豊田自動織機が新工法開発!自動車用樹脂ウインドウの低コスト・大型化を実現!

   
 

豊田自動織機が5月24日に自動車向け樹脂ウインドウの低コスト化と大型化を実現させたことを発表しました。具体的には、どのような内容になっているのでしょうか?

そこで今回は、この内容について見ていくことにしましょう。

新たに開発された自動車向けポリカーボネート樹脂ウインドウ

豊田自動織機発表した自動車向け「ポリカーボネート製樹脂ウインドウ」は、新たに開発されたハードコート剤と工法により、”低コスト化”と”大型化”を実現したウインドウです。

「ポリカーボネート製樹脂ウインドウ」は、ガラスの1/2の軽さが特徴で、非常に割れにくい特性を持っています。

それに自由な形に成形にできる特性を持っていることから、自動車の軽量化や安全性、デザイン性を大きく高める素材として注目されています。

同社は、この樹脂素材の特性を最大限に活かすことで、自動車ウィンドウに必要な耐候性能と耐擦傷性能に貢献する自社開発のハードコート剤や高品質、低コストを実健する工法を10年以上の年月をかけて、開発に取り組んできたのです。

その結果、画期的なポリカーボネート製樹脂ウインドウが生れてきたわけです。

豊田自動織機とは、どんな企業?

今回、新たなポリカーボネート製樹脂ウインドウを生み出した「豊田自動織機」は、”トヨタグループの本家”とも言える中核的な企業です。

同社は、1926年11月に創業したのですが、トヨタ自動車の筆頭株主でもあり、豊田自動織機の自動車部門や製鋼部門は分社化された企業です。

事業領域

豊田自動織機の事業領域は、非常に幅広い事業領域を持っています。

現在では、繊維機械製造に留まらず、RAV4などの一部車種の生産を始め、産業用のディーゼル・LPGなどの各種エンジンやカーエアコン用コンプレッサーからコンバータ、EV用充電スタンドと言った自動車関連製品の開発生産を手掛けています。

特に”トヨタL&F”ブランドのフォークリフトや自動倉庫、無人搬送車の開発・販売まで行っており、多岐に亘る事業を展開しているのです。

では、どのような製品なのか、その一部を紹介しておきましょう。

自動車用プレス金型

豊田自動織機では、主にトヨタ自動車向けの自動車用プレス金型や社内フォークリフト用のプレス金型を設計製作を手掛けています。

プレス金型を元に生産された製品は、高い品質と精度を誇っていますが、特にアルミ素材用プレス金型を多く製造し、ここで成形された部品が自動車やフォークリフトに使われています。

カーエアコン用コンプレッサー

カーエアコン用コンプレッサーの開発・生産でも、トップランナーを走る同社。

冷媒の気化熱を利用したカーエアコンで心臓部分となるコンプレッサーを製造しているのですが、豊田自動織機は、独自の技術力で常に新製品を開発して業界をけん引してきました。

特に車内外の温度やエンジンの状態によって、ベストな冷却能力をコントロールする可変容量型コンプレッ サーや、小型・軽量化された固定容量型コンプレッサーを、国内外の自動車メーカーに供給しているのです。

カーエレクトロニクス事業

カーエレクトロニクス事業では、電気駆動システム開発力をベースに、電動車向けDC- DCコンバーターや車内で家電製品を使えるようにした車載ACインバーターなどの開発・生産を行っています。

また、2015年に電気4輪駆動車のリアモーターに電力供給する走行インバーターを開発し、新型プリウスの四輪駆動モデルで剤用されています。

製造プロセスの抜本的な見直し

今回のポリカーボネート製樹脂ウインドウは、耐候性能と耐擦傷性能を維持しつつ高曲げ性耐性を持ったハードコート剤の開発の結果、生み出されたと言ってもいいでしょう。

ポリカーボネートシートにハードコート剤を塗布し、熱成形を行うことで実現できたのですが、これまでなかった抜本的な製造プロセスの見直しにより、新たな樹脂ウインドウが生れました。

シンプル新工法は、ポリカーボネート樹脂の射出成形後にハードコート塗布する従来工法と比べ、4割ものコスト低減と2倍程度の大型化につながったのです。

この新開発の樹脂ウインドウは、5月26日~7月30日にオンライン開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」の中で紹介する予定になっています。

CarZoot ホイールコーティング

CarZoot ホイールコーティングは、アルミホイールのガードを目的に開発された専用コーティング剤です。ホイールにこびりつく頑固な汚れを寄せ付けない強固なガラス被膜でホイールを美しく輝かせることができます。

鉄道ファン必見!としまえんの模型列車で使われていたレールを販売!前のページ

【F1を知ろう】幻想的なレースを楽しめる「トワイライトレース」とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021】高知でしかできない地域体験!車のドライブで巡る体験スポットを紹介

    高知県には、伝統工芸・地域体験ができる魅力的なスポットがたくさんある…

  2. デザイナーB

    【警察官・消防官・交通の仕事に就くには】四国でおすすめの専門学校をご紹介 !

    今回は、警察官・消防官・交通の仕事を目指すことができる専門学校をご紹…

  3. 記事

    【2021】TECHARTの新型「GTストリートR」の詳細!気になる外観やスペックは?

    ドイツを拠点にポルシェのカスタマイズを得意とするチューニングブランド…

  4. 記事

    【熊本県の板金屋】安心して修理に出せるおすすめ店舗をご紹介

    車は、傷やへこみがあるだけで見た目が悪くなってしまいます。また、大切…

  5. 記事

    ミッドシップの意味とは?代表車も交えつつ解説!

     皆さんミッドシップという言葉の意味をご存じでしょうか。 あ…

  6. 記事

    車のデッドスペースを活用しよう!天井収納ネットを紹介

    車の中の荷物が多すぎて整理できないという人は多いです。特に長距離ドラ…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    福岡市が避難所電源にPHVの利用を開始?トヨタ販売店と協定を締結へ!
  2. 記事

    2021年に宮崎県で行くべきスポットはこちら!家族でもカップルでも楽しめるスポッ…
  3. 記事

    車で行ける愛知県の少し変わったフットサルコートを紹介。仲間と盛り上がれるスポーツ…
  4. 記事

    駐車場はどこにする?水戸ホーリーホックの本拠地周辺でおすすめをご紹介!
  5. デザイナーB

    【おすすめなテニスコート】秋田県でスポーツの秋を楽しむならどこがいい?
PAGE TOP