車のホイールナット交換をするなら?取付時の注意点など解説!

   
 

車のホイールナットに不具合が生じた場合やホイールナットを交換したいケースがありますが、ホイールナットの取り付け方が分からず悩む方が多いです。
ホイールナットを取り付ける際には注意点があり、間違えた取り付け方をすると、事故につながるため注意が必要です。

車のホイールナットを交換する際の注意点についてご紹介します。

ホイールナット取り付けの際の注意点

ホイールナットは単にネジを締めるだけで終了というわけではありません。間違えて取り付けてしまうケースもあります。ホイールナットを取り付ける際の注意点についてご紹介します。

ホイールナットの向きを間違えないようにする

ホイールナットは向きが決まっているので、間違えないよう注意が必要です。ナットには様々な種類がありますが、それぞれに注意点があります。例えば、袋ナットの場合、挿入方向は一通りしかありません。一方、貫通ナットは取り付ける際に方向を間違えるケースが多いです。

方向を間違えていてもネジが回るので、間違いに気付かない可能性があります。方向を間違えていると、ナットが緩み、途中で外れるリスクが高くなります。

工具を使用する前に手で締める

ホイールは単に強く締めるのが良いというわけではありません。まずは工具を使用する前に、ある程度手で締めるのがおすすめです。

バランスが崩れないよう、対角線の順番で締めていきます。手である程度ナットを締めたら、工具を使っていきます。工具を使用する際も、対角線の順で締めるのがおすすめです。

過剰に締め付けすぎない

工具を使用すると、ナットを締め付けすぎてしまう可能性があります。あまりに強く締め付けすぎると、ナットが破損したり、ネジ山が潰れたりするリスクがあります。
締め付ける強さにも注意が必要です。

ホイールナットに緩みがないかチェックする

ホイールを取り付けたら、放置するのではなく、ホイールが正常に取り付けられているか確認することが大切です。100キロメートルくらい走らせてから確認するのがおすすめです。

ホイールナットで適切に取り付けることができれば、ホイールナットはほとんど緩みません。緩みがある場合は再度締め付けが必要です。

ブレーキダスト 完全除去 【CarZootプロ仕様】 ホイールクリーナーがおすすめ!

ホイールナットを交換する際、ホイールをクリーニングしておくのがおすすめです。ホイールには汚れがつきやすいです。ホイールをクリーニングする際におすすめなのが、「ブレーキダスト 完全除去 【CarZootプロ仕様】 ホイールクリーナー」です。

・クオリティが高い商品で、ブレーキダストを除去できる
・研磨剤不使用なので、ホイールを傷つけず施工可能
・プロが使用しているほどのクオリティ

この商品は通常価格1,980円です。ブレーキダストを完全に落とせるのが魅力です。ホイールナットを交換するタイミングで、ホイールのクリーニングをしてみるのが効率的です。

「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」でホイールコーティングするのがおすすめ!

ホイールクリーニング後はコーティングすることで汚れが付きにくくなります。そこでおすすめなのが、CarZootの「ホイール専用ガラスコーティングキット『ダストバリア』」です。コーティングを施工することで、ホイールのお手入れも非常に楽になります。

・価格が安いので、気軽に購入できる
・強固なガラス被膜をつくるので、耐久性が高い
・専用のスポンジ付きで作業を簡単に進められる

この商品は通常価格3,680円となっています。耐久性、効果の高さを考慮すると、この価格は非常にお得です。ぜひホイールを扱う際の参考にしてみてください。

京都でカー用品を探すなら?山科区などおすすめ店舗を3選してご紹介前のページ

最強の車コーティング剤はどれ?おすすめコーティング剤 3選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    女性人気の筆頭車「ミラアヴィ」!人気の秘密をコンセプトとスペックの両面から解説!

    軽自動車で高い人気を誇るダイハツミラシリーズから発売されたの…

  2. 記事

    『耳をすませば』が好きな人必見!『耳をすませば』に因んだおすすめカーグッズをご紹介致します

     ジブリの作品、『耳をすませば』をご覧になったことはありますでしょう…

  3. 記事

    バスに乗るときには注意が必要?ベラルーシの交通をテーマにした遊園地や公園とは?

    皆さんはベラルーシという国を知っていますか?名前を聞くことは…

  4. 記事

    ホンダアキュラが米国で好調!SUVが42%増を達成!

    ホンダのアキュラが絶好調です。アメリカでの販売実績になりますが、SU…

  5. デザイナーB

    フォード歴代社長は何をした人?今後はどうなっていくの?

    あなたは「フォード」というメーカーについてどれくらいご存知でしょうか…

  6. 記事

    グッドイヤーが間違えてラベルを貼ってしまった事態が発生!?タイヤ購入時の注意ポイントを徹底解説

    タイヤメーカー「グッドイヤー」が、中国生産のタイヤに間違えて日本のラ…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    車で行ける、鹿児島県のコロナ対策してある伝統、地域体験をご紹介!
  2. 記事

    念入りに洗うのはやっぱり手洗い!【横浜市港北区】セルフ洗車のコツ+おすすめ洗車場…
  3. 記事

    沖縄は自然豊かなでホタルが多数!おすすめのウォッチングスポットを紹介
  4. 記事

    【知らなかった】新潟県でセキュリティ対策を車にインストールする方法
  5. 記事

    京都機械工具(KTC)とDICクラウドがタッグ!トルクルとDICクラウドの連携サ…
PAGE TOP