話題の車「RAV4PHV」ってどんな車?スペックなど徹底解説! 

   
 

売れ行きを伸ばし続ける大人気のSUV。その人気ぶりは今では新車購入検討者の30%以上もの人がSUVを検討しているほど。

しかしSUVと言ってもコンパクトなものから従来の7人乗りの大型なものまで形も大きさも様々。
人気の上昇に伴ってSUVの車種もどんどん増えてきている中、いったいどの車を選んだらいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

トヨタ 新型 RAV4 PHVの登場

そんな中2020年6月8日にトヨタから登場した新型「RAV4PHV」。

RAV4はそれまでの無骨で泥臭い「オフロードを走る車」というSUVのイメージから一転した、自然の中の悪路はもちろん街乗りも楽しめるお洒落なクロスオーバーSUVの元祖として、発売当初から日本はもちろん海外でも安定した人気を誇ってきたシリーズ。

スペック・魅力の徹底解説

今回は新モデルの登場で魅力もパワーもアップした話題のRAV4PHVを徹底解説していきます。

トヨタ初のプラグインハイブリッドSUV

RAV4PHVは、トヨタのSUVでは初のPHVモデル。
RAV4のこれまでの2リットルガソリン仕様と2.5リットルハイブリッドという構成に、今回新たに登場したプラグインハイブリッド仕様のモデルが加わりました。

プラグインハイブリッドとは簡潔に言えばEVカーの要素も兼ね備えたハイブリッドカーのようなもの。

RAV4PHVのRAV4ハイブリッドの2.5リッターエンジン+前後2モーターに蓄電容量18.1kWhの大容量Li(リチウムイオン)バッテリーを搭載した新型プラグインハイブリッドシステムを採用しています。
もしバッテリーの充電が切れてしまってもハイブリッド走行できるので充電タイミングも気にせず低燃費で走ることが可能です。

燃費は?EV走行距離は?

RAV4PHVの燃費はハイブリッド燃料消費率は22.2km/L。また市街地モード20.5km/L、郊外モード23.0km/L、高速道路モード22.5km/LといずれもRAV4ハイブリッドと比べて低燃費。

さらにEV走行のみの航続距離は約62km、WLTCモード燃費は95km/Lとなっています。

95kmもの航続可能な電力を蓄えてられるということは、アウトドアはもちろん災害時などの緊急事態にも蓄えた電気を安心して使えることを意味します。

スペック

■全長:4,600mm~4,610mm
■全幅:1,855mm~1,865mm
■全高:1,690mm
■ホイールベース:2,690mm
■エンジン:直列4気筒 2.5L直噴エンジンD-4S+モーター(THSⅡ)
■最高出力:130kW(177ps)/6,000rpm
■最大トルク:219Nm/3,600rpm
■フロントモーター最大出力:134kW(182ps)
■フロントモーター最大トルク:270Nm
■リアモーター最大出力:40kW(54ps)
■リアモーター最大トルク:121Nm(12.3kgfm)
■システム出力:E-Four:225kW(306ps)
■トランスミッション:電気式無段変速機
■バッテリー:18.1kWhリチウムイオンバッテリー
■駆動方式:4WD(E-Four)”
■乗車定員:5名
■最小回転半径:5.5m
■車両重量:1,900kg
■WLTCモード燃費:22.2㎞/L
■EV航続距離:95km/L
■価格:4,690,000円~5,390,000円

全3種類のグレードと価格

グレードは全3種類で「G」、「G”Z”」、「BLACK TONE」。

基本的な全長、全幅、全高、ホイールベース、エンジンといった基本スペックはRAV4ハイブリッドと同等ですが、もちろん前述の通りプラグインハイブリッドシステムを搭載したことによりRAV4を超えた低燃費を実現させた他、駆動方法は4WD「E-Four」(電気式4WDシステム)を採用しています。

さらに加速性能も0-100km/h加速がわずか6.0秒とRAV4ハイブリッドの7.8秒よりも早く、なんとトヨタのラインナップでは2番目の加速を持つ車となります。

価格はそれぞれ「G」469万円、「G”Z”」499万円、「BLACK TONE」539万円。

▼リンク:トヨタ RAV4 PHV | トヨタ自動車WEBサイト – 価格とグレード
https://toyota.jp/rav4phv/grade/?padid=from_rav4phv_top_navi-menu_grade

インテリア/エクステリア

エクステリアは専用ミッドグリルとロアバンパーを採用しプレミアムなワイド感や低重心感を演出。
メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めています。

また、19インチの専用アルミホイールと大経タイヤを設定したことでSUVらしさのある力強さと安定感とスポーティでプレミアム感のあるデザインを表現しています。

インテリアはクリアブルーに統一されたLED照明が上質な空間を演出してくれ、走行中は減光しドライバーへのわずらわしさを軽減されるよう配慮が施されています。

さらに日中でも運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影され、ナビと連携したルート案内など様々な情報を目の前に表示してくれます。

ステアリング、運転席/助手席のヒーター、BLACK TONEでは後部席にもヒーターが標準装備されており、快適な走行をサポートしてくれます。

その他にも充電用USB端子(2.1A)を前席後席に設置、BLACK TONEではスマートフォンを置くだけで充電できるワイアレス充電も標準装備されています。

▼外部リンク:トヨタ RAV4 PHV | トヨタ自動車WEBサイト – ギャラリーhttps://toyota.jp/rav4phv/gallery/?padid=from_rav4phv_feature_ft-design-1_detail#des-ext

ボディカラーはG/G”Z”は単色、BLACK TONEのみツートンカラーが用意されており、内装色/天井色はグレード問わずブラックで統一されています。

グレードG/G”Z”(単色)

エモーショナルレッドII
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
グレーメタリック
ダークブルーマイカ
アティチュードブラックマイカ

BLACK TONE(ツートンカラー)

アティチュードブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン
アティチュードブラックマイカ×シルバーメタリック
アティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカ
アティチュードブラックマイカ×グレーメタリック
アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドII

avatar
本日のおすすめはこちら

温泉地でも有名な福島県でおすすめの道の駅を厳選してご紹介!~2020年度~前のページ

道の駅を満喫しよう埼玉県の駅を紹介!~2020年度~次のページ

関連記事

  1. 記事

    話題のホイールコーティング3選

    あなたは洗車をする際、ボディを重点的に洗っただけで満足していませんか…

  2. デザイナーA

    横浜スタジアム周辺で安い駐車場3選!

    皆さんは横浜DeNAベイスターズの本拠地「横浜スタジアム」で野球観戦…

  3. 記事

    合宿で車の免許を取ろう!おすすめの安い自動車学校を紹介 西日本編

    通勤・通学はもちろん、身分証明書としても重要な自動車免許。ですが免許…

  4. 未分類

    【初めてのDIY】自宅でヘッドライトコーティング施工をしてピカピカに!

    これから初めて自分でヘッドライトコーティングを行おうと考えている方い…

  5. 未分類

    欧州車のアルミモールの磨き方

    アルミモールとは上の画像のようなもので、特に欧州車に多く、車を縁取る…

  6. 記事

    欧州車はアルミモールコーティングがおすすめ?その理由と魅力について

    日本車とは異なるデザインが魅力の欧州車は、今も昔も変わらず人気の車で…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    広島県でGOTOトラベルキャンペーンを使えるオススメの宿は?
  2. 記事

    レンターカーでお引越し東京都でおすすめのショップを4選紹介!
  3. 記事

    話題の車「RAV4PHV」ってどんな車?スペックなど徹底解説! 
  4. 記事

    ドライブで行ってみたい!岩手県のおすすめカフェ
  5. 記事

    車好きにおすすめ!絶対にハマる自動車アニメ3選
PAGE TOP