車のバッテリーのアンペアとボルトの違いを解説!メーカーによっても違う?

   
 

車のバッテリーは2年から3年ほどで交換するのが望ましいとされています。しかし、車の性能とあっていなかったりバッテリーそのもののパワーが弱いと、短期間で交換しなければならない状況も考えられます。

車にマッチしたバッテリーに交換したいのでアンペアやボルトを知りたい、という方も多いのではありませんか?

 当記事では、車のバッテリーのアンペアとボルトの違いについて徹底解説します。バッテリーの寿命を向上させる方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

バッテリーのアンペアとボルトの違いとは?

簡単に説明すると、バッテリーにおけるボルトはバッテリーそのものの能力のことを指します。一方のアンペアとは配線先に提供できる電流のことです。

アンペアとは電流の単位のことであり、ボルトは電圧の単位のことを指します。車のバッテリーにおける電圧に関しては12ボルトであることが一般的です。アンペアに関しては、接続している線によって異なります。一般的に太い線は多くの電流が流れ、細い線の電流は少なめです。

日本におけるバッテリーの形式(JIS形式)は、「55B24R」などと表記されます。この中にボルトを表示するものはなく、バッテリーの容量を表しているものでもありません。

  • 55・・・性能ランク
  • B・・・バッテリーの側面のサイズ
  • 24・・・バッテリーの長さ
  • R・・・+端子、マイナス端子の極性位置

形式表記で注目してほしいのが、性能ランクです。性能ランクの数字が高くなればなるほどバッテリーの性能は良くなります。性能ランクに関わっているのはアンペアであり、日本では5時間率で表記されます。5時間率とは、そのアンペアの電流を5時間流せる、という意味です。

たとえば、55の性能ランクであれば5時間で割ると11になるので、11アンペアを5時間に渡って流せる、という意味になります。より多くの電装品を取り付けている車であれば、当然多くの電流が必要になるため、性能ランクの高いバッテリーを選ぶべきです。

バッテリーのメーカーによる違いとは?

メーカーによる大きな違いはありません。性能に関しては性能ランクなどを確認すれば、適切なバッテリーを選べるはずです。

注意して欲しいのが、サイズです。メーカーによって対応しているサイズに違いがあるので、現状で使っているバッテリーのサイズを確認した上で、どのメーカーのものを購入するか判断してください。

バッテリーのサイズは、バッテリーの側面のサイズ(BやDなどのアルファベットで表記)とバッテリーの長さ(19や20、31などと表記)で確認できます。

バッテリーの寿命を向上させる方法


車にマッチしたバッテリーを選んだとしても、車との付き合い方によっては短期間で寿命が来てしまいます。こちらでは、バッテリーの寿命を向上させる方法を3つにまとめてみました。バッテリーの交換頻度を少しでも減らしたい方は必見です。

定期的に走行する

1ヶ月に1回や2ヶ月に1回しか走行しないとなると、バッテリーに電気がほとんどたまりません。バッテリーの電気が自然放電してなくなることも考えられるため、走行不能に陥る可能性もあります。

仮に2ヶ月以上乗らないことが前もってわかっている場合には、マイナス端子を外しておきましょう。マイナス端子を前もって外しておくことで、バッテリーから自然放電が起きにくくなります。ただし、マイナス端子を外すと車の時計などがリセットされてしまうので注意してください。

エンジン停止中に電力を使用しない

走行しているとバッテリーに充電される仕組みになるわけですが、エンジン停止中にカーオーディオやエアコン、ライトなどをつけっぱなしにすると電力の供給はない状態で電気を消費することになります。エンジン停止中には、なるべく電力を使用せずバッテリーの消耗を避けましょう。

アイドリング中もエンジンが動いているので、バッテリーは充電されます。しかし充電量には限りがあるため、ライトを付けていたりエアコンを使用していたりカーナビを使用していたりすると、電力の消費量のほうが多くなります。アイドリング中の発電量は少なめなので、エンジンを付けているからといって様々な車載機器を使用するのは避けましょう。

消費電力の高い電装品をつけたらバッテリー容量を増やす

車の改造が好きな方であれば、様々な電装品を取り付けているでしょう。特にライトを多数付けているなど、電力の消費量が高い電装品を利用している方はバッテリーが消耗しやすいので注意してください。

消費電力が高い電装品をつけたら、バッテリー容量を増やしましょう。つまり高いアンペアを供給できる性能ランクの高いバッテリーに交換するのがおすすめです。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

車のバッテリーの選び方のポイントは?規格やサイズなど解説!前のページ

V・ファーレン長崎本拠地近辺でおすすめの駐車場を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ヘッドライトコーティングはどうして自分でした方が良いのか?

    新車で買った時は、きれいなクリアカラーだったのに、気が付…

  2. 未分類

    なぜ欧州車のアルミモールに白サビがついてしまうのか?

    自動車好きの憧れといえば、なんと言っても欧州車ではないでしょうか。ベ…

  3. 記事

    初心者でも簡単にできるカーステレオの配線方法!

    カーステレオを車に取り付けたい!でも配線方法がわからない。と困ってい…

  4. 未分類

    車好きにプレゼントして喜ばれるカー用品3選

    あなたの周りには車好きはいますか?もしいるとすれば、その車好きの人の…

  5. 未分類

    絶対に使いたいアルミモールコーティング剤は?

    車の窓枠に真っ白いカビのようなものが生えていませんか?特に欧州車に多…

  6. 記事

    車のバッテリーのAhとWhの違いは?意味や違いを解説!

    愛車に乗り続けていれば、バッテリーの交換は必要になります。しかし、バ…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. デザイナーB

    走行税って何?国会で審議中の概要!
  2. 記事

    トラックの入出庫の搬送の無人自動化を実現|ZMPとシーイーシーがサービスの共同開…
  3. 記事

    富山県タイヤ交換にクオリティを求めるならこのお店!
  4. 記事

    【イギリス車のほこり】2021年レンジローバースポーツ限定受注
  5. 記事

    プジョーの2021年新型ランドトレックが中東アフリカ市場で投入された!新型モデル…
PAGE TOP