車にも健康診断?アプリで提案!

   
 

車の不備というのはどこからくるかわかりません。
自動車には車検があるものの、いつどんな不具合を抱えているかはわかりませんから、整備は必要になるでしょう。
そんな自動車の整備に新提案があるようです。

日本特殊陶業がアプリで提案!

日本特殊陶業の新しい提案

自動車エンジンの点火プラグの分野で世界大手である日本特殊陶業が自動車の「健康診断」を始めます。
100万台規模の走行データを集めて、整備工場を通じて部品の交換や点検を自動車オーナーたちにアプリで提案するのです。今まで問題となっていた部品の売り切りから脱却、エンジニアの経験ばかりに頼っていた整備業界を刷新します。

自動車点検、どれくらいの頻度でしておくべきなの?

さて、大切な自動車の点検ですが、これはどれくらいの頻度で受けておくべきなのでしょうか?

わたしたちが乗っている自動車は定期的な点検が義務付けられています。
これは法定点検とも呼ばれ、法律で実施することが義務付けられていますから絶対に受けないといけないというわけです。
自家乗用車の場合は12ヵ月点検と24ヵ月点検があり、それぞれ1年ごとの頻度と2年ごとの頻度で実施する必要があります。
つまり1年もしくは2年の間隔でかならず受ける必要があるのですが、これはあくまで車が所定の保安基準を満たしているか否かという点だけをチェックする検査ですから、次の車検まで車に安全に乗れることを保証するものではありません。
もちろんディーラーによる車検などであれば部品交換などもきっちり行ってくれるのである程度の確実性は担保されるといっていいでしょう。
しかしそうでない場合は定期点検以外にも状態をチェックする必要があるでしょう。

目安としては『月に1度』です。
ウィンドウォッシャー液の量、タイヤの亀裂、損傷および異常な摩耗、タイヤの溝の深さ、ワイパーの拭き取りの状態などをチェックしてもらうといいでしょう。
もちろんその月にどの程度自動車に乗ったか、どれくらい雨が降ったか、どこを走ったかなどにもよりますのでそこは臨機応変に。

自動車はどこでどんなパーツがどんな不具合を抱えるか、またそれによってどのようなデメリットを被るかといったことが素人目には判断が難しいでしょう。
もちろん私も「毎月点検してください」と言われたらめんどうだと感じる気持ちに強い共感を持つでしょう。
しかしながら日々を安全に過ごすためにも、ぐっとひとふんばりして点検するようにしましょう。
自動車を、そして命を守るためには点検および整備が十全になされた自動車に乗ることは最低限の前提条件です。

それはそれとして綺麗なクルマに乗りたい!

いかがだったでしょうか。
今回は日本特殊陶業の新しい提案と定期点検の重要性について紹介しました。

さて、自動車は綺麗に保ちたいというのは整備とは別にある当然の願望かと思います。
CarZoot社から販売されている『育艶-IKUTSUYA-』は自動車の美しさを倍増させるという意味では最高のアイテムです。
この『育艶-IKUTSUYA-』はプロが展示車両やモーターショーにも使用するハイレベルな商品です。
シンプルに美しさを引き出してくれる商品ですが、その秘密は『育艶-IKUTSUYA-』がもつ特性にあります。
その秘密とは、施工を繰り返すほどに輝きと艶が増していくというもの。
さぼりがちな自動車の洗車も、何度でも輝きが増していくこの特性によって施工のモチベーションを最大まで高めてくれるのです。
また、帯電防止成分も配合されておりますので、施工後の自動車にホコリや花粉が付着してしまうことも防いでくれます。
自動車の美しさをさまたげるものがないのはまさにストロングポイントと言えるでしょう。
価格も比較的リーズナブルで手に取りやすくなっていますので、あなたもぜひ『育艶-IKUTSUYA-』の効果を実感してみてください。

大分県で引っ越しするならどの業者が良い? ~コロナ渦の状況も加味して解説!~前のページ

住人限定カーシェア広がる。カーシェアの強みとは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    AT車についているMTモードは使えるのか?車に悪影響は無いのか?徹底調査!

    あなたの乗っているAT車には、ミッションモードは付いていませんか?恐…

  2. 記事

    若者の車離れが深刻化!理由は所得が低いから?原因と打開策とは

    「若者の車離れ」という言葉を昨今耳にします。身近に車離れを感じること…

  3. 記事

    ジェイピットショップって何だろう?

    カーアイテムを売っているお店はたくさんあるため、どのお店にするか選ぶ…

  4. 記事

    【助手席や後部座席は危険?】車に乗る時に守べきことを解説

    今回は、後部座席や助手席の危険性についてご紹介いたします。車で危険な…

  5. 記事

    道路トンネル内の火災を自動通報の技術が公募!

    皆さんは、国土交通省がテーマ設定型(技術公募)というものを行っている…

  6. 記事

    岐阜県で平成に起きた東海北陸自動車道の正面衝突事故

    車を運転する人は、常日頃から安全運転を心掛けているでしょう。…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    アメリカンクラシックなデザインが人気!「トミーヒルフィガー(Tommy Hilf…
  2. 未分類

    ホイールを綺麗にする方法!
  3. 記事

    大阪府にある2021年版車中泊スポットを紹介!!冬や寒い日のアイテムも紹介!!
  4. 記事

    車好きにおすすめ「カートップ」ってどんな雑誌?歴史やネット版はあるのか紹介
  5. 記事

    [2021最新版]今でも楽しめる沖縄県車中泊、最強スポット!
PAGE TOP