赤ちゃんが乗っていますのステッカーとは?誕生の理由も紹介!

   
 

車のリアガラスでよく見かける「赤ちゃんが乗っています」のステッカーですが、どうしてそのようなステッカーが誕生したのか、皆さんご存知ですか?

この記事ではその理由とステッカーについて説明していきます。

赤ちゃんが乗っていますのステッカーとは?

このステッカーは、現在複数のカー用品メーカーでも発売されています。

1984年9月、アメリカのベビー用品メーカーである「セイフティーファースト社」が、世界で初めて「BABY ON BOARD!(赤ちゃんが乗っています!)」というマークを発売したことが、このステッカーの始まりです。

よく見かけるマークですが、このマークには掲出義務があるわけではありません。

ステッカーを貼る理由

掲出義務があるわけではないのに、ステッカーを貼る理由には次のようなことが挙げられます。

まず1つ目は、赤ちゃんが乗っていることを周囲に知らせることで、周囲の車に安全運転を促したいということです。

次に2つ目が、赤ちゃんを乗せて運転している時、いつも以上に気を使ってゆっくりめの運転になったり、赤ちゃんが吐いたりぐずったりして車を道路脇に停めないといけなくなったときに、周囲に理由を知らせたい、ということです。

種類

ステッカーには、シールタイプ、吸盤タイプ、マグネットタイプの3種類があります。

安全運転を周囲に促すだけではなく、ファッションとして利用したいという人のためにもオシャレなステッカーも発売されています。

貼る場所

国土交通省の道路運送車両の保安基準でフロントウィンドウ、運転席、助手席のサイドウィンドウ、ナンバープレート、ライト類にはステッカーを貼ってはいけないことが定められています。

ですので、ステッカーは後ろの車に知らせることができる、リアウィンドウもしくはトランクに貼ることがおすすめです。

誕生した理由とは?

都市伝説

「ある夫婦と赤ちゃんが乗ったクルマがひどく壊れるほどの事故に遭い、夫婦はレスキュー隊に救助されて一命を取り留めましたが、小さな赤ちゃんの存在はレスキュー隊に気付かれず、亡くなってしまいました。だから赤ちゃんの両親は自分たちのような悲劇が繰り返されることのないよう、このマークを作りました。」といったステッカー誕生の噂が存在しています。

誕生の真相

ステッカーの考案者であるセイフティーファースト社のマイケル・ラーナーさんは、交通事故で赤ちゃんが命を落とすケースが多かったことから、「周りのドライバーに注意を促し、子供の安全について意識を高めよう」という目的で作ったと語っています。

「赤ちゃんが乗っています」のステッカーに対する世間の意見

ステッカーの掲出を賛成する人の意見と、掲出は必要ないと考える人の意見を紹介します。

ステッカーの掲出賛成する人の意見

「ドライバーとして普段から安全運転を心掛けるのは当然のことですが、もし、前の車に大人よりも弱い存在である赤ちゃんが乗っていると分かれば、道が混雑しているときでも無理に車間距離を詰めたりせずに程よい距離を心掛けたいと思う」

「事故があったときなどに、救助に役立つから良いと思う」

ステッカーの掲出の必要性はないと考える人の意見

「赤ちゃんが前の車に乗っている乗っていない関係なく、常に細心の注意を払って運転している人にとっては「そんなこと言われなくても……」と感じてしまう」

「どういうつもりで貼ってるのかわからない」

まとめ

「赤ちゃんが乗っています」のステッカーは、「周りのドライバーに注意を促し、子供の安全について意識を高めよう」という目的で作られた、ということがわかりました。

このステッカーには、様々な意見が寄せられますが、様々な種類のステッカーがあるので、興味を持った方はぜひ試してみてください。

スバルの水平対向エンジンって何?前のページ

オリックス生命のスマホで高齢者を見守るシステムについて解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    エルメスの小物でちょっとしたおしゃれを楽しもう 

    エルメスと聞くとスカーフやバッグを思い浮かべませんか。エルメスにはお…

  2. 記事

    荷物がたくさん積める軽商用車三菱 タウンボックスのカタログスペックと中古販売情報

    会社の車は、荷物を運んだり会社に大量のパーツを持ち帰ったりしないとい…

  3. 記事

    10代20代女子とのデートの時にはこの車!絶対におすすめな車種をご紹介!

    今を時めくティーンエイジャー、10代と20代の若い女の子が、彼氏に乗…

  4. 記事

    「新しい尺度。」カローラ アクシオの歴史とスペックを徹底的に調べてみた!

    トヨタを代表する車種といえばカローラがあるでしょう。1966年から製…

  5. 記事

    ホンダNワゴンは機能性が充実!ホンダ Nワゴンの特徴をチェックしよう!

    ホンダ Nワゴンは機能性が充実しており、使いやすい車種です。ホンダ …

  6. 記事

    ポンピングブレーキの必要性とやり方と悪い例を紹介

    ポンピングブレーキについて、間違った解釈をしている方が多いです。ポン…

新着記事の一覧

  1. オンラインで開催された東京オートサロン2021で日産が出展し…
  2. 【2021年最新情報】メルセデスベンツMBUX に新機能が搭…
  3. 工場では色々な車が活躍中!お馴染みの車の種類をご紹介!
  4. 危険地帯ではどんな活動が出来るのか?自衛隊の車両をご紹介!
  5. 自衛隊の装甲車ってどんな種類があるのか?こんな車が安全を守っ…
  1. 記事

    岡山県の紅葉狩りスポットまで車で行きたい!そんな風に思ったなら、どんな所がおすす…
  2. 記事

    コロナに負けない!北海道観光を盛り上げる「Drive Hokkaido!」が開発…
  3. 記事

    長崎県住みが行きやすい!交通事故で通院できる整体院や医者をご紹介
  4. 記事

    CarZootホイールコーティング剤が安いのに性能がいい理由
  5. 記事

    リボンの騎士が好きな方におすすめ!リボンの騎士のカーグッズ!
PAGE TOP