超高級なマイバッハを2021年に買うにはどんな車種があるのか?詳しく解説!

   
 

2021年にはどんな新しい自動車が販売されるのでしょうか?多くの自動車メーカーが新しい車種を販売しようとしています。そんな中ドイツの高級自動車メーカー、マイバッハはどんな車がおすすめなのか?詳しく解説していきます。

マイバッハとはどんな歴史のあるメーカーなのか?

マイバッハとは、1909年にドイツで創業した自動車メーカーです。ダイムラー社と共にエンジン研究を行っていたヴィルヘルム・マイバッハが 1909年に息子であるカール・マイバッハと共に設立した会社が、マイバッハです。当時から高級自動車用のエンジンを扱っていましたが、飛行船ツェッペリン号のためにV型12気筒エンジンを製作。このエンジンを作った事で、マイバッハは世界的に有名なエンジニアになっていったのです。

第一次世界大戦中は鉄道用のエンジンを作り続け、第二次世界大戦中はドイツ軍戦車のガソリンエンジンを作り続けていたメーカーです。その後、2002年からマイバッハブランドは復活し、現在まで高級自動車を作り続けています。

マイバッハがかつて製造した名車とは?

マイバッハが手掛けた名車は、「マイバッハ・ツェッペリン DS8」「マイバッハ・SW 42」などの車種です。これらの車種は1930年代から作られ続け、当時の最高級車であったメルセデス・ベンツ770プルマンに次ぐ価格設定をされ、最高級車として富裕層から高評価を得ていたのです。

マイバッハのおすすめ車種はこちら!

では2021年にマイバッハを買うのであれば、どうすればいいのか?マイバッハを買われるのであれば、Sクラスというグレードしかありません。ただし、Sクラスの中でも内外装の設定が選べるため、自分好みの仕様のマイバッハを選ぶようにしましょう。

エンジンはDOHC4L V型8気筒ツインターボチャージャー付で、345kW(469PS)の馬力を持つハイパワーな車種です。室内装備も充実しているため、まさに最上級感を感じられる乗り心地でしょう。

マイバッハの今後はどうなる?

今後、マイバッハは段々と世界中に広がっていくことが予測されています。中でも経済成長が著しい中国などには、どんどん販売台数が伸びていくのではないでしょうか?また、電気自動車の観点からもマイバッハクラスの車を買われる方には、アプローチがしやすいため、世界中の富裕層に段々と浸透していくと見られています。

CarZoot社のインテリアクリーナーを使って快適なドライブを楽しもう!

というわけで、今回はマイバッハを2021年に買うにはどんな車があるのか?について、詳しく解説してきました。グレードは1つのラインナップしかありませんが、内外装はしっかりと選べるので、自分の好みの仕様車を購入しましょう。

もしあなたがマイバッハの様な高級車に乗られるのであれば、私はCarZoot社のインテリアクリーナーを使われることをおすすめします。こちらの商品は、アマゾンの新商品ランキングで1位になった事もある大人気商品になります。簡単に商品の特徴を見ていきましょう。

・プロが実際に工場で使っているクリーナーと同じ成分なので、プロ並みのクリーニング効果を手に入れることが出来る

・プラスチック製品はもちろん、布製品からレザー製品まで、車内のインテリアであれば殆ど全ての製品に使うことが出来て便利

・専用のマイクロファイバータオルが付属しているので、製品が届いたその日からクリーニングを開始できる

・安心の国内製造商品

・こんなに高品質なクリーナーが、わずか2,480円で手に入ってしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。私も愛車の車内はこのクリーナーで掃除をしていますが、どんな素材にも使いやすいため、非常に気に入っています。あなたもこのクリーナーを使って、高級車を大切に乗りこなしてみましょう。

日本人に大人気のミニは2021年どの車種を買えばいいのか?徹底解説!前のページ

ポルシェのスーパーカーに乗るなら2021年はどれがおすすめ?徹底解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    AGILITYのおすすめキーケース4選紹介!ミニ財布や車キーのアクセントに

    AGILITY Affa(アジリティ アファ)は、熟練職人の技術で作…

  2. 記事

    大分県で便利な宅配サービス!野菜宅配サービスが大人気!?

    今や全国どこにでもある食材宅配サービス。食材だけではなく最近ではいろ…

  3. 記事

    俳優の伊藤健太郎容疑者がひき逃げの疑いで逮捕

    俳優の伊藤健太郎さんを知っていますか?テレビドラマから映画化…

  4. 記事

    2020年下半期!おすすめ車イベント3つ!

    新型コロナによって様々なイベントが中止されていますが、車系のイベント…

  5. 記事

    進化し続けるトラック「スクラムトラック」を紹介

    数多くの名車を生み出してきた大手自動車メーカーのマツダは、1989年…

  6. 記事

    JAFの年末年始は大忙し!出動件数がもっとも多いのは

    2020年はコロナウイルスの影響で人の動き自体は少なかったですが、本…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    平和の象徴長崎県に車で行こう!デートにおすすめのドライブコースを2選紹介! 
  2. 記事

    ルネサスとマイクロソフトが協業へ コネクテッドカー生産の効率化が目的?
  3. 記事

    ホンダからとうとう発売!ヴェゼル派生車についての新情報を紹介!
  4. 記事

    石川県でおすすめ!青い海を見ながらカフェデート
  5. 記事

    車内のおしゃれ度を上げてみよう!おすすめのカー用品の選び方
PAGE TOP