車のバッテリー上がりの原因は?対処法や寿命など徹底解説!

   
 

車のバッテリー上がりの具体的な原因とは何なのでしょうか?原因が分かれば、適切な対処方も分かります。

当記事ではバッテリー上がりの原因とその対処法を明らかにします。バッテリー上がりの経験がある方、バッテリーが劣化しているとの指摘を受けたことがある方は必見です。

車のバッテリー上がりの原因6選!

バッテリーあがりの原因を6つ集めてみました。一つずつ確認してみましょう。

バッテリーの寿命がきている

バッテリーは永遠に充電し続けられるわけではありません。寿命は2年から5年程度とされており、使い方によっては1年程度から徐々に受電できる量が少なくなり、バッテリー上がりが発生しやすくなります。

寿命の判断材料としては、エンジンを指導させる時のスターターモーターがあります。寿命が近づくと回転が弱くなるので、エンジンの掛かりが悪くなってきたら要注意です。またバッテリー本体が膨らみ始めているのも寿命の症状のひとつなので、定期的に確認しましょう。

車の利用頻度が少ない

バッテリーへの充電には、30分以上の走行が必要とされています。もちろん、毎回30分以上走行する必要はありません。しかし毎回のようにちょい乗りだけであると蓄電量より放電量が多くなり、バッテリー上がりが発生しやすくなります。

対処法としては、1回あたりの走行距離を少しでも長くすることです。週に1回でも良いので、1時間程度のドライブをおすすめします。

ライトがつけっぱなしである

エンジンが停止した状態でもライトは付けられます。しかしエンジンを停止したままライトを付けると発電されない状態で電気を使うことになるので、バッテリーの電気を多く消費するのです。ヘッドライトはもちろんですが、室内灯などでも電気を消費するので注意してください。

対処法としては、降りる前にライトをそれぞれ確認することしかありません。特に昼間はライトに気づきにくいので、注意してください。

半ドアである

半ドアのままで車を放置すると、室内灯などがついたままとなりバッテリーを消費させてしまいます。

降りる時に、各ドアがしっかりと閉まっているかを必ず確認してください。半ドアであると鍵がかけられないはずなので、家の敷地に車を駐車させている場合も鍵をかける癖をつけましょう。

エアコンを過度に利用している

エアコンの利用は特に問題ありません。走行中であれば、発電されているのでエアコンを使っていても、特にバッテリーに負担はかけません。しかし停車中に長時間に渡りエアコンを使いすぎると、大量の電力を消費する恐れもあるので要注意です。

対処法としては、エアコンの風量を下げるのがおすすめです。ファンを回すことにかなりの電気を使うので、風量を弱めるだけでもバッテリーの消費は抑えられます。

バッテリー液が減っている

バッテリーの中にはバッテリー液が入っています。規定の容量入っている場合は問題ありません。しかしバッテリー液は使用していくごとに蒸発するので減ってしまい、内部の極板を露出させます。内部の極板が露出すると、バッテリーの劣化が進み充電機能が弱ることでバッテリー上がりを招くのです。

定期的にバッテリー液の容量を確認することが大事です。減っている場合には補充してください。ちなみに車を整備工場などで定期的に点検してもらっている場合は心配ありません。バッテリー液も確認されているはずであり、減っている場合は補充しているはずです。

バッテリーが上がった時はどうしたら良いの?

実際にバッテリーがあがった時の具体的な対処法をお教えします。

他車に救護してもらう

いわゆるジャンピングスタートを実施しましょう。もう一台の車と運転手が必要であり、ブースターケーブルでバッテリー同士をつなげば、バッテリーが一時的に回復します。もう片方の車から電気を供給してもらうことで、走行できるようになるのです。

ジャンプスターターを利用する

ジャンプスターターと呼ばれる器具を利用すれば、他車に救護して貰う必要はありません。ケーブルをバッテリーにつなぎ、あとはジャンプスターターに電源を入れてエンジンをスタートさせるだけです。

まとめ

バッテリー上がりの原因と対処法を紹介しました。

バッテリー上がりには様々な原因があるため、日頃の車との付き合い方が重要です。特に短時間しか乗っていない方はバッテリーが劣化しやすいため注意してください。矛盾するようにも聞こえるかもしれませんが、車は乗らなければ劣化します

バッテリー上がりが発生しても焦る必要はありません。他者に救護してもらう方法やJAFなどを呼んでジャンプスターターで解決する方法もあります。数千円で手に入るものもあるので、心配な方はジャンプスターターを購入しましょう。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

車内も安全!お子様を守るグッズを紹介!前のページ

車のバッテリーマークが点灯したら修理が必要かも?原因と対策を解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    417.どれを選べばよいか分からない人必見!おすすめのアルミモールクリーナー

    アルミモールに白いシミができ、こすっても落ちない、とお悩みの方は多い…

  2. 記事

    トラブルの時に備えて車に積んでおきたい工具7+2選!

    「ドライブの途中なのに車がおかしい・・ひょっとして故障した!?」とい…

  3. 記事

    プロがオススメするヘッドライトコーティング剤3選

    ヘッドライト表面が黄ばんだり汚れたままだと、夜間走行時のヘッドライト…

  4. 記事

    埼玉県でスピーディーに高品質のカーポートを設置するならこの業者!

    カーポートを設置することで、愛車を保護することができます。新車の段階…

  5. 記事

    車のタバコ臭を消したい方必見!タバコ臭対策を伝授!

    タバコの臭いは車に染み付きやすいので、悩む方が多いです。車に染み付い…

  6. 記事

    車の警告灯の意味をご紹介!オイルランプやブレーキマークの意味!

    運転中に、突然見た経験のない警告灯を確認した際に、その車を動かして良…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    【コロナ対策】自動車の中から音声で決済できるシステム「セレンスPay」を紹介!
  2. 記事

    ホイールの塗装を剥がすには?おすすめの方法3選!
  3. デザイナーA

    都会のど真ん中東京でトラックが洗車できる洗車場を紹介!
  4. 記事

    雪道を運転する方必見!スリップした時の対処法を紹介!
  5. 記事

    三重県で車が必要なカフェをご紹介! 
PAGE TOP