車に傷が…おすすめのコンパウンドを紹介!

   
 

日頃から大切に乗っている愛車がちょっとした油断から擦り傷を作ってしまうと、もうショックを隠し切れません。

そんな時には、何とか自分ですぐにで補修したいと思うのではないでしょうか?

そこで、ここで愛車の擦り傷を直すコンパウンドの使い方やおすすめ商品を紹介していくことにします。

コンパウンドって何?

コンパウンドは、車のボディの表面にできた擦り傷等を無くすことを目的とした研磨剤です。

車のボディ等の塗装面を削るために主に使用されており、ワックスやコーティング剤にも含まれている商品もあります。

また、コンパウンドはヤスリのように、粒子には様々な大きさがありますので、塗装面に付着してしまった水垢等の頑固な汚れをコンパウンドを粒子で落とすこともできます。

このように車で使われるコンパウンドは様々な種類がありますが、コンパウンドを使うことで表面を研磨して傷を薄くしていき目立たなくさせていくのです。

車の塗装の仕組みを理解しよう

コンパウンドで傷を目立たなくさせるためには、車のボディ塗装についても理解しておいた方がいいでしょう。

車の塗装は通常4層で構成されており、錆を防いだり、気温の変化等の耐候性を高めていますが、それぞれの塗装工程で役割の異なる塗装が施されています。

下地処理層

防錆効果のある塗料を塗装した後に下地と塗装の密着性を高めるために塗装された層です。

しかし、この層では実際のボディーカラーと異なり、グレー系の仕上がりになっています。

中塗り層

次工程の上塗り補強を目的とした塗装された層で、基本的に実際のボデーカラーと同じ塗料が使用されていますが、ボディーカラーと違う塗装が塗られることもあります、

上塗り層

上塗り塗装工程でできた層で、実際のボディーカラーとなっています。

但し、単色ボディーカラーだと、上塗り層の段階でカラー形成が終わっていましたが、最近は耐久性から単色でもクリア層まで処理が行われることがあります。

クリア塗装

そして、最後に塗装を保護する役目とツヤを出すためのクリア塗装が行われます。

このような層構造をしている中で擦り傷をコンパウンドで消すことは、外側にある保護膜のクリア層内の深さにある範囲内の傷であれば研磨してフラットにすることによって、消えたように見せることができます。

しかし、傷の深さがカラー層まで浸透していたり、下地層やボディまで傷が深くなるとコンパウンドで消すことができなくなります。

そのために傷の度合いにコンパウンドの効果が異なってくるのです。

コンパウンドは種類で使い分けることが必要

コンパウンドは、研磨剤の様々な種類があるので、傷の状態に合わせて、選択することが必要です。

ペーストタイプと液体タイプで選択

・ペーストタイプ

ペーストタイプのコンパウンドは、やや研磨剤の粒子が大きく、粘度が高いために流れ落ちることがありません。

車体の横の部分や下部を研磨する場合に向いています。

しかし、広げることが難しいことから、塗布面が広いと、磨きにムラが出てしまいます。

・液体タイプ

液体タイプのコンパウンドはある程度の粘度を持っており、伸びが良くてボンネットやルーフなど水平で広い部分を均一にく研磨するのに向いています。

広い作業面で塗布しやすく磨きムラが少ないことがメリットです。

但し、液状のために乾燥しやすくスピーディーに作業する必要があります。

粒の細かさで選択

研磨剤にも粒子の大きさで選択することもあります

・中目

研磨力が強いので作業効率が高いのですが、磨きの傷が残ってしまうことがあります。

しかし、広く傷ついていたり、塗装面までの傷に適しています。

・細目

塗装肌の調整する段階で使されるコンパンドです。

・極細目~超微粒子

中目や細目で付いた傷を消すことができるので、柔らかいスポンジバフに使います。

水性・油性で選択

コンパウンドには、水性と油性の2種類もあります。

・水性コンパウンド

水性コンパウンドは、研磨力が高いことが特徴です。

水が主成分なのでバフや車に付いた汚れも簡単に落とすことができます。

ただし、しっかり研磨しないと磨き残しが目立ちやすくなったり、研磨カスが出やすいというデメリットがあります。

・油性コンパウンド

油性コンパウンドは溶剤が含まれているので、研磨がしっかりとできていない部分でも傷が薄く目立たなくさせることができます。

しかし、本当に傷がしっかり研磨されているか脱脂作業を行って確認する手間がかかるのが欠点です。

おすすめコンパウンド

では、ここから初心者の人でも簡単に使えるコンパウンドを紹介していきしょう。

Holtsオールインワンセット MH633

Holtsオールインワンセット MH633は、傷消しだけでなく、錆取り、鏡面仕上げの3種セットとなったペーストタイプのコンパウンドです。

コンパウンド作業に必要なアイテムがワンセットで揃っているだけでなく、各コンパウンドに高密度ウレタンの専用スポンジスポンジは付いており、作業効率も高まります。

SOFT99液体コンパウンドトライアルセット

SOFT99液体コンパウンドトライアルセットは、お試し感覚で使えるトライアルセットです。

今までコンパウンドで研磨したことのない初心者の人でも、分かりやすい3段階方式で、順番に使うだけでスムーズにきれいに傷消しができる逸品です。

ボトルに傷消し用・仕上げ用・超鏡面用の表示が施されており、ラベルカラーで色分けされていますので、間違えることがありません。

3Mコンパウンド3種Aセット D80

3Mコンパウンド3種Aセット D80は、

・ハード1-L

・ハード2-L

・ウルトラフィーナHGN

で3セットで構成された商品です。

ちょっとした部分的な研磨やファーストトライ感覚で使えるおすすめの手のミニセットコンパンドです。

3Mの代表的なコンパウンドのハード1-Lと2-Lに、最高のクオリティの仕上げにしてくれるウルトラフィーナHGNの3種類をセットにしています。

リキッドタイプにコンパウンドらしく伸びが良くて小さな傷や水垢対策として、コンパウンドの初心者におすすめです。

コンパウンドに慣れよう

自分の愛車に傷を付けてしまうことは、やはり辛いもの。

だからこそ、コンパウンドを使い慣れて、大切な車をきれいにしておきたいものです。

初心者の方はここで紹介したおすすめのコンパウンドで、トライしてみてください。

車のバッテリーの外し方や付け方を解説!端子からの交換方法も!前のページ

日常生活に必須!茨城県でおすすめな自動車学校3選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    子供を連れてちょっと遠出!岩手県でドライブがてらに行けるおすすめの公園2つ!

    岩手県でおすすめの公園を探している方も多いのではありませんか?近場に…

  2. 記事

    被災した阿蘇大橋が復活!新阿蘇大橋は2021年3月7日に開通!どんな橋なのか徹底調査!

    熊本地震の爪痕はまだ色濃く残っています。しかし熊本城もある程度復興し…

  3. 記事

    ホンダが北米で大量リコール。なぜ?

    リコールというのはさまざまな業種でたまに聞く言葉です。製品の回収・無…

  4. 記事

    土地開発が進み住みやすさアップ。愛知県名古屋市熱田区宮とは

    皆さんは愛知県に行った事があるのでしょうか?美味しいグルメか…

  5. 記事

    【2021年版】電子タバコの充電に対応!ドリンクホルダータイプの携帯灰皿3選

    急速に普及しつつある加熱式電子タバコ。従来のシガーやシガレットから乗…

  6. 記事

    ベンティガに改良新型?ベントレー初のPHVのスペックは?

    ベントレーに初のPHVが登場したのは、ご存じでしょうか。ベンティガに…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    東海理化社長が語る新たな挑戦
  2. 未分類

    おすすめの車の除菌剤をプロの整備士がご紹介!
  3. 記事

    識名園特別名勝はドライブ向き?ドライブの利点も併せて紹介
  4. 記事

    近未来なデザインのセンターメーターが今減少の危機に!?
  5. 記事

    大阪でハイキングをしよう!クルマで行けちゃうおススメスポットをご紹介!
PAGE TOP