車のバッテリーの外し方や付け方を解説!端子からの交換方法も!

   
 

車の部品で一番最初に状態がおかしくなったのはバッテリーではありませんか?そもそもバッテリーは消耗品であり、2年から3年で寿命が来てしまうこともあります。

不具合が出たら交換が必要になりますが、ここで気になるのが着脱の方法です。

今回は、車のバッテリーの着脱の仕方や端子からも取り替える方法についてご紹介します。

バッテリーの交換タイミングは?

 バッテリーには寿命があるため、定期的に交換しなければなりません。

ただし寿命は一律ではなく、車との付き合い方によっても大きく異なります。バッテリーに負担をかける乗り方をすれば短くなりますし、バッテリーに優しい乗り方をすれば伸びるものです。

一般的に短距離ばかりだと充電より放電が多くなり、バッテリーがあがりやすいので寿命が短くなります。伸ばしたいのであれば、1回あたりの運転時間をなるべく30分以上にしましょう。週に1回でも良いので、60分以上のドライブをするのもおすすめです。

ちなみに、市場に流通しているほとんどのバッテリーは、期限が2年から5年ほどに設定されています。

寿命が来たな、と思ったら、いよいよバッテリーの交換作業に入ります。どのような外し方をして、どのような付け方をすればよいのでしょうか?

バッテリーの外し方

運転直後にバッテリーを外すのはNGです。感電する恐れがあるため、少し時間をおいてから取り外し作業に入りましょう。時間としては、エンジンを切ってから30分から60分後くらいが目安です。もちろん1日後や2日後でも構いません。

作業に必要な以下の道具も準備しておきましょう。

  • スパナ
  • ゴム手袋
  • 保護メガネ

作業の際にはスパナ、手や目を守るために必要なゴム手袋や保護メガネもあると安全性が格段にアップします。

バッテリーを取り外す時に、最重要になるのが端子の取り扱いです。ご存知のようにバッテリーにはプラス端子とマイナス端子があります。どちらから外したら良いのかわからない、という方もいるのではありませんか?

必ずマイナス端子から外して、次にプラス端子から外しましょう。逆に行うと、ショートを起こして感電するなどの事故に発展する恐れもあります。

両方の端子が取り外しできたら、車体からバッテリーを取り出してください。以上でバッテリーの車体からの取り外しは完了です。

バッテリーの付け方

新品のバッテリーを動かないように装着し、ケーブルとバッテリー端子を接続させます。

外す時とは逆で、必ずプラス端子から接続してください。

接続させたら、ナットが緩まないように適度な力で締めます。閉めすぎるとバッテリーの容器に圧力がかかり、割れる恐れがあるので要注意です。

以上で、バッテリーの交換は終了です。

文章だけで見ると意外と簡単なようにも感じるかもしれませんが、ナットがなかなか緩まなかったり手間がかかることも少なくありません。大事な車のことなので、慎重に決して油断せず、細心の注意をはらいましょう。

バッテリー端子の交換方法は?

バッテリー自体には問題がなく、バッテリー端子のみに問題があることもあります。具体的には、バッテリーターミナルに緩みがあるなどのケースが該当します。バッテリー端子のみを交換することも可能なので、簡単に解説します。

まずはバッテリーからバッテリーターミナルを取り外します。今回も必ずマイナス端子から取り外してください。次に、ワイヤーカッターなどを利用し配線を切断してください。

切断した配線の皮膜をニッパーなどで切り、内部の金属線が出てくるようにしてください。出てきた金属線を新しいバッテリーターミナルに装着し、その上でバッテリーに繋ぎます。この時もプラス端子からバッテリーに装着しましょう。

まとめ

車のバッテリーの着脱の仕方、端子から取り替える方法について紹介しました。

車のバッテリーの取り替え作業は事前知識が必要です。プラス端子とマイナス端子の着脱の順番を知らないまま作業するのは危険です。

分からない時は専門家に取付作業を依頼しましょう。コストがかかるかもしれませんが、安全には代えられません。ちなみにカー用品店でバッテリーを購入した場合にその店舗で取付を依頼すると、安く工事をしてくれたり無料で対応してくれることもあります。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

車のバッテリーマークが点灯したら修理が必要かも?原因と対策を解説!前のページ

車のバッテリーが上がった後は?緊急の対処法を2選してご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛媛県でおすすめ!カーシェアリング業者を2選紹介!

    自宅に自動車を持っていない、普段は乗らないけれど自動車の免許は持って…

  2. 記事

    かわいいカー用品を通販で買うなら?売れ筋アイテムもご紹介!

    最近では様々なデザインのカー用品が販売されており、特に女性に向けたか…

  3. デザイナーA

    車のバッテリーを処分する方法は?無料で処分も可能?

    車のバッテリー交換をした場合、交換後のバッテリーはどう処分したらよい…

  4. 記事

    倒れないゴミ箱はどれ?おしゃれと人気のカー用品をご紹介!

    現在、車用のゴミ箱はさまざまなものが売られています。車内にゴミ箱を設…

  5. 未分類

    スーパーカーにおすすめのホイールコーティング剤2選!

    スーパーカーをお持ちの方であれば車体を常に綺麗に保つことは、もはや当…

  6. 記事

    埼玉県で車のガラスコーティングをするなら?おすすめの業者3選!

    皆さんはしっかりと車のガラスコーティングを行っていますでしょうか。車…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    フロントガラスのひび割れのリペアにおすすめ商品を3選紹介!
  2. 記事

    気品あふれるスポーツブランド。男性に人気のエレッセサングラスとは?
  3. 記事

    洗車の頻度は1週間?季節によってはもっとこまめにすべき
  4. 記事

    岐阜県には免許センターが多数!運転免許関連の手続きは免許センターがおすすめ!
  5. 記事

    レクサスのUX250hがアートカーデザインコンペティションで最優秀作品に入選!そ…
PAGE TOP