車のバッテリーの規格や種類は?サイズなど寸法の見方を解説!

   
 

いざ車に乗ろうとしたら「あれ?エンジンがかからない!」なんていう事態に陥った事はありませんか?よくあるパターンが、バッテリーの劣化によるバッテリー上がり。そんなことにならないように事前にきちんと合ったバッテリーに交換しておくべきでしょう。そこで今回は誰でも分かるバッテリーの選び方について、簡単にご紹介していきます。

車のバッテリーはどうして劣化するのか?

そもそも、車のバッテリーはどうして劣化していくのでしょうか?車のバッテリーは、様々な要因で劣化をしていきます。もちろん、普通に乗っているだけでも4~5年程度で寿命はやってくるでしょう。

バッテリーが急激に劣化する原因としては、エアコンの使用頻度が高い、ワイパーの使用頻度が高い、車のエンジンをあまりかけない、などの理由があります。また、定期的なオイル交換をきちんとしておくことや、バッテリーのメンテナンスをしておくことでも、バッテリーの寿命は変わってくるのです。

車のバッテリーの規格や種類はどうやって見ればいいのか?

それでは、劣化してしまったバッテリーを交換する際、どのようにしてサイズや規格などを見て行けばいいのでしょうか?まず大前提として、バッテリーは「JIS規格」というものを通っているものを選びましょう。JIS規格の付いているバッテリーには「40 B 19 L」というような記号が振ってあるはずです。

実はその記号に全てのバッテリーの規格が書いてあります。「40 = バッテリーの性能このと」「B = バッテリーのサイズのこと」「19 = バッテリーの高さのこと」「L = バッテリーについている端子の場所のこと」。

このように、バッテリーに記載のJIS規格を見るだけで、どんなバッテリーを買えばいいのかがよくわかります。

ちなみにおすすめなのは性能が純正の物よりも多少いいバッテリーを選ぶことです。例えば「40」のバッテリーであれば、「42程度」の性能のバッテリーを選んでおけば、長い目で見た時にお得になります。

ただし、バッテリーのサイズや端子の位置がきちんと同じ物を選んでおかなければ、規格が合わないので使えなくなりますから、ご注意ください。

車のバッテリーに負担をかけない使い方をしよう!

それでも、せっかく交換したバッテリーはなるべく長く使いたいでしょう。そうした時におすすめの方法があります。それは、ワイパーの使用頻度を減らしていくことです。さらに、ワイパーの使用頻度を減らすためにおすすめの商品をご紹介するので、ご参考くださいませ。

CarZoot社の油膜 ウロコ 水アカ 除去 ウィンドウケア ガラスクリーナーでワイパーの使用頻度を減らそう!

今回私がおすすめするのは、CarZoot社の油膜 ウロコ 水アカ 除去 ウィンドウケア ガラスクリーナーです。こちらの商品は、アマゾンの新商品ランキングでも1位を獲得したことのある、大人気商品になります。それでは、この商品の特徴を簡単にまとめましたのでご参考ください。

・プロが実際に工場で使っているガラスクリーナーと同じ成分なので、プロ並みの仕上がりになる

・実際の施工に必要な道具が全てパッケージ化されているので、届いたその日から施工をすることが可能

・初心者でもムラなく綺麗に仕上げることが出来るよう、簡単ステップでのやり方

・たったの1,980円でプロ並みの仕上がりを実現する

というように素晴らしい内容の商品になります。こちらの商品を使ってクリーニングし、コーティングをしただけで、見違えるほど雨をはじきます。つまり、ほとんどワイパーを使わずとも走行可能なのです!

実際に私の愛車にも施工していますが、ほぼノンワイパーで走っています。その分バッテリーにも負担が減り、長持ちできているのでしょう。あなたの愛車にも是非おすすめです!

車のバッテリー上がりの原因は?要注意症状と防止方法について解説前のページ

車のバッテリー電圧の正常値はどれくらい?充電方法なども解説次のページ

関連記事

  1. 未分類

    DIYでヘッドライトの黄ばみをクリア!ホームセンターで買える物だけでヘッドライトを復活させます!

    愛車のヘッドライトは、使用年数が長ければ長いほど、劣化してしまいます…

  2. 記事

    おすすめのホイールコーティング剤

    皆さんが所有している自動車には様々なホイールコーティング剤があり、ど…

  3. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーはこれだ!

    あなたの愛車の窓枠には、どんな素材が使われているかご存知ですか?国産…

  4. 未分類

    Keeperラボのヘッドライトコーティングについて調べてみた

    皆さんは車のヘッドライトのお手入れとかしていますか?洗車の時に洗う程…

  5. 記事

    若者に低価格で乗りやすい、軽自動車におすすめの車を3選ご紹介!

    最近では各地で交通の利便性も良くなったこともあり、若者の車離れが進ん…

  6. 記事

    車中泊におすすめ「ここひえ」のスペックなどを徹底解説!

    アウトドアといえばテントで寝ることが一般的です。しかし、ここ数年では…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    プーリで国内トップ!自動車用部品メーカーのカネミツについて詳しく解説!
  2. 記事

    【静岡県】2021年も桜満開!ドライブがてらに出かけてみよう!
  3. 記事

    トランスミッションメーカーGMB株式会社の特徴や今後を解説!
  4. 記事

    2021年5Gは物流の世界へ!注目本「物流DXネットワーク」をご紹介!
  5. 記事

    360度の角度を撮影することが可能!ドライブワールドのドライブレコーダーをご紹介…
PAGE TOP