車のヘッドライトの汚れだけじゃない!コーティングもしてくれるクリーナーとは? 

   
 

仕事などで日々忙しく、車のケアをおろそかにしていると車がひどく汚れている…という経験をした方は多いです。そこでヘッドライトに注目してみると、黄ばんで汚れがひどい状態になっていることに気づきます。

ヘッドライトが黄ばんで汚れていると、光量が少なくなり、車検に通らないという可能性があります。そのようなことは避けたいものです。この記事ではヘッドライトの黄ばみの原因、そしてコーティングもしてくれるクリーナーについて解説していきます。是非参考にしてください。

ヘッドライトの黄ばみの原因とは?

ここでは、ヘッドライトの黄ばみの原因について解説していきます。良い車に乗っていても、黄ばみがあっては台無しです。まずはしっかりと黄ばみの原因を知っていきましょう。

原因① 紫外線

ライトを変色させてしまう一番大きな要因は紫外線による劣化です。ヘッドライトの材質に使われている「ポリカーボネート」は、耐衝撃性や透明性が高い代わりに、紫外線には弱いという性質があります。

駐車場は日差しが当たらない条件が好ましいです。乗っていなくても、日にあたる場所に駐車しているだけでライトは劣化していきます。

時々見受けられるのが、右のライトと左のライトで黄ばみの度合いが違う車です。なぜなら、日差しに照らされる時間が左右で違う環境にあったからです。

原因② 傷

ポリカーボネートは、傷にもそれほど強くありません。ただ、最近のヘッドライトは昔に比べると技術の進歩により、傷に強くなっています。しかし、以前に使われていたガラス素材のライトまでの強度はありません。

特にヘッドライトは、付いている場所がフロントだけに小さな傷が付きやすいです。目に見えない程度の傷でも、積み重なっていくことで大きなダメージを受けてしまいます。

一つ例にとってみると、ガソリンスタンドにある洗車機が挙げられますガソリンスタンドの洗車機なら大丈夫と考える方もいますが、それは違います。汚れを落とすために、かなりの速さでブラシが当たっているので傷がついていくのです。

また。傷口から汚れが入り込み劣化が進み、最終的に黄ばんだ状態になってしまいます。

原因③ 熱

ポリカーボネートは、120~130℃までしか耐えることができません。電球はカバーの裏側にあるため、そこから放出する熱が伝わってきて、ヘッドライトが少しずつ劣化し黄ばんでいきます。

コーティングもしてくれるクリーナーとは?

ヘッドライトクリーナーはヘッドライトをきれいにしてくれる優れものです。ヘッドライトクリーナーは洗浄するだけでなく、表面をコーティングできる種類もあります。ヘッドライトをきれいな状態を保ちやすくなり、汚れが付きにくくなります。

しかし、メンテナンスを怠ると、汚れの原因にもなるので注意が必要です。こまめな洗車を行うことで回避できるので、定期的にきれいにすることを心がけましょう。

シュアラスター ゼロリバイブ

この商品を使用することで、紫外線で黄ばんだヘッドライトの汚れを強力に分解し浮かせ、透明感を復活させます。また、紫外線を反射させることで表面の劣化を防ぎ、紫外線の熱を放出して内部の劣化を防ぎます。紫外線を吸収して劣化反応を抑えるコーティング効果が期待できます。

洗車後、水滴をふき取ってから、付属のマイクロファイバークロスにクリーナーをつけ、ヘッドライトを縦横に磨き、仕上げはクロスのキレイな面で拭くだけの簡単作業です。

なるべく早く黄ばみは取り除こう!

この記事ではヘッドライトの黄ばみの原因とコーティングもしてくれるクリーナーを紹介しました。黄ばみは見た目が悪いことはもちろん、最初に述べたように車検に通らない、といった危険性もあるため放置してはいけません。

普段からヘッドライトの状態に注目し、少しでも異変を感じたらすぐに対処するように心がけていきましょう。

avatar

 

本日のおすすめはこちら


 

メッキクリーナーで愛車に輝きを!おすすめのクリーナーを3選してご紹介!前のページ

車のクリーナーのおすすめはどれ?吸引力など選び方のポイントを解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    岐阜県に個性的なゴルフ場はある?車で行ける場所をご紹介!

    個性的なゴルフ場とは何でしょうか。変わった催しがある、インスタグラム…

  2. 記事

    危険すぎる煽り運転、なぜ起こるのか?

    近年の日本国内における煽り運転に関する摘発件数は1万5000件程度で…

  3. 記事

    赤く燃え上がれ浦和レッドダイヤモンズ!安い本拠地周辺駐車場を紹介!

    埼玉県さいたま市。ここには、プロサッカーチームの浦和レッドダイヤモン…

  4. 記事

    若者の車離れに歯止めがかかるか!?維持費が安い車3選 

    若者の車離れは深刻で2019年の自動車保有率は57.5%と、15年ほ…

  5. 記事

    車のハンドルから異音!?その原因と解決法をお教えします!

    ハンドルから異音が聞こえてきて驚いた経験がある方も多いのではありませ…

  6. 記事

    栃木県でおすすめの貸し切りバス業者を紹介!この業者ならコロナ対策も完璧!

    北関東に位置する栃木県。様々な文化的建物や、美味しいグルメを味わうこ…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 記事

    都民も免許を取ろう!東京で車免許取るのにおすすめな自動車学校3選!
  2. 記事

    ガソリンを安く給油するのにおすすめ!ガソリンスタンドカードを紹介! 
  3. 記事

    車のコーティングの必要性とボディーにぴったりのコーティング剤をご紹介
  4. 記事

    【群馬県】お遍路巡りができるお寺を紹介!恋のパワースポットも 
  5. 記事

    LEDはオプションでは付けられるのに大衆車には標準装備にならないのはなぜ?
PAGE TOP