車のナンバープレート、曲げたら違法になるの?

   
 

私たちが日常生活を送っていれば、当たり前のように街中で見かける自動車。
今や自動車とは、生活にとって欠かせないものとなりつつあります。かっこいいスタイリッシュな車や、可愛らしいコンパクトカーなど、沢山の車種があることをあなたもご存じかと思います。

それらを自分のものにしたとしたら、ちょっとくらいはかっこいい飾りつけでもしたいなと思うのが心情というもの。

手始めにナンバープレートでも折り曲げて、ちょっとだけ他の人の車と差をつけてみようかな?実はこれ、絶対にやってはいけないNG行為です。今回は自動車のナンバープレートについて説明します。

ナンバープレートって折り曲げたらだめなの?

結論から先に言うと、ナンバープレートは絶対に折り曲げてはいけません。そもそもナンバープレートが何の為に自動車に備え付けられているのかというと、事故や犯罪が起こってしまった時に素早く対応するためなんです。

いざという時にナンバーがわからないので警察が対応できない。といったことになってしまったら困ってしまいます。ですので、道路運送車両法に基づいてナンバープレートは正しく装着することが我々には義務付けられているのです。

手でちょっとだけ曲げてみた!という場合でも50万円以下という非常に大きな罰金に処されてしまいます。ほんの少しの茶目っ気のせいで大きな罰金を支払う羽目になるのは誰だって避けたいもの。繰り返しになりますがナンバープレートは絶対に折り曲げてはいけません。

ネットで見かける豆知識は誤った情報かもしれません

ナンバープレートの折り曲げ行為についてインターネットで検索してみましょう。たまに「後ろの車から見える範囲であれば大丈夫」などといったことをおっしゃる方がいらっしゃいます。これは決して正しい情報ではないので、鵜呑みしないよう注意してください。

平成28年4月1日よりナンバープレートの表示義務が明確化されました。それ以前まではぼんやりとしていた基準が細かく決められたのです。その基準の要項の中に「折り返されていないこと」という文言がはっきりと記載されており、国土交通省のHPでも確認することが可能です。ちょっとくらいなら大丈夫、という甘い言葉に騙されないようにしてください。

じゃあ、ガードをつけるのは大丈夫なの?

「ナンバープレートって大切なものなんだ。じゃあ曲がらないようにカバーをつけて保護しよう!」スマートフォンやタブレットなど、自分の持ち物に保護フィルムなどを張り付ける文化が広まった昨今、そういった発想にたどり着く方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、これも実はNG行為です。ナンバープレートにカバーなどをする行為も明確に禁止されています。例え無色透明でナンバープレートが見えにくくならないようなものであっても違反になってしまうのでガードなどもつけないようにしてください。


走行中に布で覆う、シールを貼るといった行為も許されていませんので行わないようにしてください。

国土交通省のHPはコチラから

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は自動車のナンバープレートの折り曲げや装飾について説明しました。折角高いお金で購入したご自身の愛車…かっこよくしたい!可愛くしたい!というのは当然の欲求かと思います。

しかしだからといってナンバープレートに手を加えるのは厳禁であることをご理解いただけたかと思います。後部座席に可愛らしいキャラクターもののクッションを置いてみるなど、定められたルールの範囲内で自分らしさを出すようにしてください。

自動車そのものを美しく保っていれば、ナンバープレートにデコレーションなどなくとも非常に見栄えがよくなります。CarZoot社の『育艶-IKUTSUYA』は施工のたびに艶を重ね、どんどん車体を美しくしてくれるコーティング剤です。
その効果は展示車両やモーターショーでも採用されるほど。あなたの愛車にもぜひお試しください。ツヤツヤと輝く車体には、真っすぐのナンバープレートこそが相応しいと実感させてくれるはずです。

avatar
ナンバープレートを曲げないようにしよう!

何が違法になるか知っておいてね!

外国からの訪問者が日本で車の運転をする為に必要な手続き、免許をご紹介!前のページ

近畿地方でおすすめ!カーポート業者&お店をまとめて紹介! 次のページ

関連記事

  1. 記事

    島根県でハイキング!車で行けるお手軽日帰りトレッキングも紹介!

    自然豊かな島根県には、さまざまなハイキングコースがあります。また、山…

  2. 記事

    高速道路のトンネルの非常口の行方!こうなっている非常口の先!

    あなたは普段のドライブで高速道路を走られることがあるでしょうか?そん…

  3. 記事

    伝統がある光岡自動車ファン必見! 2020年度版おすすめの車種を徹底解説!

    今回は国産だけど、外国車のように見える、そんなロマンに溢れた光岡自動…

  4. 記事

    鹿児島県の子供も楽しめるゴーカート施設を紹介 

    鹿児島県で車でドライブしたときに気軽に立ち寄ることができる、子供でも…

  5. 記事

    スーパーポップフィオーレが登場?フィアット500の新車紹介!

    イタリアの自動車メーカーであるフィアットの日本法人が、フィアット50…

  6. 記事

    香川県のラーメン屋を車で回ろう! フォトジェニックなお店を紹介

    今やラーメンは日本全国年中人気のスーパーフードになりました。次々と個…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    青森県でGOTOトラベルキャンペーンを使ってここに行こう!おすすめ徹底調査!
  2. 未分類

    【徹底解説】アルミモールを綺麗に保つためには?
  3. 記事

    交通ルールを学べる?長崎県の運転体験できる施設とは?
  4. 未分類

    おすすめのアルミモールコーティング!白サビをきれいに除去!
  5. 未分類

    これはおすすめ!ヘッドライトコーティング剤
PAGE TOP