規定が定められていないフォグランプの明るさ

   
 

運転中の視界が悪い時にヘッドライトの補助として使うフォグランプ。自動車の前方を広範囲に照らし、悪天候時に視界を確保する為の灯りで、雪国や霧が多く発生する場所ではフォグランプは大きな役割を持っています。かつては黄色が定番となっていまたが、近年では見た目が重視され、色々な色が使われる様になりました

ヘッドライトと勘違いされているフォグランプ

フォグランプの正しい使い方!

フォグランプの正しい使い方

フォグランプに白を採用したりオプションとして提供するメーカーがあり、色によっては車検に通らない場合があります。街灯の少ない道路でフォグランプを点灯させると走行しやすくなりますが、晴天時に点灯させるのは正しい使い方ではないと言えるでしょう。フォグランプはあくまでの視界不良の場合に付けるもの覚えておくと安全に運転しやすいでしょう

フォグランプのフォグとは霧という意味で、基本的には霧などで視界が制限される場合に点灯させるライトです。車に複数付いているフォグランプでも点灯させる時は2個と決まられており、設置する場所と高さに基準があります。光の方向が上向きになっていると周りのドライバーの視界を妨げる可能性があり、車検基準を満たしていないと判断されます

お洒落なフォグランプも時には眩しい光になる

不用意に点灯している車が増えたフォグランプの使用法。車の後ろに設置されているリアフォグランプも含め視界良好の夜の高速道路で点灯させて走行すると後続車は眩しく運転しにくくなります。白色や淡黄色以外の色は脳への刺激が強く、相手のドライバーを不快感にさせるだけでなく事故の原因ともなるので、フォグランプの役割を把握し適切な使い方をしましょう

自動車の大事なパーツとなるフォグランプは初期購入時に付いていない場合があり、後付け可能でオプションとして設定されている車種はバンパーにフォグランプを付けるスペースがあります。スペースが無い場合はバンパーに穴を開けフォグランプを埋め込む事になるので、ドレスアップしたい人は注意する点を踏まえて考えてみましょう

色の基準があるフォグランプ

黄色のフォグランプは安全・安心なのにナゼ消えてきた?

勘違いする人がいるフォグランプの色

フォグランプの色は淡黄色か白と定められている中で、淡黄色を黄色と理解していない人がいます。字体でみると薄い黄色と思いがちですが、英語のイエローを日本語にしており、彩度別にすると薄い黄色から濃い黄色まで含まれ、基準に沿った黄色となります。白と淡黄色のどちらの色を使っても良いフォグランプですが、両色を混ぜる事は禁じられているのでオプションで付ける場合は車種に合った色を選びましょう。

車検に通りやすい色の数値

フォグランプの色を黄色から白、白から黄色に変える事は問題ありませんが、高輝度放電のフォグランプの場合、色温度に注意が必要となります。色の数値は7000を超えない程度が望ましく製品によって色味が変わってくるので、LEDなど光の色がはっきりしたライトを使う時は気をつけましょう

色の数値が高いと青に近くなり基準に引っかかってしまう恐れがあります。数値規定はなくても交通の妨げにならない事が条件となっており、二色切り替えタイプのフォグランプは左右同じ色でないと車検が通りません。夜間のトンネルなどで先行者や対向車がいる場合はロービームかフォグランプを付けて走行する事になっているので、色の基準を守っていないと事故を起こす危険性があります

ライトの汚れを落とし透明感を戻すクリーナー

劣化してくすんだ様に見えるライトの汚れ。屋根のない駐車場では紫外線が直接ライトに当たり黄ばみや曇りの原因になります。小まめに洗車しても落ちにくく、徐々に視界が悪くなっていきます。綺麗に拭き上げたライトを磨くだけで効果が分かるクリーナー。コーティング剤で仕上げることで黄ばみが戻らず透明感をキープしてくれます。

白系の灯火類を装着している自動車を多く見かける様になりましたが、軽自動車、乗用車を販売しているメーカーで、フォグランプの色を白や黄色に設定出来る車種もあります。流行りやお洒落でフォグランプの色を設定すると、他のドライバーに迷惑をかける場合があります。正しい使い方を理解して安全運転出来るフォグランプの色にしてみましょう。

avatar
状況に合わせて使い分けを心がけましょう!

間違った使用方法は相手の視野を悪くするかもしれません!

キャンパーは必須!自動車に搭載するおすすめのルーフキャリアを紹介前のページ

【車のナンバー】人気のある地域についてご紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    岡山県の肝試しはここで決まり!夏は心霊スポットへドライブ⁉

    岡山県をドライブする際には、ぜひ心霊スポットにも立ち寄ってみましょう…

  2. 記事

    トラック業界は人手不足が深刻!トラック業界に外国人の需要が高い!

    トラック業界は人手不足が深刻になっています。政府も、深刻…

  3. 記事

    宮城県ではここに行けば輸入車を安く買える!品質も保証された優良店ばかり!

    杜の都仙台を有する宮城県。東北の代表的な存在として知られています。そ…

  4. 記事

    【お得情報!】奈良県で窓ガラスのコーティングにおすすめの3店紹介

    「兵庫県で車の窓ガラスのコーティングのおすすめのお店教えて!」「窓ガ…

  5. 記事

    トラック洗車対応の洗車場は?三重県内のおすすめをご紹介!

    仕事などで使われるトラックは見た目の清潔感が大切なため、定期的に洗車…

  6. 記事

    車がガス欠になったときの対処法!

    ガソリンの残量が少なくなり慌ててガソリンスタンドを探したこと…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車中泊をするなら知っておきたいRVパークって何?
  2. 記事

    香川県をドライブする人必見!2020年に行くべき道の駅をご紹介
  3. 未分類

    簡単にヘッドライトの黄ばみ・くすみを除去する方法
  4. 記事

    車を掃除するのにおすすめ!ダイソンシリーズを紹介!
  5. 未分類

    ブレーキダスト問題解決!素人でも簡単にできるホイールコーティング剤
PAGE TOP