車のテールランプってなんだ?違反点数や罰金もご紹介!

   
 

車のテールランプをご存知でしょうか?あまり普段から考えていないところかもしれませんが、故障してつかないなどの不具合があると違反とされ罰金もあるのです!

今回は車のテールランプについて徹底解説します!切れたまま走行したら一体どうなるのでしょうか?

テールランプとは?

テールランプは「尾灯」とも呼ばれており、車の後方のランプのことを指しています。車が走っていることを後続車であるとか歩行者に対して知らせるためのものであり、安全性を高めるために付けられているのです。

テールランプは車の後方に2箇所装備することが決められています。ただ日常的にずっと点灯していなければならないわけではありません。夜間のみ点灯することが義務付けられているのです。

テールランプのオンとオフですが、直接的に操作できないのが一般的です。ヘッドライトのオンとオフに連動しており、オンにするとテールランプもつき、オフにするとテールランプも消えるのです。

avatar
こちらの記事もおすすめです!

洗車方法を解説!おすすめグッズなど

道路交通法第52条に記載あり

テールランプについては、道交法にもハッキリと掲載されています。

第五十二条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

引用:e-Gov 

つまり夜間については、尾灯(テールランプ)を付けなければならない旨が記されています。ちなみにテールランプには保安基準があり、色は赤でなければなりません。また夜間にその後方300メートルの地点から確認できる必要もあります。またテールランプが汚損していないことも求められるので注意してください。

テールランプ以外の後方ランプとは?

後方ランプはテールランプだけではありません。ブレーキランプもあり、ブレーキを掛けた時に灯火されます。バックライトもあり、バックをするときに灯火されます。リアフォグライトと呼ばれる後方ランプもありますが、主に欧州車に取り付けられているもので国産車には取り付けられていないのが一般的です。

テールランプが切れたまま走行したらどうなる?

尾灯の夜間の灯火は道交法によって義務付けられています。よって違反するともちろん罰則の対象となるのです。

こちらではテールランプをつけるべき時につけていなかった場合はどうなるのか、という部分についてお伝えします。

違反金と違反点数あり!

5,000円から9,000円の反則金が発生します。原付きと小型特殊は5,000円であり、二新車は6,000円です。普通車は7,000円であり、大型車は9,000円です。

違反点数は統一されており、1点の減点です。

テールランプとともにヘッドランプもチェックしよう

テールランプは極めて重要ですが、もっと大切なのがヘッドライトです。しかもヘッドライトは黄ばみやくすみが発生しやすいため、性能が落ちやすいのです。

そこでヘッドライトの管理におすすめしたいのが「CarZoot ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り カバー 車 ライト くすみ 汚れ」です。ヘッドライトの黄ばみやくすみを取る下地処理剤が入っており、しかもコーティング剤も入っているため処理後の透明感を長期に渡って維持してくれます。耐久力にも優れているため、コスパ的にも文句なしです。

クロスやスポンジもセットされているので、他に購入が必要なものはありません。施工マニュアルも付属しているので、初めての利用でも問題ありません。

アマゾンで販売されており、価格は税込み3,680円で送料はかかりません。ヘッドライトの色合いが怪しくなってきたらぜひ利用してみませんか?より安全に運転できるようになるはずです。

avatar
低価格でプロが行ったようなコーティングを行いたいですよね!

耐久力の高い商品で車を常に綺麗にしておきましょう!

コロナ対策!?こんなにあった!面白いドライブスルーをご紹介!前のページ

トヨタと電通が新会社を設立!その目的とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    【名所揃い】インスタ映え間違いなしの愛媛県の紅葉狩りスポット5選!

    日本の秋の行楽スポットといえば紅葉狩り。「三密」を避けたアウトドアレ…

  2. 記事

    マツダのおすすめな車種を紹介!!2020年版

    マツダのニューモデルの車が欲しいのだがどれを選んだらいいのだろう。と…

  3. 記事

    【輸入車販売業者】リーズナブルできれいな車が山梨には沢山あります!

    富士山のふもとの県、山梨県。雄大な山々と、美味しい食べ物が有名です。…

  4. 記事

    なぜ消防車?火事でもないのに消防車が出動する理由とは

    火事などの火の気が全くないのに、消防車を見かけることはありませんか。…

  5. 記事

    F1用語解説!フレキシブル・フロントウイングの規制についても徹底解説!

    「フレキシブル・フロントウイング」は、F1モータースポーツにおいて問…

  6. 未分類

    製品開発の応用にアルプスアルパインが移設する東北大学のシミュレーター

    生産開発の合理化を世界規模で進めているアルプスアルパイン株式会社。こ…

新着記事の一覧

  1. バイパスとは何?今さら聞けないバイパスについて詳しくご紹介!…
  2. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  3. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  4. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  5. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  1. 記事

    カーボンニュートラルに向けた「自動車政策検討会」の結果について5月19日発表で今…
  2. 記事

    真夏のエアコンは何度が最適?最適温度を徹底解説!
  3. 記事

    アジアンタイヤの性能はどうなのか?国産タイヤと比較して徹底解説!
  4. 記事

    山口県では未来都市「スマートシティ」の実現などサービス関連のニュースあり!
  5. 記事

    流れるウインカーのことならLED加工専門店【球屋】に100%お任せしよう!
PAGE TOP