車のヘッドレスの意味と外すと違反な理由を紹介

   
 

車の席に必ず設置しているヘッドレスは、前に突き出ているものもあり、正直邪魔だと感じている人もいるのではないでしょうか。ですが、だからと言って外してしまうと違反になり、最悪罰金が科せられる可能性もあります。厳しい罰があるのも意味があり、ヘッドレスには乗車の安全のために作られた装備です。今回はヘッドレスの意味や違反になる理由について解説します。

ヘッドレスを外すと違反になる

ヘッドレスは取り外しできますが、「じゃあ外したままでいいじゃん」とそのまま運転すると警察官に怒られてしまい、状況によっては厳しい罰が科せられます。快適そうだと思っても、ドライバーにとってはデメリットしかありません。では具体的にどういったデメリットがあるのかを2つにまとめたのでご紹介します。

①車検で引っかかる

ヘッドレスを外すと車検で引っかかってしまい、通らなくなってしまいます。ヘッドレスはどちかと言うと不評の声の方が多いですが、車には絶対になくてはならないものです。また、テレビを見やすくするためにヘッドレスをカスタマイズするもの車検でNGになってしまいます。なぜここまでヘッドレスが重要なもの扱いされているのかは後に分かってきます。

②罰金が科せられる

ヘッドレスを外すと道路運送車両法の保安基準第22条4に違反します。状況によっては罰金が科せられたり、逮捕されてしまう可能性もあります。しかも罰金の場合、その場で罰金を支払う行政処分ではなく、事故を起こした時に科せられる刑事処分です。快適にドライブしたかったからという理由で罰が軽くなんてことはないため、ヘッドレスはきちんと付けておきましょう。

ヘッドレスは首を守る役割がある

ヘッドレスを外すと違反になる理由は、ヘッドレスはきちんと役割がある安全装備だからです。ヘッドレスは車の枕と思っている人が殆どですが、全然違います。実はヘッドレスは乗車の首を守る役割があります。

追突事故時のむちうち症を防ぐ

追突して衝撃を受けた時に、むちうち症を起こしてしまうリスクがあるため、ヘッドレスがあれば事故時のケガを防ぐことができます。むちうち症とは、追突の衝撃によって首が捻挫してしまう症状です。追突すると首はそのままですが、体は衝撃で思いっきり前にいくため、首の神経に大きなダメージを負ってしまいます。ヘッドレスがあれば、追突した時でも体が大きく動くことは少なくなり、首のダメージを軽くすることが可能です。

後部座席と前席との激突を防ぐ

追突すると、衝撃で後部座席の人の体も大きく動いてしまいます。もしヘッドレスを外したまま追突すれば、後部座席の人と前席の後頭部が激突してどちらも大ケガを負います。ヘッドレスがあれば前席の後頭部は守れますし、後部座席の人もダメージを軽減できます。

ヘッドレスの高さ調整でベストなのは?

ヘッドレスはただ設置しているだけでなく、後頭部と同じ位置に調整しましょう。実際に座ってみて、自分の後頭部と同じ位置にヘッドレスがあるのがベストです。前後に動かせるタイプの場合は、後頭部とヘッドレスとの距離をなるべく近くして、後頭部を支えてくれる位置にしましょう。ヘッドレスが低かったり、後頭部とヘッドレスが離れているのは良くありません。

まとめ

以上、ヘッドレスの大切さを詳しく解説してみました。ヘッドレスを外すと違反になる理由は、ヘッドレスは安全装備であり、追突事故時に首や頭のダメージを防ぐ大切なものだからです。前傾しているため邪魔に感じることもありますが、だからと言って外して運転すると罰金・懲役刑・車検でNGになってしまいます。

実は交通事故の中で最も多いのは追突事故です。そのため、ヘッドレスは絶対に外せないものですし、実際にヘッドレスのおかげで首のダメージが大幅に軽減できて助かった人がたくさんいます。正しい位置に調整すればヘッドレスの本来の役割を発揮できるため、この機会に自分の後頭部と合わせて調整してみてはどうでしょうか。

非常事態の警察官の手旗信号の方法や意味を紹介!前のページ

コーナリングランプを最近見ないな。なぜ見なくなったのか解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    【超人気を紹介】愛車を阿倍野区にあってキレイにになるセルフ洗車場

    「大阪市阿倍野区のセルフ洗車場が気になる。」「手洗いの外装洗…

  2. 記事

    スズキのラパンショコラ!女性が車を購入するならおすすめ!

    これから新しい車を購入したいと考えている方もいるのではないでしょうか…

  3. 記事

    深夜の納涼ドライブ、ダムの畔から生首のような影。もしかしてコッチ見てる!?in富山県

    古洞ダムは、富山市三熊にある農業用のダムです。ダムから流れる…

  4. 記事

    ミニバン?クロスオーバーSUV?スバル エクシーガの歴史とスペックを公開します!

    エクシーガはスバルが販売していた7人乗りの車です。ミニバンモデルとク…

  5. 記事

    安全を確保できる!株式会社アール・ダブリュー・シーのおすすめドライブレコーダーを紹介します!

    ドライブレコーダーを利用することで、もしものときにもしっかりと対応で…

  6. 記事

    こんな時代が来るとは!排ガスに含まれるCO2を燃料に再利用!?東芝や出光興産が事業化を検討中!

    環境の悪化は明らかであり、地球温暖化を実感する日々が続いています。毎…

新着記事の一覧

  1. [2021]車中泊におすすめな燃費の良い車種をご紹介!
  2. 【2021年最新版】車中泊におすすめ車種をご紹介!
  3. 【2021】おすすめしたい車中泊に便利な電気毛布をご紹介!
  4. 車中泊で快適に過ごせる最新断熱マットやシートをご紹介 !
  5. トヨタが2022年に超小型「シーポッド」を限定販売!シーポッ…
  1. 記事

    トラックコーティングを和歌山で安くきれいに!
  2. 記事

    名前は知っているけど、JAFって何の略?詳しく紹介 
  3. 記事

    ATのキックダウンは危険?誤作動したときの対処法や意味などをご紹介!
  4. 記事

    芸能人がコラボしたオススメカーグッズ2020【男性編】
  5. 記事

    企画から生産と製品を一貫して価値を創り出す豊田合成
PAGE TOP