車のフロントタイヤが八の字になっている理由!やり過ぎに注意するのが大事!

   
 

あなたの乗っている乗用車の前輪は、「八の字」に角度づけがされていないでしょうか?今回はこの、「前輪の角度」について、詳しくご紹介していきます。

キャンバー角度について解説!

自動車の前輪は、基本的にほぼ垂直ですが、車種によっては八の字に設置されています。もちろん、通常の自家用車も少しの角度はつけてありますが、ほぼ肉眼では確認できない程度です。この角度の事を「キャンバー角度」といい、下の方が広がったキャンバー角度を「ネガティブキャンバー」といいます。どうして、キャンバー角度を付けたりするのでしょうか?

キャンバー角度の変更で走行性能はどう変わるのか?

キャンバー角度を付けることによって、通常の垂直状態よりも、カーブ走行時が安定します。どういうことかというと、ものすごいスピードでカーブに差し掛かった車は、遠心力で外側のタイヤに寄り掛かった状態になるでしょう。すると、内側のタイヤは浮き、外側のタイヤに重心がかかることになるので、ネガティブキャンバーにしておいた方が、路面との接地面が多くなり、グリップ力を維持したコーナリングを行うことが出来るのです。

もちろん、一般の乗用車がそのような速度でコーナーに進むことはまずあり得ないので、普通の乗用車は、ほぼ垂直に設置されているのです。ただ、車種によっては多少のキャンバー角度を付けてあります。一度じっくり見て頂くと面白いでしょう。

ドレスアップのためのキャンバー角度もある

もう一つ、キャンバー角度を変える理由があります。それは「車をカッコ良くするため」です。ネガティブキャンバーを強めにしていくと、「鬼キャン」と呼ばれる非常に角度の付いたタイヤに仕上がります。自動車の車体自体も大きくなって、かっこよく見えるのがメリットなのですが、通常走行時もコーナリング時もどちらも路面との接地面が非常に少ない状態になるのでおすすめではありません。

もし鬼キャンをしていても、タイヤのはみだしが車軸中心から前方30度、後方50度の回転部分がフェンダーよりも外側方向に突出していなければ、道路運送車両の保安基準に適合とみなされ、タイヤのはみだしに関しては指導を受けることはないでしょう。しかし、危険なことには変わりないのです。

CarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使うと、キャンバー角度を保ったままカッコいい車になる

というわけで、今回は自動車の前輪がどうして八の字になっているのか?ということについて詳しくご紹介してきました。走行性能重視と見た目重視の2パターンがあるようです。

もし、あなたが今の愛車を正常なキャンバー角度で、よりカッコ良くしたいと考えるのであればCarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使う事がおすすめです。こちらの商品はアマゾンの新商品ランキングで1位になった事もある大人気商品になります。簡単に商品の特徴を見ていきましょう。

・プロが実際に工場で使っているコーティング剤と同じ成分なので、プロ並みのガラスコーティングを得ることが出来る

・下地処理からコーティングまでに必要な道具が全てパッケージ化されているので、商品が届いたその日から施工を行うことが出来る

・初心者でも簡単な4つの工程をこなすだけでムラの無いきれいなコーティングを実装できる

・専門の業者に依頼すると10万円はかかる費用が、たったの3,980円で済んでしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。私も、愛車のコーティングにはこの商品を使っていますが、本当に強固なコーティングが出来るので非常に気に入っています。あなたも、愛車のカスタマイズをする際に、試してみられてはいかがでしょうか?

avatar
何気なく乗っている車にも運転しやすい技術が施されています!

他にはどんなものがあるのか調べてみてください!

ベントレーのエムブレムには赤と黒のタイプが存在!どう違うのか徹底解説いたします!前のページ

車内を清潔に綺麗に維持する方法をご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    TOYOTA(トヨタ)のカーナビの注目機能とおすすめ2020年春夏モデルをご紹介!

    トヨタ車のカーナビを購入しようとしている方も多いでしょう。でもトヨタ…

  2. 記事

    鳥取県のラーメン屋を車で回ろう 鳥取名物牛骨ラーメンのおすすめ店を3つご紹介

      ドライブはお好きでしょうか。 ドライブの際は、ご…

  3. 記事

    新潟県には大漁を狙える釣りスポットあり!車で遊びに行こっ!

    新潟県には大漁を狙える魅力的な釣りスポットがあります。家族で楽しむこ…

  4. 記事

    子どもが運転するなどのいたずらを防止するために有効なグッズを徹底調査しました!

    小さい子供というのは、本当に落ち着きが無くて、毎日大騒ぎです。それは…

  5. 記事

    助手席やリアシートのスペースを改造して車を有効活用したいが、交通法規として認めらるのか? 

    引っ越しするときや大荷物を車に積みこむ時、リアシートが簡単に取り外し…

  6. 記事

    青森県の貸し切りバス業者を紹介!コロナ対策も万全です!

    青森県と言えば、雄大な十和田湖や大間のマグロなどのグルメを堪能するこ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    トヨタでおすすめな車種を徹底解説!~2020年度版
  2. 記事

    雨染みをつきにくくする方法を知っておこう!
  3. 記事

    本当に見えてしまってもいいのですか?…クルマで行く福島県の心霊スポット3選
  4. 未分類

    最近ディーラー施工で使われているホイールコーティング剤がCarZoot製が多い理…
  5. 記事

    熊本県でとても大切な愛車のウィンドウコーティングおすすめのショップ3選
PAGE TOP