豊田市・トヨタ自動車・ヤマト運輸、新型コロナワクチン接種で連携

   
 

豊田市とトヨタ自動車、ヤマト運輸の3者が、4月27日に新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する三者連携協定を締結したことを発表しました。

コロナ禍の猛威が巻き起こっている中で、この動きは非常に気になるところで、どのような取り組みなのか解説していきます。

三者連携協定の動き

この三者連携の協定は、安心安全で円滑なワクチン接種を実現するために、ヤマト運輸によるワクチンの安全性を重視した超低温帯輸送の仕組みと、トヨタ自動車による接種会場の効率的な運営支援や接種スタッフの派遣協力と言った、民間企業が持つ技術力や人材が連携しながら、ワクチンの効果的な運用を図るものです。

連携協定の内容

連携協定の内容しては、以下のような役割分担でワクチンの運用が進められていきます。

ヤマト運輸

:ヤマト運輸は、ワクチンの安全性を重視した効率的な輸送と保管・配送支援を担います。

ドライアイスを使わずに超低温氷と専用容器を使い、専用保冷箱にワクチンを格納、接種会場までの移送・保管を専用保冷箱内で行うことで超低温冷凍庫からの取出後もワクチンを-60℃以下で保持させることができます。

トヨタ自動車

トヨタ自動車は、同社関係施設(つどいの丘、フォレスタヒルズ、堤工場厚生センター、トヨタスポーツセンターの4か所)をワクチン接種会場として提供し、医療スタッフと(産業医延べ約100人、看護師等延べ約350人)、会場運営スタッフを集団接種会場に派遣協力を担当します。

連携協定の効果

連携の結果、 広大な市内の輸送でワクチンメーカーが推奨している保管環境(-90℃~-60℃)を維持しながら安全性確保することができ、 接種会場での安全なワクチン保管、接種会場提供と医師・医療スタッフ派遣による接種体制確保が実現することになります。

コロナワクチンの課題

新型コロナウイルスのワクチンは、米ファイザー、米モデルナ、英アストラゼネカの3種類がありますが、ファイザー製のワクチンの保管温度は、−75℃(±15℃)、モデルナ製の保管温度は−20℃(±5℃)で各々半年間保管可能と言われています。

これは「mRNA」と呼ばれるタイプのワクチンで、構造が壊れやすい遺伝子で作られており、常に超低温状態を保つ必要があります。

アストラゼネカ製の保管温度は2〜8℃ですが、冷蔵は必須ですが、冷凍の必要がありません。

これらワクチンを接種に必要な物資・物流を整備するため、国が−75℃の超低温冷凍庫、−20℃の低温冷凍庫を各10,000台ずつ確保したとされており、超低温冷凍庫は国内メーカー4社が供給するのですが、人口を基に各自治体に割り当てる方針と言われているのです。

ファイザー製は、空輸後、国内の超低温冷凍庫で保管、医療機関や接種会場に1,000回接種分をトラックなどで保冷ボックスとドライアイスを利用して輸送することになっていますが、保冷ボックスはドライアイス詰め替えで約10日程度保管可能となっています。

モデルナ製ワクチンは、武田薬品工業が国内受入拠点・全国配送用分置倉庫で保管し、全国の卸倉庫・支店までトラック輸送し、一旦超低温冷凍庫で保管してから医療機関・接種会場に車載可能な低温冷凍庫を使用し100回接種分配送します。

アストラゼネカ製ワクチンは、インフルエンザワクチン並みの冷蔵庫保管で、国内倉庫から卸倉庫・支店には保冷トラックで輸送し、医療機関・接種会場には保冷ボックスで届けるようになっています。

問診でも課題が

また、接種会場でも、色々な課題が残っています。

医師の問診で接種に関係ない体調の相談などをする人もおり、対応時間が予想外の要してしまうようなケースがあります。

問診票や接種会場内での注意点を事前に告知するなどの対策を行い、時間短縮するため工夫が必要になってきます。

また、接種後の経過観察で体調変化があった場合に備えて、会場の担当者の役割をきちんと決めておくこと必要もあります。

この他にも、接種会場の少ない地域の対応や 住民票がない人への接種対応などの問題があります。

接種体制を構築することにある程度の整備が整いつつある中で、一部の地域では極端に接種会場数が少ないケースがあります。

その地域に住む独居老人や後期高齢者の接種率を向上させていく対応の必要があります。

また、居住する市区町村の住民票の有無に関係なく、接種可能な地域で接種できることがベストなために、住民票の住所と居住地が異なる住民への接種も早期に検討する必要があるのです。

このようなことからも、豊田市・トヨタ自動車・ヤマト運輸の連携は、大きな意味のある協定と言ってもいいでしょう。

CarZoot レザークリーナー

CarZoot レザークリーナーは、微発砲成分が配合されており、革の奥に染み込んだ汚れや細かい汚れを確実に徹底除去します。

革シートにダメージを与えることなく洗浄できる点が大きな特徴です。

スマートドライブ社と静岡県松崎町が共同プロジェクトの継続を決定!これからの公共交通は移動ニーズに基づくマーケットイン型!前のページ

「定額カルモくん」「住宅ローンARUHI」業務提携を開始、人々の生活をより豊かに。次のページ

関連記事

  1. 記事

    栃木県でいちおしの植物園をご紹介!インスタ映え写真を撮りたければここに行こう!

    日光東照宮など、文化的なスポットが多い栃木県。観光客も多いため、ドラ…

  2. 記事

    福岡県の愛車で行けるインスタ映えスポットを7選紹介!

    現在、コロナウイルスの影響で、密を避けなければならない生活に、癒しを…

  3. 記事

    2021年秋からついに実現!オンラインで免許更新の講習が可能!内容の詳細を紹介!

    2021年秋にオンラインで免許更新の講習を受けられることが発表されま…

  4. 記事

    車中泊は熱中症に注意?暑さ対策を徹底してご紹介!

    近年、宿泊費を節約するために車中泊を好んでされる方が増えています。た…

  5. 記事

    レッドブルホンダの2021年マシンRB16Bについて徹底解説!ホンダのエンジンで大活躍!

    この度、F1チームであるレッドブルホンダは、2021年のシーズンに向…

  6. 記事

    平城宮跡歴史公園スマートチャレンジで行われた実証実験!タクシーを音声で呼び出せる?

    ここ近年飛躍的な進歩を遂げているのが、自動車の自動運転技術です。各地…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    岐阜県でカーシェアリングするならここ!オススメの2社をご紹介
  2. 記事

    RB16(レッドブル)はスピンが多い!マシンが改善されたか注目
  3. 記事

    【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日の催し物を紹介
  4. 記事

    【要検討】2021年冬春版!いすゞのおすすめ車種をご紹介!
  5. 記事

    宮城県の東北自動車道では車の多重事故が発生!視界が悪いときの運転に注意
PAGE TOP