車の廃バッテリーの処分場所や回収にかかる費用を徹底解説!

   
 

「エンジンのかかりが悪くなってきた……」「ヘッドライトがなんだか暗くなったように感じる……」

そんな時に必要となってくるのが車のバッテリー交換です。バッテリーの交換時期の目安は2年~4年と言われており、中には車検のたびに交換するという人も。意外と頻繫に行う必要があるものです。

そんなバッテリーの交換のさい、気になるのが古いバッテリーの処分方法について。この記事ではバッテリーの処分方法や行ってくれる場所はもちろん、費用を安く抑える方法についても紹介します。

車のバッテリーは自治体で回収できない!

車のバッテリーを粗大ごみや不燃ごみなどとして出すことは、基本的に不可能です。車のバッテリーの中には劇物である希硫酸が含まれており、多くの自治体で危険物あるいは有害物に指定されているためです。自治体に確認することなくゴミ捨て場に放置すれば、不法投棄とみなされてしまいます。

また、車のバッテリーは鉛などの金属が使用されており、専門の業者で適切に処理することでリサイクルが可能です。是非、ごみとして出すのではなく、専門の業者に依頼するようにしましょう。

自力での解体は絶対にやめよう

ごく稀にではありますが、不燃ごみや粗大ごみに出せるようにと、ご自身でバッテリーの解体を試みる方がいるようです。ですが上述の通り、バッテリーの中には電解液として希硫酸が使用されており、これは皮膚に付けば火傷を引き起こす劇物です。

眼に付着した際には失明の恐れもあり、決してセルフでの解体はしないようにしましょう。

ディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドで回収してくれる

Autohaus, 車のディーラー, 自動車販売, 自動, ドイツ, 販売, Pkw, 自動車, 乗客車

最も確実なバッテリーの処分方法が、これらの車やカー用品を扱う店舗で引き取ってもらう方法です。おそらくほとんどの人がバッテリーを交換するさい、こうした店舗でバッテリーを購入し、同時に古いバッテリーを引き取ってもらうことになるでしょう。

バッテリーの処分費用は500円~1,000円ほどの店舗もあれば、無料で行ってくれるという店舗も多く存在します。しかし、あまりに工賃が安い店舗では、代わりにバッテリーの代金が割高である傾向があるようです。古いバッテリーの処分だけでなく同時に新しいバッテリーの購入も考えている場合、処分費用だけでなく、バッテリーの代金や交換費用なども含めたトータルの費用で考える必要があります。

回収業者は専門の業者を選ぼう!

先ほど述べたディーラーやカーショップ、ガソリンスタンド以外にも、バッテリーの下取りを行う業者は数多く存在します。地域によっては、定期的に廃品回収の業者が近くを回っている、という所もあるでしょう。

しかし、そのようなカー用品を専門としていない不用品回収業者に依頼する際には注意が必要です。中には回収のさい、不当に高額な回収費用を請求されるというケースも存在するためです。また、上述の通り車のバッテリーにはリサイクル可能な金属が含まれていますが、一部の悪徳業者にはそうしたリサイクルをせず、不法投棄を行う者も存在します。

もちろんこれらは一部のケースではありますが、やはりカー用品を専門とした回収業者に依頼するのがベターでしょう。中には郵送による下取りを受け付けている業者も多く、重いバッテリーを持ち運ぶ手間が省けます。

郵送によるバッテリー下取りはここを見よう!-費用を抑えるポイント

「郵送によるバッテリー下取りに対応!しかも下取り費用は無料!」

素晴らしい業者に思えますが、ひょっとすれば更なる費用の節約が可能かもしれません。注目すべきポイントは送料です。車のバッテリーは非常に重く、大きいもの。郵送には1,000円以上の送料がかかってしまいます。

そのため下取り料金は有料でも、代わりに送料を負担してくれる業者の方が、結果としては安上がりになるパターンも。専用の伝票を購入し、それを使用して郵送するというサービスを取っている業者が多いようです。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

えがお健康スタジアム周辺でおすすめの安い駐車場を紹介!~ロアッソ熊本~前のページ

道産子必見!北海道でおすすめな自動車学校3選!次のページ

関連記事

  1. 未分類

    おすすめのアルミモールコーティング

    皆さんが所有している自動車には様々なアルミモールコーティング剤があり…

  2. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナー

    車を長期間使用していると、ヘッドライトが紫外線などのダメージを受け黄…

  3. 記事

    新型移動オービスにも対応!ユピテルLS100について徹底解説!

    新型移動オービスの存在に悩む方が多いですが、そのような方には、「ユピ…

  4. 記事

    鳥取県から引っ越しに使えるおすすめ乗り捨てレンタカーショップ3選をご紹介!

    引っ越しするにも費用がかなりかかってしまいます。節約するなら…

  5. 記事

    宮城県内でおすすめのとっておきの道の駅を紹介!2020年版

    ドライブといったら、道の駅で休憩は定番ですよね。そのご当地しかない商…

  6. 記事

    少し変わったご当地標識を紹介!~西日本編!

    旅行などで車を運転していると、見たことも無いような標識に出会うことも…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    ガラコートのホイールコーティング剤が選ばれない理由
  2. 記事

    車用の便利グッズとは?脱輪したときに使いたいアイテムと使用法 
  3. 記事

    青森県で神秘的なパワースポットを車で巡る
  4. 記事

    安い駐車場3選を紹介!~京都府右京区編~
  5. 記事

    車で行ける広島県の美味しいラーメン屋を紹介!観光ついでに食べに行こう!
PAGE TOP