車に乗る前の安全点検を、わかりやすくおさらい!

   
 

たまにしか乗らないから車の点検をしなくてもいいだろう、と考えている人や、毎日だから面倒、という方が多くいます。

しかし、2年に一度の車検や、1年おきの定期点検だけでは、車の安全は保証されず、車は日を追うごとに劣化していきます。

そこで今回は、遠出をする際にはもちろん近場でも車に乗る前に行う日常点検についてご紹介します。

日常点検とは?

日常点検とは、車を保有し、実際に乗る人が車を発進させる前にしなくてはならない、法定点検です。

日常点検には何がある?

日常点検には、15個の項目があります。

1.ウォッシャー液量の確認

2.ブレーキ液量

3.バッテリー液量

4.冷却水の量

5.エンジンオイルの量

6.空気圧の確認

7.タイヤの外部から見て損傷がないかの確認

8.タイヤ溝の深さ

9.ランプの点灯確認•損傷•点滅の点検

10.ブレーキペダルがスムーズに動作するかの確認

11.パーキング・ブレーキ・レバーの引きしろしのスムーズさの確認

12.ウォッシャーの噴射が正常に動作するかの確認

13.ワイパーの動きの確認

14.エンジンのかかり具合などの確認

15.エンジンの低速、加速の状態確認

の上記の15項目です。

日常点検の15項目は何をするのか

日常点検の15項目は上記でご紹介しましたが、この項を行わないと何が起こるのか、ご紹介します。

ウォッシャー液量の確認

ウォッシャー液の量を確認しておかないと、走行中急にフロントガラスに、汚れが付着してしまった際に取ることが出来なくなってしまいます。

また、ウォッシャー液が入っていない状態でレバーを引くと故障の原因にもつながってしまうので、確認しましょう。

ブレーキ液の量の確認

ブレーキ液がない状態で走行をすると、止まりたいときにブレーキが効かなくなってしまい、追突してしまう原因になります。

バッテリー液の量の確認

バッテリーには寿命がありますが、その中でもバッテリー液の量を規定以内にして置かないと、故障の原因になります。

冷却水の量の確認

冷却水の量を確認しておかないと、エンジンがオーバーヒートしてしまう可能性もあり、交換が必要になってしまいます。

エンジンオイルの量

エンジンオイルの量が多すぎたり少なすぎたりすると、エンジン内部が故障してしまう原因になります。

タイヤの空気圧

タイヤの空気圧が低い場合は、燃費が悪くなったり走行がふらついたりと影響が出ます。

その為確認は、スペアのタイヤも一緒にしましょう。

タイヤの溝の深さ

スリップやパンクなどを引き起こしやすくなるので必ず点検し、浅い場合は交換しましょう。

ランプの点灯確認、点滅確認など

夜間の走行時に、視界の確保が正確に出来なくなってしまう為、全てのライトが点灯するかしっかり確認しましょう。

ブレーキペダルがスムーズ作動するか

ブレーキペダルの効きが悪いと、追突などを起こす危険性が増します。

パーキング・ブレーキ・レバーの引きろしのスムーズさの確認

パーキング、ブレーキの効きが悪くなるとスムーズに操作することができなくなる。

ウォッシャーが正常に作動するか確認

ウォッシャーが正常に噴射されないと、汚れが落ちなかったり、他の車や人へかかってしまうことがある為、必ず点検しましょう。

ワイパーの動き確認

ワイパーが故障すると、フロントガラスの汚れを落とすことができなくなる可能性が高いので、確認しましょう。

エンジンのかかり具合確認

エンジンが、急にかからなくなってしまったり、エンジン内部の故障に気付くためにも確認しておきましょう。

日常点検の15項目を行わないと、以上のような危険が圧倒的に増えてしまうので、点検を行いましょう。

また、撥水加工などにより綺麗に車を維持したい方におすすめのアイテムをご紹介します。

硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01

そこで私がお勧めするのは、CarZoot『G’zero』です。

オススメするこちらの商品のポイントは下記のようになっています。

①自分でも簡単にガラスコーティングができる商品。

②下地処理シャンプーやスポンジ、マイクロファイバータオルもセットになっています。

③洗車コーティング店で実際に使用されている製品です。

④数ある中でもガラスコーティング剤でも、国内最高水準のガラス成分含有率を誇ります。

この商品は3980円と他の製品に比べ手頃ながら

自宅では難しかったですが簡単にガラスコーティングがすぐ施工が可能な下地処理がセットになっています。

プロも使用し艶と撥水力を兼ね備えた最強のガラスコーティング剤をこの機会にご購入してみてはいかがでしょうか。

avatar
忘れてる項目はなかったかな?

日頃から気を付けて運転しよう!

和歌山県で釣り人をする人は必見!家族連れで車でもいける釣りスポットを紹介!前のページ

アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ運転を次のページ

関連記事

  1. 記事

    長距離を走る人におすすめ!良質タイヤを紹介!

    普段使いや帰省シーズンで車を長距離運転する方はタイヤの質を考えたこと…

  2. 記事

    岡山県でお遍路巡りが出来る?車で行けるおすすめのお寺を大公開!

    中国地方と関西地方の間の県、岡山県。この岡山では、どこに行けば、有名…

  3. 記事

    観光タクシーと普通のタクシーの違いを詳しくご紹介

    タクシーはとても便利で、公共交通機関がない場所や、旅行先で利用する際…

  4. 記事

    車のバッテリー寿命を判断するには?代表的な確認方法をご紹介!

    車のバッテリーは消耗品なので、正常に作動しなくなった場合には交換が必…

  5. 記事

    関西と中国地方で使える!私も使いたい!!かわいいご当地ナンバープレートをご紹介!

    みなさん最近、可愛くておしゃれなナンバープレートを使用している人が多…

  6. 記事

    新車購入の参考に!トヨタ新型アクアのスペックをご紹介 

    新しくマイカーを買おうと悩んでいる、クルマを買い換えたいと思っている…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    岩手県の電気自動車の充電スタンドのまとめ情報!
  2. 未分類

    アルミモールのアルカリ錆とは?
  3. 記事

    コロナの心配無用!兵庫県にある優良貸切バス会社を紹介!
  4. 記事

    【2020年版】製品ジャンルごとにおすすめカー用品をご紹介!3選!
  5. 未分類

    スーパーカーにおすすめのホイールコーティング剤2選!
PAGE TOP