車のバッテリーを処分する方法は?無料で処分も可能?

   
 

車のバッテリー交換をした場合、交換後のバッテリーはどう処分したらよいのでしょうか?自分でバッテリー交換をしてみたけれど、使用済みのバッテリーの処分方法に困ることがあります。具体的にどのように処分したらよいのか、処分方法をご紹介していきます。

バッテリーは処分しにくい!

車のバッテリーは特殊ゴミという区分になるため、自治体でゴミとして処分することができません。知らずに不燃ごみとして出してしまうと、不法投棄となってしまうリスクもありますので、注意しましょう。またバッテリーを分解したとしても、成分が有害物質であることは変わりませんので、自治体では処分できません。また、分解するとバッテリーの中の希硫酸などで火傷を折ってしまう可能性もあります。絶対に自分でバッテリーの分解をするのは止めましょう。

バッテリーの処分方法

①バッテリーを購入した店舗に引き取ってもらう。

カー用品店などの店舗でバッテリーを購入した場合は、不要になったバッテリーを無料で引き取ってくれることが多いです。購入した時に聞いておくか、店舗に電話などで確認してみると良いでしょう。インターネットで購入した場合も、回収をしてくれる場合もあります。購入したサイトなどで確認してみましょう。

➁不用品回収業者に頼む

不用品回収業者に依頼する場合は有料のところが多く、バッテリーを回収・廃棄する相場費用は500〜1,000円前後と言われています。また業者によっては、出張費として別途金額を請求される場合があるので、事前に確認して置くと良いでしょう。また、無料で引き取ってくれるところもありますが、近年、悪徳業者の報告があり、不法投棄や高額請求のトラブルも発生していますので、信頼できる業者なのかを事前に確認することが大切です。

インターネットで処分を依頼することもできる

インターネットでは、配送での回収もあります。送料のみ自己負担になりますが、業者に送ると処分代0円で処分してくれます。費用も送料500円~と比較的安いものからあるので、ぜひ検索してみることをおすすめします。

インターネット通販は、自分購入することで費用を抑えられるのが最大のメリットなので、インターネットでかしこくバッテリーを探しましょう。

おすすめバッテリーをご紹介!

インターネットで購入できるバッテリーで、口コミの評価が高いバッテリーをリサーチしてみました。バッテリー選びのご参考にしてみて下さい。

①ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 90D23L

ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 90D23L

[5時間率容量] 56(Ah)

[重量]約17.0kg

[価格]¥7,600

性能と価格のバランスが良く、優れた始動性と振動耐久性で寿命も長い優秀なバッテリーです。重量は重めになりますが、容量でのコスパの良さは◎です。大容量バッテリーをリーズナブルに購入したいという方におすすめです。

➁Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-100D23L/C7

Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-100D23L/C7

[5時間率容量] 58(Ah)

[重量]約15.6kg

[価格]¥12,014

容量が大きく、重量が軽いのが特徴です。また有名メーカーの信頼感もあるバッテリーです。価格は高めですが、重量の軽さが抑えられているので、ボンネット搭載の場合に、ハンドリングが良くなる可能性もあります。品質の良いものを探しているという方におすすめのバッテリーです。

バッテリー処分は事前準備が大切!

バッテリーの処分は、バッテリーを購入するときから準備しておくことが大切です。後から処分すると面倒な手続きが増えてしまう可能性があるので、事前に確認してからバッテリーを購入しましょう。ご紹介した内容を、ぜひご参考にしてみてください!

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

新車にもおすすめ!おしゃれな女性にぴったりの人気カー用品3選!前のページ

車の廃バッテリーを回収する方法とは?無料で回収は可能?次のページ

関連記事

  1. 記事

    トヨタ初の前輪駆動車!ターセルの特徴および中古車価格を徹底解説!

    トヨタ初の前輪駆動車として広く知られているのがターセルです。気に入っ…

  2. 記事

    パキスタンの交通をテーマにした遊園地や公園を紹介 2021年最新版

    南アジアに位置するパキスタンは、日本の約2倍の面積を持っている共和制…

  3. 記事

    ルノーが新型カジャーを発表!日産キャッシュカイのルノー版?日本にも導入されるのか?

    ルノーは新型カジャーの最新情報を公開しました。まだまだ謎だらけの新型…

  4. 記事

    福岡県に興味がある方必見!!福岡の魅力や車関連のイベントを紹介!!

    「福岡県に興味があるからいつか行ってみたい。」このように思っている方…

  5. 記事

    おすすめのホイールコーティング剤とは?ブレーキダストが発生する理由について

    気が付けば愛車のホイールが泥や黒ずみで汚れていたという経…

  6. 記事

    鹿児島県で2021年のトレンドになりそうな道の駅をご紹介!絶対におすすめのスポットばかり!

    九州の最南端の鹿児島県には、桜島などの観光名所も盛りだくさんです。そ…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    電動オープンカーの開閉トラブル、故障した時の対処法。
  2. 記事

    鳥取県で鬼滅の刃のカフェや、グッズを買えるお店はあるのかご紹介!
  3. 記事

    自動車業界が低迷する中日本製鋼所が大幅増益!EV 普及を見越して
  4. 記事

    治安がいい?バミューダの交通情報を紹介【2021年最新版】
  5. 記事

    岡山県でインスタ映えする植物園をご紹介します
PAGE TOP