車の旅行・アウトドアで大活躍!オウルテックがポータブル電源をアマゾンで先行販売へ

   
 

あの株式会社オウルテックから車での旅行やアウトドアに大活躍してくれそうなアイテムの販売が開始されました。ポータブル電源の「PORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)」になります。アマゾンで先行販売されており、すでに話題沸騰中です。

オウルテックのPORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)を徹底解説!

オウルテックのPORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)のスペック等について徹底解説します。主な特徴や使用可能時間についても明らかにするので、購入の判断材料にしてもらえたら幸いです。

商品をご説明

大容量タイプのポータブル電源になります。災害時やアウトドアでの利用に最適なアイテムであり、ACコンセントが2つ付属しています。また、USB Type-A×3、USB Type-C ×1も付属しているため、パソコン等とつなげることも可能!そしてDCシガーソケット(Φ5.5×2.5mm)×2の標準装備しているため、まさに多彩な出力端子を備えているわけです。

夜間のアウトドアでの利用にも最適です。製品本体には、LED照明も付属しています。夜間のアウトドアなどで明かりがまったくないところだと不安でしょう。災害時に停電で真っ暗闇で過ごすのは不便でしょう。そんな時でもPORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)があなたの周りを照らしてくれるのです!

ちなみ2つのタイプがあり、バッテリーの容量が異なります

  • 112,000mAh(最大出力400W)
  • 172,800mAh(最大出力600W)

お好きな方をお選びください。

使用可能時間もご紹介!

使用イメージを明確に理解するためにも、どの程度の時間使えるのか確認しましょう。

以下、OWL-LPBL112001-BK 「112,000mAh(最大出力400W) 」の使用可能時間について明らかにします。

  • 小型車載電気ポット(120W ):約2.7回
  • 電気毛布(60W):約5.4時間
  • LEDランタン(12W):約26.9時間
  • スマートフォン(15W ):約21.5時間
  • ノートパソコン(60W):約5.4時間
  • ポータブル冷蔵庫(50W):約6.5時間

PORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)の特徴とは?

まず2モデル展開である点にも注目です。出力にかなり差があるので、使用イメージによっても選ぶものが異なるでしょう。家族が多い方であればもちろん大容量タイプの172,800mAh(最大出力600W) がおすすめです。

先程述べましたが、多様な出力端子を装備しているところも大きな特徴の一つ。様々な機器と繋げられるので、様々な電子機器を使えます。

ポータブル電源の中には、数ヶ月で壊れてしまうものも少なくありません。中にはかなりちゃちなものもあるのです。しかしPORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)は全く心配なし。なんといってもオウルテックの商品ですし、そもそも2年間保証がついているのですから。

価格はどうなっているの?

購入する場合は、やはり価格が気になるでしょう。適正価格なのか、それとも高いのでしょうか?

  • OWL-LPBL172801-BK:6万6880円
  • OWL-LPBL112001-BK:4万4880円

ちょっと高いと感じたのではありませんか?安心してください!アマゾン及び楽天市場などで、30%オフの先行キャンペーンが実施中です。17日の午前9時59分までなので、お早めに決断されるのがおすすめです。

タイヤの黒さが復活する!グレーになってきたらぜひ使ってみてください

タイヤも古くなると、どうしても色落ちします。そのままにすると見た目の印象もよくありませんし、劣化が起こっている証拠なので、日々が割れるなどの症状が現れるかもしれないのです。

劣化が進む前に試してほしいのが、CarZoot社のタイヤワックスである「CarZoot タイヤ ワックス 艶出し クリーナー コーティング ワックス 車」です。色艶が復活するのはもちろんですが、なんといっても、タイヤとの相性が抜群なのです!シリコンベースのワックス剤なので、タイヤを痛めることもありません。プロも愛用するほどの逸品なので、利用しなければ損、と言っても過言ではありません。

この機会にぜひご購入を検討されてはいかがでしょうか?

コンクエストがグループの新車PDIや中古車の商品化、車体整備事業を集約へ!広島西区に総合サービスセンターを新設だ!前のページ

ナイナイ岡村が国際問題を起こす!?中国大使館の車と事故を起こす!次のページ

関連記事

  1. 記事

    自動車検査員はどんな仕事をする人?資格取得の要件は?

    自動車検査員という職業を、ご存じでしょうか。自動車には実にさまざまな…

  2. 記事

    ドイツイノベーションアワードを受賞したコンチネンタルのデジタルキー!いったいどのような機能なの?

    デジタルキーというものを知っていますか?IT化が発達した現在では、ス…

  3. 記事

    崖の上のポニョのキャラクターグッズは何がある?カーグッズにおすすめなのは?

    ジブリ映画・崖の上のポニョには、どのようなキャラクターグッズがあるの…

  4. デザイナーA

    中華がお得に楽しめる!横浜中華街周辺で安く駐められる駐車場はここ!

    横浜中華街に車で観光に訪れたものなかなか駐車場が見つからなかった、と…

  5. 記事

    NEXCO中日本が凄惨な事故を忘れないためにした工夫とは

    自動車の歴史とは、明るい歴史ばかりではありません。凄惨な事故や事件も…

  6. 記事

    横浜ゴムが新たな試み?空気圧通知サービス!

    日本において、有力なタイヤ企業と言えば多くの人が真っ先に名前を挙げる…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    お遍路巡りにもおすすめ青森県のお寺を3選紹介!車でも行ける! 
  2. 記事

    エルメス(HERMES)好き必見 2021春夏で使えるキーケースを紹介します!
  3. 記事

    バスの移動はコロナが不安?そんな人にオススメの徹底したコロナ対策をしている島根県…
  4. 記事

    ペルシードとは一体どんな商品?親水性と撥水性の違いまで徹底解説!
  5. 記事

    フォードモーターEVの生産を拡大 米第2工場 
PAGE TOP