで愛車に輝きを!おすすめのクリーナーを3選してご紹介!前のページ

車のクリーナーのおすすめはどれ?吸引力など選び方のポイントを解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    マスターシリンダーストッパーを装備するとどうなるのか?一般の自動車にも役立つ?

    マスターシリンダーストッパーと呼ばれる部品を聞かれたことはありますか…

  2. 記事

    運転中に吹雪に遭遇した時には

    冬特有の自然現象として吹雪(ブリザード)があります。運転中に遭遇した…

  3. 記事

    驚きの安さで中古車を販売するカーチスについてご紹介

    自分の乗っている車を買い取ってもらう中古車業者は全国に数多くあります…

  4. 記事

    環境問題を解決したい日本郵便が導入した電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」について解説!

    日本郵便に新しい電気自動車である「ミニキャブ・ミーブ」が導入…

  5. 記事

    車いらず!山口県内で利用できる配食・買い物支援サービスのご紹介

    トヨタやホンダ、日産など、日本には世界的な自動車メーカーがいくつもあ…

  6. 記事

    トヨタのJPN TAXIがリニューアル!抗菌機能がさらに強化!

    この度、トヨタ自動車は自社で製造販売しているタクシー車両のJPN T…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    夏にぴったり! ドライブで行く、神奈川の海に近くておしゃれなカフェスポット5選
  2. 記事

    【超小型車】FOMMを新興国ターゲットに事業拡大の2021年を解説
  3. 記事

    欧州で事業展開をしよう!トヨタが車のサブスクKINで6種類のサービスを展開
  4. 記事

    東横インでキッチンカー営業中!大阪14店舗から全国へ
  5. 記事

    イタリアの高級セダン『ランチア・テージス』その詳細と中古車についてご紹介!
PAGE TOP