車のシビアコンディションを徹底解説!あなたの車は該当するか要チェック!

   
 

車のシビアコンディションについて知っているでしょうか?運転する上で気をつけるべき項目でもあり、いかにしてそのような状況を避けるかの指針ともなる重要な情報でもあるのです。

今回は、シビアコンディションについて詳しくお伝えします。具体的事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

シビアコンディションとは?

シビアコンディションとは、車にとってより厳しい使用状況のことを指しており、結果としてパーツやオイルなどが早く劣化するとされています。

通常の車の利用については、基本的にシビアコンディションに該当することはありません。一方で、厳しい環境化であるとか、高頻度での利用、長距離での移動についてもシビアコンディションに該当することになるなど、その基準は複雑です。

走行距離が長いとシビアコンディションに該当する、と思われがちですが、必ずしも正解ではありません。短距離の走行であったとしても状況によってはシビアコンディションに該当する場合があり、定期的な点検や各パーツの交換などもする必要が出てきます。

では、どのような状況をシビアコンディションと呼ぶのでしょうか?具体的にお伝えしようと思います。

具体的なシビアコンディションをご紹介!

代表的なシビアコンディションについて一つずつお話します。

走行距離

走行距離の長さはシビアコンディションに該当します。基準がありますが、一般的には年間で20,000キロ以上の走行になるとシビアコンディションとされることが多いようです。

一般的な車の利用であれば、年間20,000キロ以上の走行はしないでしょう。しかし運送業や通勤に車を利用している場合などは、20,000キロを遥かに超える例も珍しくありません。

長距離移動が多い車は各パーツが劣化しやすいので注意してください。

上りや下りの多さ

上りや下りが多い道路を利用する機会が多い方の車は劣化している可能性が高いです。エンジンに負担をかけているというだけではなく、上り下りが多い道路はブレーキに負担がかかっていることが多いのです。つまりブレーキパットのヘリが早くなり、効きづらくなってくる可能性もあるため要注意です。

また上り下りが多い道路を利用すると、タイヤの減りにも大きな影響が出てきます。すり減って溝がなくなることでグリップ力が低下してスピンするようなことも考えられるため、点検時にはタイヤの交換も考えておきましょう。

短距離の運転

短距離運転が多いとバッテリーに負担をかけることが多くなり、車に負荷をかけることになります。車は走行している最中に電気をためていますが、短距離運転ではためられません。結果的に電気を利用するだけになってしまい、バッテリーあがりの原因にもなりかねないのです。

1回あたりの走行距離ですが、8キロ未満や10キロ未満であるとバッテリーに悪影響が出やすいとされています。短距離の繰り返し走行が多い方は、時々でいいので、20キロ程度の中距離運転をしましょう。

氷点下での運転

外気温が氷点下での繰り返し走行が多い方も車に付加をかけやすいので要注意です。

低速走行

短距離運転と同じようなところですが、30キロ以下の走行が多い方はバッテリーなどに負荷をかけやすいので注意してください。

アイドリング

アイドリングも短距離や低速走行と同様にバッテリーに負荷をかけます。

悪路

でこぼこ道や砂利道などの未舗装道路の走行が多い車もシビアコンディションとされます。石がはねたりして車体に当たることが原因で故障することもありますし、ホコリによって排気系に問題が生じることも考えられます。

あれた道路を利用する機会が多い方は要注意です。

シビアコンディションな車は車内のクリーニングもお忘れなく!

シビアコンディションにさらされた車は、足回りや各パーツに不可を与えるので、定期的なメンテナンスが欠かせません。一方で見逃されてしまうのが車内の汚れです。そのままにしている方もいるのではありませんか?

今回は車内クリーニングにおすすめのアイテムをご紹介します。「CarZoot 車 クリーナー インテリアクリーナー 掃除 ダッシュボードクリーナー 内装」は車内用のクリーニング剤であり、危険な成分が入っていないため様々なパーツにも安心して利用できます。しかもコーヒーの汚れやヤニ汚れにも対応できるため、強い洗浄力を有しているのです。

利用方法はスプレーを付属のタオルに吹き付けて拭くだけです。使い方も簡単なので、初心者でも問題ありません。

価格は2,480円です。アマゾンで販売されているので、この機会に手に入れてみませんか?

avatar
お使いの車状況は大丈夫ですか!

劣化しすぎたパーツなどは交換も検討してみましょう!

知ってる!?パトカーのサイレンの形がブーメラン型である理由とは?前のページ

同じじゃないの?ディーゼルとグリーンディーゼルの違いを徹底比較!次のページ

関連記事

  1. 記事

    カーポートが自然災害で倒壊した時に適応する保険はあるの?備えは?

    カーポートを設置したけれど、最近台風も多いし、もし万が一倒壊した場合…

  2. 記事

    車のボンネットにネコが侵入!?防ぐポイントや侵入する理由を解説!

    皆さんはネコがボンネットの中に入っていた。なんて経験はありませんか。…

  3. 記事

    沖縄県でタクシーに乗るならここがおすすめ!コロナ対策も万全の会社!

    沖縄県と言えば、真っ青な空と透き通るような海、白い砂浜が魅力の県です…

  4. 記事

    神奈川県で輸入車を買ちゃおう!品質にもこだわったお店ばかり!

    東京のすぐお隣の神奈川県。東京のベッドタウンとしても有名です。道路整…

  5. 記事

    岡山県の珍しいゴルフ場を紹介します

    紳士のスポーツとして一般的にも広く愛されているゴルフ。自動車でゴルフ…

  6. 記事

    大分県でドライブで愛犬と一緒にドライブ+ドッグランが楽しめる場所をご紹介!

    家族である犬と一緒に遊びに行きたと思いませんか?そんな大分県…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. デザイナーB

    車の虫取り対策!気持ち悪い虫をクリーナーで落とす方法は?
  2. 記事

    渋滞の緩和の為に行っている渋滞長調査ってどんな仕事なの?詳しく紹介します
  3. 記事

    カーエアコンの風が出ない時について
  4. 記事

    おすすめのヘッドライトクリーナーについて!
  5. 記事

    SDカードって何?詳しく解説! 
PAGE TOP