車のバッテリーのアンペアとボルトの違いを解説!メーカーによっても違う?

   
 

車のバッテリーは2年から3年ほどで交換するのが望ましいとされています。しかし、車の性能とあっていなかったりバッテリーそのもののパワーが弱いと、短期間で交換しなければならない状況も考えられます。

車にマッチしたバッテリーに交換したいのでアンペアやボルトを知りたい、という方も多いのではありませんか?

 当記事では、車のバッテリーのアンペアとボルトの違いについて徹底解説します。バッテリーの寿命を向上させる方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

バッテリーのアンペアとボルトの違いとは?

簡単に説明すると、バッテリーにおけるボルトはバッテリーそのものの能力のことを指します。一方のアンペアとは配線先に提供できる電流のことです。

アンペアとは電流の単位のことであり、ボルトは電圧の単位のことを指します。車のバッテリーにおける電圧に関しては12ボルトであることが一般的です。アンペアに関しては、接続している線によって異なります。一般的に太い線は多くの電流が流れ、細い線の電流は少なめです。

日本におけるバッテリーの形式(JIS形式)は、「55B24R」などと表記されます。この中にボルトを表示するものはなく、バッテリーの容量を表しているものでもありません。

  • 55・・・性能ランク
  • B・・・バッテリーの側面のサイズ
  • 24・・・バッテリーの長さ
  • R・・・+端子、マイナス端子の極性位置

形式表記で注目してほしいのが、性能ランクです。性能ランクの数字が高くなればなるほどバッテリーの性能は良くなります。性能ランクに関わっているのはアンペアであり、日本では5時間率で表記されます。5時間率とは、そのアンペアの電流を5時間流せる、という意味です。

たとえば、55の性能ランクであれば5時間で割ると11になるので、11アンペアを5時間に渡って流せる、という意味になります。より多くの電装品を取り付けている車であれば、当然多くの電流が必要になるため、性能ランクの高いバッテリーを選ぶべきです。

バッテリーのメーカーによる違いとは?

メーカーによる大きな違いはありません。性能に関しては性能ランクなどを確認すれば、適切なバッテリーを選べるはずです。

注意して欲しいのが、サイズです。メーカーによって対応しているサイズに違いがあるので、現状で使っているバッテリーのサイズを確認した上で、どのメーカーのものを購入するか判断してください。

バッテリーのサイズは、バッテリーの側面のサイズ(BやDなどのアルファベットで表記)とバッテリーの長さ(19や20、31などと表記)で確認できます。

バッテリーの寿命を向上させる方法


車にマッチしたバッテリーを選んだとしても、車との付き合い方によっては短期間で寿命が来てしまいます。こちらでは、バッテリーの寿命を向上させる方法を3つにまとめてみました。バッテリーの交換頻度を少しでも減らしたい方は必見です。

定期的に走行する

1ヶ月に1回や2ヶ月に1回しか走行しないとなると、バッテリーに電気がほとんどたまりません。バッテリーの電気が自然放電してなくなることも考えられるため、走行不能に陥る可能性もあります。

仮に2ヶ月以上乗らないことが前もってわかっている場合には、マイナス端子を外しておきましょう。マイナス端子を前もって外しておくことで、バッテリーから自然放電が起きにくくなります。ただし、マイナス端子を外すと車の時計などがリセットされてしまうので注意してください。

エンジン停止中に電力を使用しない

走行しているとバッテリーに充電される仕組みになるわけですが、エンジン停止中にカーオーディオやエアコン、ライトなどをつけっぱなしにすると電力の供給はない状態で電気を消費することになります。エンジン停止中には、なるべく電力を使用せずバッテリーの消耗を避けましょう。

アイドリング中もエンジンが動いているので、バッテリーは充電されます。しかし充電量には限りがあるため、ライトを付けていたりエアコンを使用していたりカーナビを使用していたりすると、電力の消費量のほうが多くなります。アイドリング中の発電量は少なめなので、エンジンを付けているからといって様々な車載機器を使用するのは避けましょう。

消費電力の高い電装品をつけたらバッテリー容量を増やす

車の改造が好きな方であれば、様々な電装品を取り付けているでしょう。特にライトを多数付けているなど、電力の消費量が高い電装品を利用している方はバッテリーが消耗しやすいので注意してください。

消費電力が高い電装品をつけたら、バッテリー容量を増やしましょう。つまり高いアンペアを供給できる性能ランクの高いバッテリーに交換するのがおすすめです。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

車のバッテリーの選び方のポイントは?規格やサイズなど解説!前のページ

V・ファーレン長崎本拠地近辺でおすすめの駐車場を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ヘッドライトの黄ばみを家庭用品で磨いてみた

    自動車にはヘッドライトが黄ばんでいることにお悩みを持っている方は多い…

  2. 記事

    スヌーピー好きの彼女に贈りたい!かわいいカー用品6選をご紹介

    老若男女を問わずで人気のあるスヌーピー。そんなスヌーピーが大好きな彼…

  3. 記事

    シーズン到来!使い勝手のよい機能的なキャンピングカー5選!

    夏が到来すると、いよいよ待ちに待ったキャンプ!そんな時に広々とした快…

  4. 記事

    【徹底解説】引っ越しにおすすめ佐賀県のレンターカーショップを2選紹介!

    引越しが決まった、さてどうやって引っ越そうかな…。この記事を読んでい…

  5. 記事

    【電気自動車を購入する人必見!】EVを買う前に知っておきたい15の情報

    EV最近電気自動車のことをよく聞くけどあんまりよく知らないなぁ …

  6. 未分類

    ホイールコーティングはどうして自分でした方がいいのか

    自動車をお持ちの皆様はホイールのお手入れはどのようにされているでしょ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    茨城県でGOTOトラベルキャンペーンを使って泊まるオススメの宿を徹底解説!
  2. 記事

    広島のドライバーにオススメ!トラックの洗車場を紹介! 
  3. 未分類

    アルミモールクリーニングを行う上でのおすすめの3選
  4. 記事

    徳島県でオススメの運転代行3選!
  5. 記事

    免許取り消し…再取得の方法とその費用や期間等を徹底解説
PAGE TOP